<初回購入特典>2,000円(税込)以上ですぐに使える300ポイントプレゼント!

Welcome

こんにちは、ゲスト さま

0 ポイント

0 コイン

0 

還元率 0 %

メッセージボックス

  • マイページはログイン後にご使用いただけます。

ページ内を移動するためのリンクです。

美容サプリ・健康食品 20854 view “ゴホン”“クシュン”に負けない!風邪対策の「7つの極意」

毎年必ず風邪をひいてしまう…そんなあなたは、体力を強化して免疫力を高めることが大切です。今年こそ「風邪に負けない」万全の対策を始めましょう!

【その1】 まず、基本の「き」は睡眠。たっぷり眠ることで、“寄せつけない”体に。

毎日忙しくて、しっかり睡眠がとれていない体に風邪は忍び寄ってきます。睡眠不足は鼻や喉の粘膜を乾燥させて、ウイルスや細菌が侵入しやすい状態にしてしまうのです。たっぷり眠ることでこれらの粘膜にも栄養が行き渡り、ウイルスなど異物の侵入をガードするという粘膜本来の力を発揮できるようになります。夜ふかしの習慣をやめて、十分な睡眠時間を確保するように心がけましょう。

【その2】 「ひく前」が、もはや常識!乾燥対策にもなる一石二鳥の必須アイテム。

風邪の予防に効果バツグンなのがマスク。これからの季節、常備しておきたいマストアイテムです。マスクはウイルスや細菌などの侵入をガードするだけではなく、保湿効果によって鼻やのどの粘膜を乾燥から守ってくれるので一石二鳥!「風邪をひいてから」ではなく、「風邪をひく前に」マスクをすることが大事なのです。最近はかわいい柄やデザインのマスクもたくさん出ているので、あれこれ選べるのもうれしいですね。

【その3】 ウイルスが苦手な環境を作る!お部屋の中は「高温多湿」をキープ。

お部屋の中では、温度や湿度に注意することでウィルス対策ができます。ウイルスは低温や乾燥に強く、「高温多湿」の環境を苦手とします。だからお部屋の温度は、20~25℃の暖かさをキープするのが効果的。さらに加湿器などを使って、湿度を50~60%に保つとよいでしょう。また1~2時間に一度ずつくらい、お部屋を換気することもお忘れなく。

【その4】 脱・冬ごもり!縮こまっていないで、体を動かそう!

あまりの寒さに、外に出ることも億劫になりがちなこの季節。でも、家の中で縮こまっているばかりでは体力が衰えてしまいます。適度な運動をするように心がけましょう。体を動かすことによって血行が促進されると、粘膜がうるおうとともに、リラックスして眠りやすくもなります。運動する習慣のない方は、簡単なウォーキングや軽い体操などから始めてみては?

【その5】 「のどの調子が…」と思ったら、すぐに飲むべきドリンクはこれ!

ゴホン、ムズムズ。「あれ、のどの調子がちょっと…」と思ったら、とにかく早めのケアが大切です。そんな時におすすめなのが、大根のおろし汁にハチミツを加えたドリンク。すっきりした甘さで飲みやすく、殺菌作用・抗炎症作用が期待できます。スプレーなどと違い、飲むことでのどの奥までしっかり届くのもポイント。大根とハチミツの組み合わせは、江戸時代から咳止めとして用いられたと伝わっています。

【その6】 「手洗い・うがい・プロポリス」。この習慣で、負けない体へ!

風邪に負けないために、日々の習慣にしたいのが「手洗い・うがい・プロポリス」です。プロポリスは「天然の抗菌物質」と言われ、ミツバチが巣を守るために作り出す補強材のような存在。巣の入り口に、バクテリアやウイルスの侵入を防ぐために塗るのです。強い殺菌力で知られるプロポリスは、古代エジプトでミイラの防腐剤として使われていたのをはじめ、現代まで様々な用途で重宝されてきました。プロポリスが持つ多様な有効成分は免疫力を高め、風邪対策にも効果的!「3つの習慣」で、負けない体を作りましょう。

【その7】 おいしく食べて予防!“元気”ビタミンで、免疫力アップ&粘膜保護。

栄養バランスのよい食事は健康維持にかかせないものですが、風邪対策にはビタミンCとAをより多く摂ることが効果的です。ビタミンCは免疫力を高める働きがあり、ビタミンAは粘膜を強化する働きがあります。ビタミンCを多く含むのはイチゴ、レモンなどの果物類や、じゃがいも、ブロッコリーなどの野菜類。ビタミンAは、人参、ほうれん草、カボチャなどの緑黄色野菜から摂ることができます。これらの食材をたっぷり使ったスープなどを食事に取り入れましょう。忙しくて時間のない方は、サプリメントを活用するのもおすすめです。