<初回購入特典>2,000円(税込)以上ですぐに使える300ポイントプレゼント!

Welcome

こんにちは、ゲスト さま

0 ポイント

0 コイン

0 

還元率 0 %

メッセージボックス

  • マイページはログイン後にご使用いただけます。

ページ内を移動するためのリンクです。

ダイエット 8184 view 痩せやすいのは、どっち?

同じような生活をしているのに、なぜあの人は太らないの?と思ったことはありませんか。実はなにげない毎日の選択が、その分かれ道かもしれません。無理なく痩せるための選択を、ぜひチェックしてみてください。

監修 / まさとみようこさん
予防医療診断士、5色の薬膳料理研究家。エイジングケアライフを提唱し、テレビや雑誌で活躍。ほか著書も。
http://www.masatomi.net

徹底検証 その1

どちらもカロリーはゼロですが、炭酸ガスによって満腹感が得られる炭酸水は食事や間食を抑えやすくダイエットに効果的。また炭酸水にレモンやライムなどを加えると疲労回復の効果も期待できます。

徹底検証 その2

体重50kgの人が散歩気分のウォーキングを30分行った場合の消費カロリーは約80kcal。それに対して干す、取り込む、たたむといった洗濯では約105kcalと家事に軍配。足指をしっかり踏みしめて家事をすれば、いっそう燃焼効果がアップへ。

徹底検証 その3

夏のスタミナ食・うな丼は約660kcal、牛丼は約630kcalと僅差で牛丼に。ただ丼物は、ご飯の比重が大きいので、工夫次第でもっと低カロリーに。緑黄色野菜をプラスして先に食べるのもオススメです。

徹底検証 その4

正解は「15時のおやつ」。私たちの体には脂肪を蓄えようと働くたんぱく質がありますが、これが最も減少するのが午後3時頃なのです。スイーツはこの時間に摂るなど、上手に活用してみてください。

徹底検証 その5

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモンが増え、一方で脂肪の燃焼効率が低下し、太りやすい体質を招くとか。6時間以上は眠るのが痩せるコツです。布団に入る1時間半前くらいに入浴すると一層眠りやすく。


食事のボリュームはそのまま、低カロリーに

朝はスムージー、おやつはクッキーでダイエット応援

ダイエットサポートサプリ