新商品

新商品 2/22新着

オルビス ホワイトクリアエッセンス
イルミラッシュマスカラ
プチシェイク

特集

  • 本来の透明感へ 最先端の美白美容液
  • Color Voyage 春夏メイクコレクション
読み物

読み物-日々をここちよく-

甘糟りり子さんに聞く、「自分らしさ」って何だろう?|自分を型にはめず、手放してみると見えてくることがあるはずです
藤原美智子さんに聞く 素敵な大人になるためのヒント#2
大人のキレイ相談室 ーマスクによる毛穴詰まりー
うるっとしても大丈夫!アイメイクをキープする7つのテクニック|美容のプロに聞いてみました!
  • スキンケア

3219 view

スキンケアの疑問にBAがお答えします!|年代別肌悩み&ケア方法、徹底ガイド#4

美肌を目指すうえで一番気になるのは、自分にベストなスキンケア選び。そこでさまざまな疑問に対して、接客のプロフェッショナルであるBAがアンサー。スキンケアの見直しにお役立てください!

この記事をお気に入りに追加

 

私たちがお答えします!

左上から時計回りに
仙台セルバ店・永田、広島パルコ店・宮本、新静岡セノバ店・今

オルビスユー アンコールとオルビス ユードットの一番の違いは何ですか?

写真:
オルビスユー アンコールは、年齢と共に表れるハリ低下のお悩みにアプローチします。
一方のオルビス ユードットは、ハリの低下に加えて乾燥、角層のキメの乱れ、ごわつきなど、年齢肌の原因に複合的にアプローチする、オルビス最高峰※1のエイジングケアラインです。

くすみが気になります。美白ケアとエイジングケア、どちらを重視すべき?

写真:
20~30代で、日焼けやそれに伴う乾燥によるくすみなら、保湿と美白対策を兼ね備えたアクアフォースホワイトがおすすめです。お手持ちのスキンケアにホワイトニングエッセンスなど美白美容液をプラスしてみてもいいと思います。
初期の年齢サイン※2によるくすみなら、オルビスユー。40代以降で、乾燥や角質肥厚などが起こり、肌が黄色や茶色っぽく見える場合は、オルビス ユードットを!

アクアフォースのさっぱり感が好きなのですが、オルビス アクアも気になります!

写真:
オルビス アクアは、より深刻で慢性的な乾燥悩みをケアするシリーズです。保湿効果はアクアフォースよりも高いのですが、浸透感がよくスッと肌になじみ、ベタつかないテクスチャーなので、とても使いごこちがいいですよ。
以前より乾燥が気になるなど、肌に変化を感じる場合は、ぜひサンプルや店頭でお試しください!

肌悩み的にオルビスユーよりオルビス ユードットのほうが適していると思うのですが、
30 代で使うのは早いのでしょうか?

写真:
オルビス ユードットは、40代後半以上の肌特性を研究して作られていますが、お悩みがマッチしているのなら30代でももちろんお使いいただけます。
オルビスユーよりもさらに保湿力が高いので、うるおいを実感していただけるはずです。

肌質別のおすすめ商品が知りたい!

写真:
20~30歳前後の乾燥肌にはオルビス アクアのRM(高保湿タイプ)、混合肌にはオルビス アクアかアクアフォースがおすすめ。脂性肌の方は、アクアフォースのL(さっぱりタイプ)を。
肌質に加えて、乾燥によるくすみやハリ低下などが気になる場合はオルビスユーを、年齢サイン※2が深刻化してきたと感じる場合は、オルビス ユードットをお試しください。

シミ対策に美容液を使っているのですが、
美白シリーズを「ライン使い」したほうが効果がある?

写真:
お手持ちのスキンケアに美容液をプラスしていただいたケアでも、もちろん構いません。
とはいえ、美白シリーズは各アイテムに有効成分を配合しているので、ライン使いするのがおすすめです。美白は継続が大切。長期戦でのぞみましょう!

大人ニキビと肌の乾燥、両方に悩んでいます。
おすすめのスキンケアラインを教えてください。

写真:
大人のニキビは10代の頃とは違い、繰り返しやすく、乾燥による角質肥厚も要因の一つ。そのためニキビと乾燥、どちらのケアも必要です。
クリアはハトムギエキス※3やコラーゲン※4が肌にうるおいを与え、薬用有効成分が繰り返すニキビを防ぎます。両方に悩んでいる方に、ぴったりです。

アイテムを変えることで、肌が変わっちゃうのが不安です。

写真:
肌の調子がいいのなら、今のアイテムを使い続けるのがおすすめです。
現在のスキンケアにもの足りなさや肌の不調を感じているのなら、見直しが必要です。
オルビスのスキンケアは、肌本来の力に着目して開発しています。使い続けることで、うるおってすこやかな肌を育みます。

アラサー女性です。スキンケア選びに悩んでいるのですが、
保湿ラインとエイジングケアライン、どちらを選ぶといいですか?

写真:
スキンケアを選ぶ際、年齢だけでなく肌悩みに対応するかがポイント。
30歳前後は乾燥やくすみ、毛穴など少しずつ肌の変化を感じる方が増えてきます。オルビスユーで早めのエイジングケア※5を始めてもいいときですね。
特に年齢サイン※2を感じていないという場合は、オルビス アクアやアクアフォースなど、肌に合うシリーズをお選びください。

あまり肌悩みがない場合も、エイジングケアをしたほうがいいのですか?

写真:
エイジングケアにこだわる必要はありませんが、オルビスユーもオルビス ユードットも大人世代の肌を研究し尽くし、肌がもともともっている機能を整えることを目指したシリーズです。
未来の肌のために、お使いいただく価値はあると思います!


オルビスのスキンケアをおさらい

エイジングケア※5ライン

最高峰※1エイジングケア
オルビス ユードット(医薬部外品)

初期エイジングケア
オルビスユー

お悩みに合わせてチョイス!

本格エイジングケア
オルビスユー アンコール

エイジングケア美白※6
オルビスユー ホワイト(医薬部外品)

ベーシックケアライン

本格うるおいケア
オルビス アクア

うるおいケア
アクアフォース

お悩みに合わせてチョイス!

美白※6ケア
アクアフォースホワイト(医薬部外品)

ニキビケア※7
クリア(医薬部外品)

 

※1 オルビス内保湿力 ※2 乾燥によるくすみ、キメの乱れ、ハリの低下 ※3 ヨクイニンエキス配合=植物性保湿成分 ※4 浸透型コラーゲン配合=肌にうるおいを与えハリを与える保湿成分 ※5 年齢に応じたお手入れ ※6 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ ※7 ニキビ・肌あれを防ぐ

イラスト/網中いづる 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら