新商品

新商品 2/22新着

オルビス ホワイトクリアエッセンス
イルミラッシュマスカラ
プチシェイク

特集

  • 本来の透明感へ 最先端の美白美容液
  • Color Voyage 春夏メイクコレクション
読み物

読み物-日々をここちよく-

甘糟りり子さんに聞く、「自分らしさ」って何だろう?|自分を型にはめず、手放してみると見えてくることがあるはずです
藤原美智子さんに聞く 素敵な大人になるためのヒント#2
大人のキレイ相談室 ーマスクによる毛穴詰まりー
うるっとしても大丈夫!アイメイクをキープする7つのテクニック|美容のプロに聞いてみました!
  • スキンケア

3004 view

年代別のケア方法|年代別肌悩み&ケア方法、徹底ガイド#3

年齢を重ねるにつれて肌悩みは変化します。年代ごとの肌状態はどうなっているのか、そしてどのようなケアが必要なのか。年代別のケア方法を専門家に伺いました。

この記事をお気に入りに追加

年代別の肌トラブルとその原因

20代

スキンケアアイテム選びのポイント

乾燥を感じていなくても保湿ケアを徹底して!
大きな肌悩みがなくても、生活習慣の乱れやストレスなどにより、肌が乾燥していることも。皮脂分泌が活発なので気づきにくいのですが、きちんと保湿しないと肌のバリア機能は低下します。保湿機能が高いアイテムで、角層をうるおいで満たしましょう。ニキビが気になる場合は、ニキビや肌あれを防ぐ有効成分が配合されているものを。

お手入れのポイント
化粧水オンリーはNG!保湿液でうるおいに蓋を
20代は皮脂分泌が活発なので、余計な油分を洗顔できちんとオフしましょう。キメ細かく泡立てて、やさしく洗うことが肝心です。その後の保湿はしっかりと。化粧水だけでは水分を保ち続けることが難しいので、保湿液で膜を作り、うるおいをキープすることを心がけましょう。

おすすめアイテム

オルビス アクア

ストレスや生活習慣の乱れで起こる乾燥の原因にアプローチ
深刻化、慢性化した乾燥肌に高い保湿力でアプローチ。うるおいを再起動※1させることにより、明るくみずみずしい肌へと導きます。

左から・吸着型ヒアルロン酸※2配合。洗うたびに柔らかな肌に。オルビス アクア ウォッシュ
肌の奥まで※3瞬時に浸み渡り、水分バランスを整える。同 ローション
溶け込むように肌に浸透し、うるおいが逃げる隙間を作らせない。同 モイスチャー

30~40代前半

スキンケアアイテム選びのポイント
早めのエイジングケアでうるおいとハリ感を底上げ
ターンオーバーの乱れや角質の滞りを引き起こさないためにも、まずは肌本来の力を高めるうるおいケアが必須です。ハリ不足や毛穴の目立ち、キメの乱れなど、初期の年齢サインにアプローチできるものが◎。肌なじみがよく浸透力に優れたテクスチャーを、アイテム選びの目安に。弾むようなもっちり感を取り戻しましょう。
お手入れのポイント
与えるケアだけではなく落とすケアにも目を向けて
肌悩みが増えると、つい「与えるケア」にばかり目を向けがちに。年齢を重ねるほど「落とすケア」がおろそかになっていきます。きちんと汚れを落とすことで、そのあとの与えるケアの効果は劇的に変わります。化粧水や保湿液などは、商品ごとの適量を守ることも大切です。

おすすめアイテム

オルビスユー

水を巡らせることで深くうるおい押し返すようなハリ感のある肌に
肌内部のすみずみまで※3水を巡らせて、みずみずしさとハリ感のある肌を育みます。乾きを寄せつけず、透明感をアップ!

左から・モロッコ溶岩クレイ※4が汚れを吸着し、肌色を曇らせる原因を一掃。オルビスユー ウォッシュ
リッチなテクスチャーが肌に触れた瞬間にスッと浸透し、みずみずしい肌に。同 ローション
濃密なうるおいで湧き上がるハリを実現。同 モイスチャー

40代後半以上

スキンケアアイテム選びのポイント

年齢肌向けのアイテムで多角的にサポートして
肌状態が劇的に変わる40代後半からは、肌がもともともっている機能を整えながら、年齢による肌悩みにアプローチする成分が入っているスキンケアアイテムを、シリーズ使いするのがおすすめです。また、くすみ※5などの肌色の悩みには、効能が認められた医薬部外品のアイテムを選ぶといいでしょう。きちんと予防すると、年齢肌のお手入れがグッと楽になります。

お手入れのポイント
重力に負けないように引き上げながらお手入れを
お手入れするときは悩みを悪化させないように、肌に摩擦を与えず、そして肌をやさしく引き上げるようにケアする習慣をつけましょう。また、紫外線はたるみやシワ、シミを進行させます。全世代にとって大切なことですが、特にこの年代は季節を問わずUVケアを抜かりなく行いましょう。

おすすめアイテム

オルビス ユードット

最高峰※6のエイジングケア※7!複合ぐすみ※5やゴワつきを解消
肌内部※3のエネルギーの巡り※8に着目。年齢を重ねた肌に、明るさ、柔らかさ、ハリ感をもたらし、いきいきした印象に導きます。

左から・粘り気のある濃密泡がステイン角層※9まで穏やかに取り除く。オルビス ユードット ウォッシュ
とろけるようなうるおいヴェールで包み込む。同 ローション
重厚感のある濃密なクリームが、こわばった肌をほぐして柔らかく、若々しい印象に。同 モイスチャー
(すべて医薬部外品)

 

※1肌を整え、 うるおいを保つこと ※2ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム=肌に留まりやすい保湿成分 ※3角層内 ※4汚れを吸着する洗浄成分 ※5乾燥や角質肥厚などが複合的に起こり、黄や茶、グレーなどの複合色に見えるくすみにより、肌の明度が暗く見えること ※6オルビス内保湿力 ※7年齢に応じたお 手入れ  ※8肌をすこやかに保つために必要な水分、油分などの巡りのこと ※9肌に蓄積した古い角層のこと

 

私たちが解説しました!

本郷麻耶さん
ポーラ化成工業株式会社製品設計開発部エビデンスセンター副主任研究員、薬学博士。皮膚科学を専門にシミ・シワ・肌あれのメカニズムについて研究。美白・エイジングケア化粧品、医薬部外品の開発に携わる。

島田久美子
トータルビューティークリエイター。豊富な接客経験と美容知識をもとに、店舗接客コンサルティングやブランド構築支援、コンテンツ監修など活動は多岐にわたる。イベントでのスキンケアやメイク指南も行う。

 

イラスト/網中いづる 撮影/中垣美沙 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら