新商品

新商品 1/1新着

オルビス アクア
プロポリスのど飴

特集

  • 2月1日スタート!おうち時間応援!お得なセール Web限定セレクトキャンペーン
  • 2021年、明るい素肌へ導くスペシャルアイテム
読み物

読み物-日々をここちよく-

【動画でレッスン】オルビスユー モイスチャーの効果的な使い方!エイジング肌に嬉しい「頬ピークアップ」メソッドとは|キレイをかなえるHOW TO動画
作家・角田光代さんに聞く『源氏物語』の魅力とは|今こそ知りたい『源氏物語』#1
正月太り解消は食生活の見直しから! 1週間ダイエット献立
手羽先のバルサミコ酢煮|私の十八番レシピ#1
  • スキンケア

2022 view

年末年始にマスターしたい極上スキンケア4つのテクニック|冬休みのスキンケアプログラム#2

お手入れは、つけ方次第でさらなる効果が期待できます。時間と心に余裕がある今こそ実践したいプラスαのテクニックです。

この記事をお気に入りに追加

ローションは「量」を増やすのではなく、丁寧な「塗り方」で肌が変わる

とろみがあるローションは、そのここちよいテクスチャーと浸透感を味わいながら、ゆったりとなじませていきましょう。肌に浸み渡り、まるでトリートメントをしているかのような贅沢なうるおいに。

ローションの使用量を増やさなくても、充実の保湿感を得られます。仕上げにハンドプレスでうるおいを押し込んで。

How To

肌を包み込むように、顔の内側から外側へ、下から上へ向かって、手のひらをとにかくゆっくり動かすのがコツ。

額は中心からこめかみへ向かって、鼻や目元、口元は、指先を使ってやさしくなじませる。

「上向きフィットストローク」で、保湿と同時にハリ感アップ

濃密クリームを塗るときは、ハリ感を高める簡単メソッドで肌を引き上げると、気持ちも引き上がります。手のひらを顔にピタッと密着させながら塗り広げていくことで、肌なじみもスピーディに。

日中も乾燥知らずの肌でメイクのもちもよくなるので、朝のケアにもおすすめです。手にクリームを取ったら体温で溶かすのがポイント。

How To

手のひらで両頬を包み込み、内から外へ3回引き上げます。頬を1秒ハンドプレスして密着感アップ。額は中央からこめかみへ円を描くように3回なじませ、目の下、鼻、口元にやさしくすべらせる。

オルビス ユードット モイスチャーの塗布メソッド動画はこちらからチェック!
サムネイル

血流&浸透感を高める「ラップホットタオル」を習慣づける

冬のルーティンにプラスしたいのが、首元のホットタオル。首を温めると顔はもちろん、全身の巡りがアップします。温まることで肌が柔らかくなり、ローションや美容液などの浸透感もアップ。

スキンケア完了後には乾燥によるくすみが晴れて、顔色が明るくなります。スマホなどで凝り固まった肩周りのリラックスにも最適です。

How To

濡らしたタオルをラップで巻き、電子レンジで1分程度温めたら、首の後ろにかけてお手入れ開始。ラップで包むことでタオルが冷めにくく、服も濡れないメリットがあります。※温めすぎにご注意ください。

寝る前の「追いクリーム」で、目元も口元も翌朝ピーン!

夜のスキンケアから寝るまでの時間があいてしまうときは、おやすみ前に少量のクリームを重ね塗り。小ジワが表れやすい目元や、白くカサついてしまう口元に、うるおいをチャージ。睡眠中の乾燥から肌を守りましょう。

特に目のまわりは、やや広めに塗るのがおすすめです。翌朝のピーンとした肌に、うれしくなるはず。

How To

小豆1粒大の半分ほどの量を取り、指先でクリームを溶かすように両手の中指と薬指をこすり合わせる。目元や口元の皮膚は薄いので、指はすべらせずに、やさしくトントンとなじませる。

モデル着用の極暖ふわふわパジャマについて詳しくはこちら

 

 

教えてくれたのは...
水井真理子さん
トータルビューティアドバイザー。豊富な美容知識と的確なスキンケア指南で、幅広い年代の雑誌やWebで活躍。著書『水井真理子の寄り添い美容』(集英社インターナショナル)も好評発売中。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/荻野玲子 ヘア&メイク/村上綾 モデル/アニー 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら