新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

モデル黒田知永子さん×ヘア&メイク徳田郁子さん に聞く「キレイの紡ぎ方」
おうちでも外出先でも24時間保湿で乾燥対策/乾燥とくすみの徹底ケア#1
「オルビスユー ミスト」でうるおいを。肌と心を労わる4つの保湿テクニック
今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
  • スキンケア

1555 view

【動画でレッスン】オルビス アクア ローションの効果的な使い方!乾燥スパイラルを断ち切る塗り方とは?|キレイをかなえるHOW TO動画

動画と写真でスキンケアの正しい使い方を解説する【キレイをかなえるHOW TO動画】。今回は、オルビスアクアシリーズのローションを取り上げます。「きちんと保湿したつもりなのに乾燥してしまう」という方は、ぜひ化粧水の塗り方を見直してみましょう。乾性肌の方向けのテクニックもお伝えしておりますので、ぜひご覧くださいね。

この記事をお気に入りに追加

乾燥スパイラルにアプローチ!浸透にこだわった高保湿化粧水

まずは商品特長について、簡単にご紹介。

オルビス アクアシリーズは、「年中、乾燥に悩まされている」「重ね付けしても乾く」といった、保湿にとことん向き合いたい方に向けたスキンケアシリーズ。うるおいの質を高め、透明感とみずみずしさがあふれる肌を目指します。

オルビス アクア ローションは、肌奥のすみずみ*1までうるおいを届ける、浸透に圧倒的にこだわった化粧水。とろみのあるリッチなテクスチャーながら、肌に触れた瞬間にすばやく浸透。肌全体*1をうるおいで満たし、毛穴までふっくらとうるおします。

*1 角層の範囲内

 

オルビス アクア ローションは、2種類のタイプを取り揃えています。

・モイスト(M=保湿タイプ/普通肌~乾性肌)
・リッチモイスト(RM=高保湿タイプ/乾性肌~超乾性肌)

リッチモイストの方がとろみが強く、よりリッチなテクスチャーですが、どちらのタイプも意外なほどにスッと浸透するのが特長です。

 

乾燥スパイラルを断ち切る!化粧水の効果的な使い方

 

① コットンと手、どちらがおすすめ?

おすすめは手。特に乾性肌さんは角層のバリア機能が低下しがちなので、コットンの繊維が刺激となることも。ローションを手に広げてから、やさしくのばしましょう。手のぬくもりで肌を包み込むことで、浸透も高まります。

 

② とろみ化粧水は、ハンドプレスがコツ

オルビス アクア ローションのようにとろみがある化粧水は、リッチな使用感のため、ササッとつけただけで満足してしまいがち。乾燥しがちな方は特に、肌の内側までローションをきちんと入れ込むことを意識しましょう。手の平全体で肌を包み込み、体温を伝えながらハンドプレスします。肌の上にすべり感がなくなるまで、じっくりと行いましょう。

 

③ "一度にたっぷり"より、"少量ずつ重ね付け"

肌が乾燥していると、とにかくたっぷりと化粧水を塗りたくなりますが、一度に必要以上に付けすぎるのはNG。ムラになりやすいばかりか、浸透しにくくなります。特に、乾燥しすぎた肌はごわついて硬くなり、化粧水が受け入れにくい状態。少量ずつをきちんと入れ込み、肌の土台を整えながら、気になる部分に重ね付けしていくのがおすすめです。

 

今回の記事では、動画と写真でオルビス アクア ローションの効果的な塗り方を詳しくご紹介いたします。

まずは動画をご覧ください。

 

キレイをかなえるHOW TO動画 <オルビス アクア ローション編>

サムネイル
それでは、動画の内容を詳しく解説していきます。

■STEP1 下準備 |顔全体にムラなくのばす準備をします

まずは必ず洗顔をし、ローションを受け入れやすい状態を作ります。

洗顔後、清潔な手の平にティースプーンの半分ほどローションをとったら、手の平全体にのばしてあたためます。

★ポイント:オルビス アクア ローションは、とろみがありつつも浸透力にこだわり抜いたテクスチャー。体温でじっくりあたためながら、顔へなじませる前のウォーミングアップをすることで、浸透感がさらに高まります。

 

■STEP2 全顔ケア | 顔全体にうるおいを補給します

顔の広い部分からうるおいで満たします。まずは両手で頬を包み込み、じっくりハンドプレス。

 

続いて、額と顎もハンドプレスしましょう。

★ポイント:ハンドプレスといっても、強い力をかける必要はありません。オルビス アクア ローションは、肌に触れた瞬間に角層にすばやく浸透するブースター処方。軽く手の平全体で包み込み、すべりがなくなるまで浸透させればOKです。

 

■STEP3 パーツケア|鼻筋・口元・目元になじませます

顔の全体にうるおいを巡らせたら、次は乾燥しやすい部位ごとにローションを浸透させましょう。最初は鼻筋から口元にかけて。中指と薬指を使って、鼻筋から小鼻、さらに口角の下までローションをなじませます。これを2回繰り返しましょう。

 

次は乾燥しやすい目元の部分。薬指を使って、目頭から目尻に向かって指をやさしく滑らせるように2回なじませます。

★ポイント:なじませるとき、こすったり強い力をかけすぎると肌を傷つける原因になるので注意しましょう。皮膚が薄く特にデリケートな目元は、一番力が入りにくい薬指を使うとやさしくケアできます。

 

最後に目の下の部分を念入りにケアします。もう一度薬指を使って、目頭から目尻に向かってやさしく5回ポンポンとなじませます。これも2セット繰り返しましょう。

 

ひととおり塗り終わったら、セルフチェックで肌の状態を確認してみましょう。ふっくらと柔らかくなっていればしっかりうるおったサインです。乾燥しやすい方や、物足りなさを感じる場合は少量ずつ重ねづけし、もう一度なじませてください。

終わったら、化粧水の効果を閉じ込めるため、必ず保湿液や乳液を塗りましょう。

 

乾燥しがちな時ほど、化粧水は丁寧に

毎日、なんとなく塗っている化粧水。でも、きちんとポイントを押さえて丁寧に塗るのと、適当にバシャバシャと塗るのとでは、5年後・10年後に大きな差が開きます。特に、肌が硬くごわつきがちな乾性肌の方は、化粧水をすみずみまで行きわたらせて肌の土台を整えることで、その後の美容液や保湿液の効果が変わってきます。ぜひご自身の手で肌の変化を感じながら、じっくり丁寧にケアしてみてくださいね。

 

オルビス アクア ローション

浸透に圧倒的こだわり。乾燥の原因にアプローチする”うるおいブースター化粧水”

長年の研究から生まれた「うるおいブースター処方*2」だから、肌奥*3までひたひたに。ここちよく染み渡って乾燥原因に働きかけるから、内*3から水分バランスの整った透明感あふれる肌に。

*2 グリセレス-26、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa=肌なじみを良くし、浸透感を高める処方 *3 角層の範囲内

 

【オルビス アクア シリーズのHow Toをチェック!】

洗顔料:オルビス アクア ウォッシュの使い方!レモン1個分の泡を簡単に作る方法

保湿液:オルビス アクア モイスチャーの効果的な使い方!“きちんと塗り”で乾燥を改善しよう

 

監修/島田久美子

取材・文/伊藤幸子

 

お買いものはこちら