新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

モデル黒田知永子さん×ヘア&メイク徳田郁子さん に聞く「キレイの紡ぎ方」
おうちでも外出先でも24時間保湿で乾燥対策/乾燥とくすみの徹底ケア#1
「オルビスユー ミスト」でうるおいを。肌と心を労わる4つの保湿テクニック
今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
  • スキンケア

870 view

【動画でレッスン】オルビス アクア モイスチャーの効果的な使い方!“きちんと塗り”で乾燥を改善しよう|キレイをかなえるHOW TO動画

動画と写真でスキンケアの正しい使い方を解説する【キレイをかなえるHOW TO動画】。今回は、オルビスアクアシリーズのモイスチャーを取り上げます。なんとなく適当に塗ってしまったり、省かれてしまったりしがちな保湿液ですが、うるおい美肌をキープするためには欠かせない存在。乾燥スパイラルを断ち切るために、ぜひ”きちんと塗り”の基本を押さえておきましょう。

この記事をお気に入りに追加

乾燥のスキを残さない”うるおいパック保湿液”

まずは商品特長について、簡単にご紹介。

オルビス アクア シリーズは、うるおいの質を高め、透明感とみずみずしさがあふれる肌を目指すスキンケアシリーズです。

オルビス アクア モイスチャーは、なめらかに肌と一体化し、うるおいが逃げるスキを与えない保湿液。とろみのあるジェルがするりと肌に溶け込み、ふっくらみずみずしい肌に導きます。「まだエイジング悩みは気にならないけれど、”年中、乾燥に悩まされている”、”重ね付けしても乾く”」といった、高い保湿力をお求めの方におすすめです。

※慢性的なハリ・ツヤの低下などエイジングによる乾燥が気になる方は、オルビスユーシリーズをおすすめいたします。

 

オルビス アクア モイスチャーは、2種類のタイプを取り揃えています。

・モイスト(M=保湿タイプ/普通肌~乾性肌)
・リッチモイスト(RM=高保湿タイプ/乾性肌~超乾性肌)

リッチモイストの方がよりまろやかで保湿感の高い設計ですが、どちらのタイプも肌にスッとおさまるため、べたつきが苦手な方でも気持ち良くお使いいただけます。

 

”きちんと塗り”で乾燥を改善!保湿液の正しい使い方

スキンケアの最後に使うモイスチャーは、化粧水などで与えたうるおいを「とじこめる」役割を担っています。ぜひ塗り方の基本を押さえておきましょう。

 

① まずは化粧水をしっかり浸透させてから

慢性的に乾燥した肌は硬くごわついている場合が多く、うるおいが内側まで浸透しにくいことがあります。肌の表面だけをいくら保湿しても乾燥は改善されません。そのため、あらかじめ化粧水を少量ずつ入れ込み、肌をふっくらやわらかい状態に整えてから保湿液を塗りましょう。

 

② 部位によって量を調節しよう

「朝のお手入れ時、べたつくのが嫌だから」「Tゾーンは乾燥しないから」など、化粧水だけで済ませてしまうことはありませんか?乾燥を感じにくい部位でも保湿液を省くのはNG!うるおいが逃げ、乾燥や老化が加速する原因となります。Tゾーンは薄めに、乾燥しやすい目元は重ね付けなど、部位によって量を調節しましょう。

 

③ 塗り方のコツは?

化粧水と同様、広い部分(頬や額)から塗っていきます。中指と薬指の広い面を密着させながら、中心部から外側へ動かすと効率的です。また、もちろん肌をこするのはNG。特にデリケートな目元部分は、一番力の入りにくい薬指を使うことで、やさしくケアしやすくなります。

 

それでは早速、動画と写真で効果的な使い方をチェックしてみましょう!

 

キレイをかなえるHOW TO動画 <オルビス アクア モイスチャー編>

サムネイル
それでは、動画の内容を詳しく解説していきます。

■STEP1 下準備 |顔全体にムラなくのばす準備をします

ローションで肌にうるおいをたっぷりと浸透させたら、次はモイスチャーでうるおいを長時間守りましょう。

オルビス アクア モイスチャーはうるおいの逃げる隙間を作らせない処方で、乾燥知らずの肌へ導きます。

はじめに、オルビス アクア モイスチャーを清潔な手の甲へ適量(ポンプ1~2プッシュ程度)とります。

 

モイスチャーは指先を使って半顔ずつ塗っていきます。利き手の中指と薬指でモイスチャーをとりましょう。(途中で適宜付け足してください)

 

■STEP2 全顔ケア | 顔全体にヴェールを作り、うるおいをキープします

まずは頬にモイスチャーをなじませます。中指と薬指の広い面を密着させながら、やさしくリフトアップするように下から上に向かって2回のばしていきます。これを半顔ずつ行いましょう。

★ポイント:こすったり強い力をかけすぎたりせずに、やさしくなでるようになじませましょう。モイスチャーは肌に溶け込むようななめらかなジェルタイプ。肌への浸透力も高いので、瞬時に肌と一体化するようなここちよさをご体感ください。

 

次は額へなじませます。円を描くように2回ずつ、左右交互に広げましょう。この動作を2セット繰り返します。

中指と薬指を使って、鼻筋から小鼻へ3回なじませます。この動きも2回繰り返しましょう。

 

■STEP3 パーツケア | 乾燥しやすい目元・口元をケアします

まずは口元から。口角から鼻の下を通り、下唇の中央までぐるっとなじませます。

反対側も同じように繰り返します。左右交互に2回ずつなじませてください。

最後に、特に乾燥しやすい目元の部分をケアしましょう。薬指を使って、目頭から目尻に向かって指をやさしく滑らせるように左右に2回ずつなじませます。

★ポイント:目の下は皮膚が薄く、特にデリケートな部分。一番力の入りにくい薬指を使うことで、やさしくケアしやすくなります。

 

目の下は、もう一度薬指を使って、目頭から目尻に向かってやさしく5回ポンポンとなじませます。これも左右2セット繰り返しましょう。

 

最後に肌の状態を確認してみましょう。ふっくらとみずみずしく、手の平が吸い付くような状態になればスキンケアの完了です。もし物足りなさを感じる場合は少量ずつ付け足してください。

オルビス アクア モイスチャーはなじませた瞬間に肌と一体化するテクスチャーが特長。後肌はべたつかないのにしっとりやわらか!洗顔料や化粧水とのライン使いで、透明感とみずみずしさがあふれる美肌を目指します。

 

保湿液は美肌のキープに不可欠な存在

なんとなく適当に塗ってしまったり、省かれたりすることも多い保湿液ですが、実は美しい肌を保つためには欠かせない存在。特に慢性的な乾燥が気になる方は、ぜひ”きちんと塗り”を心がけてみましょう。美肌の第一歩は丁寧な保湿から。毎日のケアで乾燥スパイラルを断ち切り、5年後・10年後も上質なうるおい美肌をキープしてくださいね。

 

オルビス アクア モイスチャー

ほどけるように、肌と一体化。乾燥の隙間を残さない”うるおいパック保湿液”

するすると肌に溶け込むようになじみ、一体化してうるおいをホールドするモイストスキンパック処方*1を採用。肌の水分が逃げる隙間を残さず、肌のすみずみ*2までうるおいで満たし、乾燥からしっかりガードします。

*1 ベタイン、トレハロース、ジメチコン=角層のすみずみまでうるおいで満たす成分 *2 角層内

 

 

お買いものはこちら