新商品

新商品 3/23新着

オルビス ホワイトクリアエッセンス
オルビス スキンVウェア
イルミラッシュマスカラ

特集

  • 本来の透明感へ 最先端の美白美容液
  • Color Voyage 春夏メイクコレクション
読み物

読み物-日々をここちよく-

春トラブルに打ち勝つには「スキンケアの見直し」を!|美肌レッスン A to Z
大人のキレイ相談室 ーできてしまったシミ、小ジワー
出会いの場、拡大します!化粧品専門店に続々と出店中!|世界から、日本から。今月のオルビスニュース#11
デジタル疲れをほぐす簡単ストレッチ|新常識!肌とボディのデジタルケア#2
  • スキンケア

1581 view

m-ピクセノールを徹底解説!|ここちよく澄んだ肌に#3

新美白美容液オルビス ホワイトクリアエッセンスに配合されている美白有効成分m-ピクセノール※1は、国内で唯一美白※2美容液に配合※3されている注目成分です。m-ピクセノールは、これまでの美白の常識を覆し、ターンオーバーを促進してメラニンを微細化することで、メラニンの蓄積を抑え、シミやソバカスを防ぐ、という独自のメカニズムをもっています。透明感のある肌のためにどのようにアプローチしてくれるのか、注目の成分を深掘りします。

この記事をお気に入りに追加

CHECK①

メラニンの生成ではなく、蓄積にアプローチするという新知見

これまでの※4美白化粧品は、シミの原因となる過剰なメラニン生成をいかに抑えるか、ということを主な目的としてきました。しかし、m-ピクセノールはメラニンの生成ではなく、その蓄積を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎます。メラニンに対するアプローチに選択肢が広がることで、新領域※4の美白ケアが可能になります。

CHECK②

ターンオーバー促進+微細化でメラニン蓄積を抑えてシミを防ぐ

透明感のカギを握るのがメラニン量と分布。メラニンが表皮細胞の中で塊になっていると、その部分の肌は暗く見えてしまいます。m-ピクセノールは表皮細胞のターンオーバーを促進し、メラニンの塊を微細化。それによりメラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐのです。ターンオーバー促進+微細化というダブルの働きが最大のポイントです。

CHECK③

ドットが粗く大きいとノイズとなり、肌全体がくすんで見えてしまう

今回着目したのは画質の差であるピクセル。画素数が多い左図と、少ない右図は、実はドット部分の総面積は同じ。しかし画素数が少ないとドットが大きく見えて、受ける印象は異なります。これと同じことが細胞でも起こっていて、メラニンが塊のままだと粗いドットのような状態に。分散することで全体が均一になり、クリアな肌印象になると考えました。

CHECK④

高い安全性を目指し、当時、国が定める以上の厳しい試験を実施

医薬部外品に配合する有効成分には厳しい基準がありますが、中でも近年、安全性に関する審査基準が厳格化しています。そこで今回、高い有効性を発揮しつつ安全な成分を見い出すべく、実に7,400種もの成分から候補を選び抜きました。さらに、独自に定めた厳しい安全性基準に則り、幅広い年代の方を対象とした、長期にわたる連用試験を実施。当時はまだ、国のガイドラインはここまで厳しいものではありませんでしたが、会社として安全性を重く考えている姿勢を示したことが、今回の承認につながったのです。

 

※1 デクスパンテノールW ※2 メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ ※3 デクスパンテノールWを有効成分として配合した市販製品(単品)の美白美容液として。オルビス調べ(2020年11月時点) ※4 オルビス内

教えてくれたのは

木内里美さん

ポーラ化成工業株式会社フロンティアリサーチセンター所属。肌科学研究のスペシャリストとして、エイジングケア・美白ケアの基礎研究などに従事。本プロジェクトでは、素材の効果メカニズムを解明すると共に、肌理論構築を担当。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/山田由梨 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら