新商品

新商品 4/23新着

オルビス リンクルホワイト UV プロテクター
オルビス ネイルポリッシュ
オルビス ボディ UV プロテクター
オルビス クリア ディープ クレンジング リキッド

特集

  • 夏のシワ・美白ケア ポイントを徹底解説!
  • ORBIS UV CARE ITEM 強まる紫外線に負けない肌へ
読み物

読み物-日々をここちよく-

【パーソナルカラー別・初夏メイク】夏への期待が高まるフレッシュメイク2パターン
【アイテム比較】美白スキンケアシリーズ編|チェックリストで見つかる!あなたに合うのはどのシリーズ?
藤原美智子さんに聞く 素敵な大人になるためのヒント#4
暮らしを彩る美しい日用品|モダンに進化した伝統工芸
  • ヘア

1684 view

2段階ひとつ結び|マスクでもすっきり!ヘアアレンジLESSON#2

まだまだ続くマスク生活。マスクでも素敵に見えるヘアアレンジで気分をあげていきましょう! カギは顔まわりの処理とツヤ。この2つの工夫でグッと洗練された印象になれるんです。

この記事をお気に入りに追加

2段階のひとつ結びでトップはボリューム&サイドはキュッ!

ひとつ結びをおしゃれに見せるには、ほどよくふんわりしたトップと、サイドの引き締め感が重要。

この相反するバランスも、髪を2つに分けて結べば難なくクリア。短めボブの人もチャレンジできます。顔まわりの髪は、マスクのひもに絡むなどしてだらしなく見えることもあるので、サイドの後れ毛はすっきりまとめましょう。

1. 髪を上下で分け下の段をゴムでキュッと結ぶ

ハチ上と下で髪を分け、上の段はダッカールなどで仮留めに。下の段はやや低めの位置でゴムで結ぶ。サイドや襟足の毛がたるむとだらしない印象に見えやすいため、キュッときつめに結ぶのがポイント。

2. ハチ上の髪の根元にコームで逆毛をたてる

上の段のダッカールをはずしたら、2㎝程度の厚みの毛束を垂直に引き出す。目の細かいコームで根元に向かって数回髪をとかして、根元の内側に逆毛をたてたら、ハードスプレーでキープ。これを全体に繰り返す。

3. コームで表面の毛羽立ちをやさしく押さえる

ハチ上の髪の根元すべてに逆毛をたてたら、仕上げに表面の毛羽立ちをコームで整える。逆毛のボリュームをつぶさないように、コームは立てずに寝かせた状態で使用。表面をやさしくなでるようにとかすのがコツ。

4. ハチ上の髪を手ぐしでざっくり束ねる

手を熊手のような形にし、空気をふんわりと含ませながらハチ上の髪をざっくりと後ろに集める。逆毛のボリュームをつぶさないように注意しながら、1で結んだ毛と合わせてゴムで結ぶ。

5. 表面の髪を指で引き出しトップをふんわり

仕上げに片手でゴムを押さえながら、後頭部を中心に表面の毛束をところどころ指で引き出す。後頭部に高さを出すとボリュームが加わっておしゃれ感が出るだけでなく、骨格が美しく見えるというメリットも。

アドバイス:ゴム隠しは細いリボンがいまどき!

ゴムの上から細いリボンをぐるぐる巻いてゴムを隠すだけで、おしゃれな印象に。シンプルなアレンジこそ、ディテールにこだわると差がつきます。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/山田由梨 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら