新商品

新商品 4/23新着

オルビス リンクルホワイト UV プロテクター
オルビス ネイルポリッシュ
オルビス ボディ UV プロテクター
オルビス クリア ディープ クレンジング リキッド

特集

  • 夏のシワ・美白ケア ポイントを徹底解説!
  • ORBIS UV CARE ITEM 強まる紫外線に負けない肌へ
読み物

読み物-日々をここちよく-

【アイテム比較】美白美容液編|チェックリストで見つかる!あなたに合うのはどの美容液?
二の腕チャレンジ!|1カ月ダイエットチャレンジ#4
爽やかな気分になれる映画|今月のカルチャー#4
【パーソナルカラー別・初夏メイク】夏への期待が高まるフレッシュメイク2パターン
  • スキンケア

2853 view

フェイスラインと目元の2大ブルーライトケア|新常識!肌とボディのデジタルケア#1

私たちの生活に欠かせない、スマホやパソコンなどのデジタルデバイス。便利ではあるものの、肌やからだへのダメージが気になります。
ブルーライトを浴び続けていると、肌にはさまざまな影響が。肌悩みが表れやすいフェイスラインと目元は、早めのケアが肝心です。おすすめのアイテムとケア方法をご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

新たな問題を解決するには、手段もアップデートを

パソコンで長時間作業していると、フェイスラインのたるみが目立ってくる。目のまわりの乾燥やクマが気になる……。近年、スマホやパソコンなどのデジタルデバイスの使用増加に伴って、新たな肌悩みが増えています。どうケアすればいいのか、美容家の深澤亜希さんに聞きました。

「研究が進み、デジタルケアは美容の新常識になりつつあります。デジタルダメージとして注目されているのが、ブルーライトの影響でシワやシミができてしまう可能性。睡眠の質低下による肌の再生力ダウン、作業中の姿勢の悪さによる血行不良や肌への負荷も問題です」

肌やからだへの影響が明らかになってきたデジタルデバイス。とはいえ、現代社会で使わずに生活することは困難です。

「専用のケアアイテムなどを取り入れて、お手入れしながら一緒に生きていこうと前向きに考えてみて。加齢と共にダメージも見えやすくなりますが、やった分だけ返ってくるのがスキンケア。楽しみながらケアしたいですね」
ブルーライトによる4 つの肌ダメージ

その① 紫外線より奥に届き、シワやたるみを引き起こす
ブルーライトはUV-Aに近い性質をもつといわれるエネルギーの強い光線。肌の奥深く真皮層にまで届き、肌のハリや弾力を支えるコラーゲン、エラスチンなどを作る細胞にダメージを与える可能性が。その結果、シワやたるみなどの肌老化が進行。見た目年齢もぐんと引き上げてしまいます。

 

その② メラニン色素を発生させ、シミの原因に
紫外線対策をしっかりしているのに肌のくすみが気になったら、ブルーライトの影響かもしれません。UV-Bと同じようにメラニン色素を発生させるといわれ、肌のメラノサイト(色素細胞)を刺激してメラニン色素の生成を促進し、シミやくすみ、頑固な色素沈着を引き起こすことも。

 

その③ 睡眠の質の低下で、肌の再生力がダウン
寝室でもスマホを手放せないという人も多いのでは? ブルーライトは眠りを促すホルモン・メラトニンの分泌を抑えるため、寝る前に浴びると寝つきが悪くなる、熟睡できなくなるなどの影響が。肌を再生するのに必要な成長ホルモンの産生も妨げられ、美肌作りも難しくなってしまいます。

 

その④ 血の巡りが悪くなり、くすんだ肌色に
美肌にも健康維持にも大切なのが血の巡り。ブルーライトによる睡眠の質の低下や、デジタルデバイスを使用するときの姿勢の悪さは、全身の血行不良を引き起こします。肌の細胞に栄養が行き届かなくなり、肌の色がくすんだり、乾燥や肌あれなどさまざまな肌トラブルの原因に。

 

Eyes

デリケートな目元は、専用アイテムでやさしくケア
デジタルデバイスの使用中、ブルーライトを浴び続けている目元。集中して画面を見続ける行為も、目元の筋肉を疲労させ、血流の悪化や老化につながります。

「目元は皮膚が薄く、ダメージを受けやすい部分。乾燥やクマに悩む人も増えています。ケアは早く始めたほうがいいですね。摩擦が大きいとシワや色素沈着が起こるほどデリケートなので、目元ケアのアイテムでやさしくケアすることが大切」(深澤さん)

Item

目元の青クマ・くすみ※1・乾燥をケアするスティック状美容液。血行を促して、ほんのり血色感もプラス。
オルビス アイゾーンチューナー
※ 1 乾燥による

 

Recommend
「気になる部分に直接塗れるので、使いやすい。すぐにハリが出るのを感じ、朝のスキンケアのあとに使えば長時間シワっぽくなりません。日中、乾燥やくすみが気になったときに、メイクの上から使えるのも便利」(深澤さん)

 

Face Line

手ごわいフェイスラインは、シートマスクで直接引き上げ
フェイスラインのむくみやたるみ、ほうれい線の目立ちは、ブルーライトによる細胞ダメージ以外にも、現代ならではの原因が。

「デジタルデバイスを使用するときの前傾姿勢やそれによる血行不良も一因。また人と話す機会が減ったこと、マスク生活による表情筋の衰えも無視できません。スペシャルケアとして、引き上げケアできるシートマスクを取り入れて、フェイスラインをすっきりさせましょう」(深澤さん)

Item

目立つほうれい線、フェイスラインのむくみをケアするシートマスク。V字アタッチメントで、たるみエリアを引き上げてケア。
オルビス スキンVウェア

 

Recommend
「美容成分がたっぷり染み込んでいるので、1回の使用でむきたまごのような肌に! 使用直後、むくみが取れて引き締まっているのを実感。血行がいいお風呂上がりに使うと、浸透感がさらにアップ※2しておすすめ」(深澤さん)
※ 2 角層まで

 

 

教えてくれたのは...
深澤亜希さん
美容家。豊富な美容知識と気持ちまで前向きになれる独自のビューティメソッドに定評がある。思わず見とれるほどの白肌のもち主で、イベントや商品開発など幅広く活躍中。女性誌やWebなどさまざまなメディアに出演し、著書も多数。

撮影/市原慶子 スタイリング/荻野玲子 ヘア&メイク/村上綾 モデル/平野マユ 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら