新商品

新商品 4/23新着

オルビス リンクルホワイト UV プロテクター
オルビス ネイルポリッシュ
オルビス ボディ UV プロテクター
オルビス クリア ディープ クレンジング リキッド

特集

  • 夏のシワ・美白ケア ポイントを徹底解説!
  • ORBIS UV CARE ITEM 強まる紫外線に負けない肌へ
読み物

読み物-日々をここちよく-

【アイテム比較】美白美容液編|チェックリストで見つかる!あなたに合うのはどの美容液?
二の腕チャレンジ!|1カ月ダイエットチャレンジ#4
爽やかな気分になれる映画|今月のカルチャー#4
【パーソナルカラー別・初夏メイク】夏への期待が高まるフレッシュメイク2パターン
  • ポイントメイク

939 view

ちょい足しで新鮮フェイスに|引き出すメイク

さまざまな分野で活躍する輝く女性をフィーチャー。毎日をここちよく、ポジティブに過ごすために。自分らしさや本来の美しさを引き出す、メイクテクニックをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

3 つのちょい足しで、おしゃれ感が高まる新鮮フェイスに!

出会いの春は、いつもより少しだけ色を効かせたメイクで、おしゃれ感や好感度アップを図りましょう。

最初のポイントは眉。コーラルチークをふわっとひと塗りしてみて。明るい色とふんわりとした質感により抜け感が生まれ、パッとあか抜けた印象に更新できます。目元はブラウンでアイラインを引き、キリリと知的に。ラインがパキッと出るリキッドタイプなら、目尻に短く入れるだけでもインパクト十分。リップはやや濃いめのくすみピンクを選んで、女性らしい華やぎを。

こんな風にいつものメイクに“ちょい足し”するだけなら簡単! なのに、イメチェン効果は抜群なので、ぜひトライしてみてください。

STEP1

眉色チェンジであか抜けた印象に

毛に色をのせる眉マスカラではなく、地肌に色がのるチークを使えば、眉が薄い人もカラーチェンジ可能。眉が明るくなるとやさしく、女性らしい雰囲気に。

眉頭から眉尻へと数回なぞる

いつもどおり眉を描いたら、ブラシにチークを取り、眉の毛流れに沿って色をのせる。毛ではなく地肌に色がのるよう、やや圧をかけるとよい。

ITEM

ライトブラッシュ シナモン

チークのほか、シェーディングとしても使える小顔効果の高いベージュ系コーラル。セミマットな質感で、眉に使っても自然。

 

STEP2

目尻ラインで印象的なまなざしに

目元を印象的に見せるには、アイラインがマスト。目尻の延長ラインはまっすぐ鏡を見て引くと、左右の長さや角度などのバランスが取りやすく、失敗知らず。

目尻から真横にスッとラインを引く

目を閉じた状態で、まずは黒目中央から目尻のキワにラインを。次に目を開けて、ラインの終点から外側に3~5㎜ほど延長させる。

ITEM

リキッドアイライナー ブラウン

長い持ち手やコシのある筆など、描きやすさ抜群のリキッドライナー。カラーは引き締めとおしゃれ感を両立する赤みブラウン。

 

STEP3

ぐりぐり塗りでふっくらツヤめく美人リップに

リップはさらりと塗るのではなく、ぐりぐりと塗り込むのがポイント。色とうるおいが縦ジワの中までしっかり入り込み、発色も色もちもアップします。

1. リップの断面をしっかり唇に押し当てて塗る

小さな円を描くようにして、リップをぐりぐりと直塗り。断面を密着させるように塗ると◎。

2. 綿棒で唇の輪郭をなぞり余分なリップをオフ

上下の唇を重ね合わせて色をなじませたら、綿棒で縁にたまったリップや、はみ出た色をぬぐう。

ITEM

ルージュネス レディセピア

肌の透明感まで高めてくれる、スモーキーなピンクカラー。素の唇の質感を生かした透ける発色で、肌なじみも抜群。


今月のモデル

熊谷美沙子さん

タペストリーデザイナー。独学でタペストリー制作を学び、2014年にウォールハンギングブランド「neulo」をスタート。ヴィンテージの毛糸を使った温かみのあるタペストリーが注目を集め、セレクトショップやSNSで話題に。

教えてくれたのは…

長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト。簡単にキレイを更新できる、独自のメイクテクニックが大きな話題を呼び、女性誌の連載や著書も多数。近著に『時間がなくても大丈夫!10分で〝いい感じ〞の自分になる』(扶桑社)。

撮影/中垣美沙 スタイリング/高上未菜 取材・文/北爪佳奈

お買いものはこちら