読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の新商品&おすすめポイント【2021年7月号】
先行型美容液と「冷やしユー」|冷やし美容#2
【チャートでセルフチェック】4つのタイプから判定!あなたのCheer Me Up☆美容ルーティンを探そう!
専門家が夏のスキンケアにダメ出し!|冷やし美容#1
  • ポイントメイク

3305 view

休日は気張らずお洒落に。ワンマイルヘア&メイクのすすめ

もうすぐゴールデンウィークですね!今回のテーマは、おうち時間やご近所へのおでかけにぴったりなメイク&ヘアアレンジテクニック。休日は頑張りすぎずにお洒落に見えるメイクとヘアアレンジで、程よく力を抜いて過ごしましょう。おすすめアイテムと併せてご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

■ワンマイルヘアメイクは“力を抜いたお洒落”が鍵
例年に比べて遠出や長期の旅行がしづらい今年のゴールデンウイーク。遠出はせずに、自宅や近場で過ごす方も多いのではないでしょうか?ちょっとしたお出かけやおうちデートなど「気合いを入れすぎず、でもお洒落に見せたい!」というシーンにぴったりな、ワンマイルヘアメイクをレクチャーします!

【ワンマイルメイクのポイント】

・肌__素肌感を残したベース
・眉__パウダーアイブローでサッと仕上げる
・目__アイカラーを指塗りで
・頬__ナチュラルなツヤと血色感
・唇__色よりもツヤをプラス

ワンマイルメイクは、盛りすぎず素の状態を活かして美しく見せるのがポイント。パッと仕上げたいときに嬉しい“手軽さ重視”のプロセスも特徴です。

【ワンマイルヘアのポイント】

・ゆるっとまとめる
・存在感のあるヘアアクセサリーをON
・帽子を使って上級者見せ

ワンマイルヘアは、簡単アレンジやヘアアクセサリーを用いて、手を抜きながらお洒落に見せるのがポイント。ボサボサの状態はもちろんNGですが、反対にきっちりまとめすぎても垢抜けない印象になってしまいます。

メイクもヘアも程よく力を抜いてお洒落に見せるのが鍵!詳しいポイントをチェックしていきましょう。

■ヘルシーでリラクシーなワンマイルメイク
ベースメイク
すっぴんでは、紫外線や花粉などのダメージが気になる上、手抜き感が強くなってしまいます。ですが、しっかりアラを隠そうと厚塗りしてしまうと、気合いが入りすぎたベースメイクに…。ワンマイルメイクでは、UVカット効果のあるBBクリーム(図:A)を使って簡単にベースメイクを仕上げましょう。

ノーファンデで仕上げたい方には、UVカット効果のあるフェイスパウダーがおすすめ。(図:B)軽い付け心地なので、ベースメイクをお休みしたいときにもぴったりです。仕上げに自然なツヤ感のあるハイライトをプラスすることで、ナチュラルに立体感を演出できますよ(図:C)パールの粒子が大きく、ギラギラ光るようなハイライトだと、素肌感から離れてしまうので注意しましょう。

ポイントメイク

続いてポイントメイク。アイカラーは指塗りでサッと仕上げましょう。カラーはファッションを選ばないブラウンやオレンジなどの暖色系をチョイス。(図:D)グラデーションにしたい場合は濃い方の色を目のキワにアイラインのように塗り、境目から淡い方の色をのせます。

眉もアイメイクと同じように、パウダーアイブローのみで簡単に仕上げます(図:E)ラフに整えて、自眉を活かした眉メイクに。チークは、ほんのり血色感をプラスするナチュラルなレッドをセレクト(図:F)。素肌感を活かしたベースを邪魔しない、ツヤのある仕上がりのものがおすすめです。
唇は、はっきり色付けなくともツヤ感はプラスしたいところ。リップ美容液でたっぷり保湿し、うるおったツヤリップに仕上げましょう(図:G)。
\ワンマイルメイク完成/
ベースメイクでは紫外線カットと肌へのやさしさ、ポイントメイクでは自然なツヤと血色感を意識しました。簡単なのにキレイに見える、ワンマイルメイクの完成です!
■簡単なのにお洒落な仕上がり!ワンマイルヘア

“力を抜いたヘア”と言っても、クセが付いたままの状態や寝起きのボサボサヘアはNG!簡単なヘアアレンジやヘアアクセサリーを用いて、ちょっとした寝癖はごまかしながらお洒落なヘアに仕上げましょう。手軽さ別に、4つのワンマイルヘアをご紹介します!

こんなまとめ髪はちょっと残念…
アレンジをする際に重要なことは、髪をふわっとまとめること!まとめ髪だからといって、髪をきっちりまとめすぎると垢抜けない印象になってしまいます。仕上げに軽くほぐして、バランスを見るのがおすすめです。

Style1|お洒落なふんわりシニヨン

お手軽度:★☆☆

ふんわりとまとめたシニヨンは、抜け感のあるお洒落さを演出します。完全にクセを直さなくても、ちょっとしたクセであれば簡単にカバーできるのが嬉しいポイント。デニムなどのカジュアルなコーディネートはもちろん、ワンピースなどのフェミニンなコーディネートとも好相性です。

Style2|ヘアピンを使って華やかに

お手軽度:★★☆

髪が短めの方や難しいアレンジが苦手な方は、ヘアアクセサリーの力を借りましょう!大きめのヘアピンは、留めるだけで華やかな印象を演出します。耳の上に留めるほか、前髪をまとめて留めたり、サッとひとつ結びにして結び目のそばに留めたりするのもお洒落です。

留める場所だけでなく、ヘアピンのデザインによっても雰囲気は大きく変わります。その日の気分やファッションに合わせてセレクトしましょう。

Style3|存在感のあるヘアバンドアレンジ

お手軽度:★★☆

ヘアバンドは、付けるだけでお洒落上級者に見える便利アイテム!シンプルなコーディネートに合わせれば、ファッションのポイントになります。そのままダウンスタイルに合わせるのはもちろん、Style1でご紹介したシニヨンなどのまとめ髪に合わせても◎。

Style4|バケットハットでトレンドスタイル

お手軽度:★★★

とにかく楽に仕上げたい!という方には、ツバの大きなバケットハットがおすすめ。寝癖を隠せるだけでなく、トレンドを押さえたスタイルに仕上がります。ラフな羽織りものやパンツなどのワンマイルウェアにもぴったりです!

■休日は自然体でお洒落を楽しもう

きちんと見せたいオンの日には、しっかりヘアメイクするのが当たり前になっている方が多いはず。ですが、オンオフ問わず毎日頑張り続けるのは、時には少々疲れてしまいますよね。休日は、少し肩の力を抜いたヘアメイクに切り替えてみては?今回ご紹介したワンマイルヘア&メイクを参考にして、自然体なお洒落を楽しんでみてくださいね。

監修/島田久美子

編集/清水尚美

お買いものはこちら