新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

モデル黒田知永子さん×ヘア&メイク徳田郁子さん に聞く「キレイの紡ぎ方」
おうちでも外出先でも24時間保湿で乾燥対策/乾燥とくすみの徹底ケア#1
「オルビスユー ミスト」でうるおいを。肌と心を労わる4つの保湿テクニック
今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
  • ポイントメイク

5232 view

【パーソナルカラー別・初夏メイク】夏への期待が高まるフレッシュメイク2パターン

春に楽しんでいたパステルメイクから一歩シフト。プレイフルなビビッドメイクは夏本番までのお楽しみ。そんな季節の変わり目の初夏にぴったりな、来たる夏へのワクワク感が高まるメイクをご提案します!2パターンのメイクルックを、イエベ向き・ブルベ向きに分けてご紹介。おすすめアイテムも必見です!

※一時、イエベ向きメイクのアイテムの色名が誤っておりました。申し訳ございません。訂正し、お詫び申し上げます。

この記事をお気に入りに追加

■初夏は爽やかなメイクを楽しもう!

薄着で過ごせる日が増え、少しずつ近づく夏の気配に心が弾む今の時期。そんな気分を投影した、初夏らしいメイクを楽しんでみませんか?メイクに爽やかさをプラスして、春メイクから一歩シフトしましょう。

\初夏メイク2パターンをご紹介!/

イエローベース向き フレッシュなマリンルック

ブルーベース向き 清涼感のあるグリーンメイク

おすすめアイテムと併せて上記のメイクルックをお届けします。トレンドと季節感を上手に取り入れて、お洒落なメイクを満喫してみて!

■イエベ向き|こなれ感溢れる、フレッシュなマリンルック

初夏になると、恋しくなるのがマリンルック。そこで、赤を利かせたフレンチシックなマリンルックをご提案します。フレッシュな赤リップを主役にし、カジュアルさと上品さを兼ね備えたメイクに仕上げました。リップと好バランスのオレンジチークが、自然な血色感をプラス。若々しく、いきいきとした表情を演出します。

Point

マリンルックのポイントは、抜け感を作ること。主役のリップはシアーな発色のものを選び、アイメイクは全てを盛らず、目尻側に重心を置きます。そうすることで、大人の余裕を感じさせる上品なメイクに仕上がります。

<EYE>

アイシャドウは、ナチュラルなベージュをセレクト。ツイングラデーションアイカラー(スタイリングベージュ)の左側のブラウンを目のキワにのせ、右側のライトベージュをアイホールに広げます。色の境目をしっかりぼかして、自然なグラデーションを演出。主役となる口元を引き立てます。

アイブロウは、ペンシルで眉尻のラインをとり、全体はパウダーでふんわりと仕上げます。柔らかく、上品な印象に。アイラインは、リキッドアイライナーで目尻側をやや長めに仕上げると◎。跳ね上げすぎず、目の形に沿ってナチュラルに引きましょう。マスカラは、目尻側にたっぷり塗ります。

 

<CHEEK&LIP>

リップは、中央部分に色を重ねることで滲み出るような血色感を演出。ラインは縁取らず、程よい抜け感を表現します。透け感のある発色の赤リップを選べば、重くならず軽やかな印象に。チークは、リップとのバランスを見て楕円形にのせましょう。

マリンルックには、清潔感溢れるホワイト系のネイルがぴったり。手元をパッと明るく見せるだけでなく、バランスの取れたトータルコーディネートに仕上がります。ファッションは、メイクを際立たせるシンプルなアイテムが好相性。ボーダーのカットソーやデニムをさらりと合わせれば、こなれ感のあるスタイルが完成します。

前髪がある方は、束感をつけたり分けたりして、軽めに仕上げるのがおすすめです。マリンルックの明るく活発なイメージを生かすことができます。マリンルックはベーシックなカラーを基調としており、デイリーメイクの延長的に楽しめるのが魅力。ぜひ挑戦してみてください!

 

■ブルベ向き|風感じる、爽やかなグリーンメイク

続いてご提案するのが、初夏の眩しい新緑にインスピレーションを得たグリーンメイク。萌ゆる若葉を思わせる、爽やかなグリーンアイシャドウを主役にしました。グリーンアイシャドウは難易度が高そう…と思う方も多いかもしれませんが、目元以外をベージュ系でまとめれば突飛になりません。簡単にトレンド感のあるメイクが完成します!

Point

グリーンメイクの重要な点は、前述の通りあえてポイントメイクをベージュ系で揃えること。頬や口元をすっきりとヌーディーにまとめることで、目元のグリーンが際立ちます。

<EYE>

アイシャドウは、ツイングラデーションアイカラー(ターコイズシー)の右側のライトカラーをアイホールに入れ、左側の鮮やかな青みグリーンをやや太めのライン状にのせます。最後にライトカラーを黒目の上のみに重ね、ツヤ感をプラス。目元を爽やかにまとめます。

アイブロウは、パウダーでナチュラルに形を作り、明るめのアイブロウマスカラで彩ります。アイラインはペンシルアイライナーを使い、まつ毛の隙間を埋めるように引きましょう。マスカラは、ボリュームではなく長さを重視。自まつ毛がスッと伸びたような、自然な仕上がりを意識します。

 

<CHEEK&LIP>

チークは、素肌になじむコーラル系のベージュをセレクト。頬骨の中央が濃くなるように自然なグラデーションをつけます。リップは、ラインを取らず指でぼかして、エフォートレスな印象を演出しましょう。

指先はトレンド感のあるグリーンで彩り、さりげなく目元とリンクさせるとお洒落。派手すぎず、知的なクールさを放ちます。ファッションには、メイクの爽やかさを損なわないライトなカラーを取り入れるのがおすすめ。清潔感と清涼感のあるスタイルの完成です!

デイリーメイクではあまり使わないカラーでも、色の組み合わせ方次第で簡単に取り入れられます。普段とは一味違うメイクで季節を感じてみては?

 

■夏へのワクワクを、メイクに落とし込んで

「春メイクのままではもう季節外れ?」「ビビッドなメイクはまだ早い?」など、季節の変わり目はどんなメイクをしようか迷ってしまう方も多いかもしれません。そんな方こそ、ぜひ今回ご紹介した初夏のメイクルックに挑戦してみて!彩度の高いカラーを主役にし、ポイントを絞って取り入れるだけで、初夏らしい爽やかなメイクに仕上がります。今の時期は、連休明けで日々の疲れが出やすかったり、何かと不安を抱えやすかったりしますよね。夏が楽しみになるようなメイクで、ワクワク気分を高めてみてくださいね!

監修/島田久美子

編集/清水尚美

お買いものはこちら