読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • UV

892 view

【梅雨のUV対策】雨の日の“うっかり日焼け”を防ぐ3つのポイント|美肌レッスンA to Z

晴れの日はしっかりと紫外線対策をしている方でも、梅雨の時期はついサボりがちになってしまいますよね。しかし、降り注ぐ紫外線量は梅雨でも真夏に匹敵するほど。だからこそ、雨続きでも上手にケアしたいもの。今回は、梅雨の"うっかり日焼け"を防ぐお手入れ方法をレッスンしていきます。

この記事をお気に入りに追加

■雨の日も紫外線量はゼロではない

晴れている日は日焼け止めや日傘などでUV対策をしていても、曇りや雨の日は「今日は良いかな?」なんて思いがち。つい、紫外線対策を怠ってしまいますよね。しかし、紫外線は雨や曇りの日でも地表に降り注いでいます。とくに、シワ・たるみに繋がるUV-A波は波長が長いため、雨や曇りの日でも晴れた日の8割程度の量が地表に降り注いでいると言われています。

また、下の図にあるように紫外線量は春先から増え始め、真夏にピークを迎えます。雨の日が多い6月でも紫外線量は多くなっているので、天候や季節に関係なく対策するのをおすすめします。

日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ(2020年)
東京の日最大UVインデックスを月別に平均したグラフ。
出典:気象庁ホームページhttps://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html

■梅雨に多い“うっかり日焼け”

梅雨はジリジリとした日差しを感じにくいため、室内やちょっとした外出での“うっかり日焼け”のリスクが高まります。UV-A波は部屋の中にいてもガラスを透過して降り注いでいるので、終日部屋の中にいるときも紫外線対策をするのをおすすめします。

\ こんなシーンにご用心 /

ゴミを出しに行く
ベランダに洗濯物を干す
窓際で作業をする
車の運転をする
近所へ買い物に行く

 

ゴミを出しに行く、ベランダに洗濯物を干すなど「ちょっとなら大丈夫」と思いがちなシーンでも、塵も積もれば山となる…。紫外線は長年の小さな蓄積によってお悩みが顕在化してくるので、やはりUV対策は年間を通じて行っていくのがベスト。ライフスタイルに合わせて上手にケアしていきたいですね。

 

■梅雨の“うっかり日焼け”を防ぐお手入れ方法
前章までで紫外線対策は年間を通して行っていくことが大切だとわかりました。とはいえ、毎日欠かさずUVケアしていくのは大変という方も多いはず。こちらの章では、梅雨時期のうっかり日焼けを防ぐための、継続しやすい紫外線対策方法をお伝えしていきます。

1 | 洗顔から日焼け止めまでをスキンケアとする

顔は「日焼け止めを塗る」ということをスキンケアやベースメイクと別工程だと思わないことがポイント。スキンケア効果の高い日焼け止めを選んで朝のスキンケアの一部として捉える、もしくは紫外線カット効果のある化粧下地を使用するのがおすすめです。「出かける前に塗る!」と思っていると、忙しさからつい忘れがち。洗顔・化粧水・保湿液・日焼け止め(もしくは化粧下地)の4ステップを1セットとして行いましょう。

Recommend Item

オルビス リンクルホワイト UV プロテクター (医薬部外品)

SPF50+・PA++++ 日焼け止め

シワ改善・美白*1までできる、まるで美容液のような日焼け止め。保湿クリームのように心地よいテクスチャーで、日焼け止め特有のきしみやべたつき感を感じにくいのも嬉しいポイント。スキンケアの一環として取り入れやすいアイテムです。

*1 メラニンを抑えシミ・そばかすを防ぐこと

 

※きめ細やかでなめらかな肌に整え、ファンデーションのつきやのりを良くするので、化粧下地としてもご使用いただけますが、より美しい仕上がりを求められる方は、化粧下地のご使用をおすすめします。

 

スムースキープベースUV

SPF40・PA+++ 化粧下地

高SPFの化粧下地。テカリを抑え、サラサラの肌に整えてくれるため、メイク崩れが気になる梅雨の時期にぴったりです。さらに、ラベンダーカラーが気になるくすみまで払ってくれるという優れもの。

 

リップサンスクリーン(R)

SPF22・PA++ リップクリーム

紫外線対策ができるパーツケアアイテムもおすすめ!唇はほかの皮膚よりも角層が薄くデリケートな部位なので、UVカット効果のあるリップクリームで上手に対策していきましょう。リップサンスクリーン(R)は、ほんのり色づくタイプなのでUVケア・保湿・ナチュラルメイクがこれ1本で完結します。

 

2 | ボディ用には塗り広げやすいテクスチャーのアイテムを選ぶ

汗や湿気でベタベタしやすい梅雨の時期…。ボディの日焼け止めはとくに、快適なテクスチャーを意識して選びましょう。広範囲に塗り広げやすく、ベタつきや擦れに強いものを選ぶとよりGOOD!

Recommend Item

オルビス ボディ UV プロテクター

SPF50+・PA++++ 身体用日焼け止め 

SPF50+ PA++++、スーパーウォータープルーフとブランド最高峰*2のスペックを持つ、ボディ用日焼け止めジェル。伸びが良く、ベタつきにくいのも特長です。ストレスフリーな塗り心地で、湿度の高い時期も快適に過ごせますよ。

*2 SPF50+・PA++++ オルビスサンスクリーン®内ウォータープルーフ効果として

 

3 | UV対策グッズも上手に取り入れよう

日焼け止め以外のUV対策グッズを日常生活に取り入れるのも一つの手です。代表格の日傘は1つ持っておくと便利です。梅雨の晴れ間はもちろん、晴雨兼用のものなら小雨でも活躍してくれますよ。日傘の選び方のポイントは白などの反射する色よりも、黒っぽい色を選ぶこと。内側まで黒いものだとさらに安心です。素材は光沢があるものより、マットな素材を選ぶとより効果が高いと言われています。日傘は経年劣化するものなので、2年くらいを目安に買い替えるようにしましょう。

また、UVカット効果のある上着やストールなどを持ち歩いておくのもおすすめ!日除けだけではなく、冷房対策にも使えますよ。

 

■日焼け対策を日常生活に取り入れて、"うっかり焼け"を防止して

晴れている時にしっかりUV対策をしていても、曇りの日で“うっかり焼け”をしてしまったらもったいないですよね。UVケアは毎日のルーティーンに入れることが大切!スキンケア・ベースメイクの工程に組み込む他、お出かけ時の持ち物にも入れて、紫外線対策も快適に行ってくださいね。

監修/島田久美子

イラスト/二階堂ちはる

編集/清水尚美

お買いものはこちら