読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の企画展「私の癒やし」|ここち写真部#6
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
【耐久性・美白・UVカット】目的で選ぶ夏のファンデーション|美容のプロに聞いてみました!
大人女子のあるある川柳#6
  • スキンケア

3085 view

夏こそ基本のスキンケア!意外と知らない“マイナス美容”の落とし穴|美肌レッスンA to Z

気温や湿度が高くなると、乾燥悩みが気になりにくくなってきますが、それに伴ってスキンケアもさぼりがちになっていませんか?洗顔や保湿などを省いてしまう"マイナス美容”には、実は落とし穴があるんです。今回はマイナス美容が肌に与える影響と、正しいお手入れを解説します。

この記事をお気に入りに追加

■マイナス美容はなぜダメなの?

洗顔や保湿など、お手入れの一部を省いてしまうマイナス美容。これは、単なる“手抜き”によるものではなく、勘違いや思い込みが原因のケースも多いのが事実です。毎日の習慣が、知らないうちに積もり積もって深刻な肌トラブルにつながることもありますので気をつけましょう。

落とすケアの重要性

洗顔やクレンジングなどの“落とすケア”をマイナスすると、毛穴の詰まりや角質肥厚などが進んでしまうことも。スキンケアのなじみや効果が悪くなり、ニキビやくすみ*1やエイジング*2などの様々な肌トラブルに繋がりやすくなります。

*1 乾燥による
*2 ハリの低下等

\ こんなマイナス美容に心当たりは? /
朝は水洗顔
朝はふき取り化粧水だけ
クレンジングを使わない

水だけ洗顔やふき取り洗顔はたまになら許容範囲内ではありますが、毎日続くのは芳しくありません。寝ている間や外出しない日でも、皮脂は分泌され、ちりやほこりなどの目に見えない浮遊物も付着します。そのため朝晩の洗顔は洗顔料を使用してしっかり汚れや過剰な皮脂をオフしましょう。肌の乾燥が気になる方は、肌のうるおいを守りながら洗浄してくれるアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、最近の洗顔料は洗浄力が高いものが多いですが、使用しているメイクアイテムが日焼け止めが、お湯や洗顔料のみで落ちない場合は、クレンジング料を使用しましょう。メイク汚れが肌に残ったままだと、雑菌の繁殖や肌状態が悪化する可能性がありますので注意してくださいね。

 

補うケアの重要性

この時期に多いのが、「皮脂によりうるおっているように感じるため、保湿アイテムを省くこと」。一見問題ないかのように思えますが、毎日続けているとインナードライやごわつきなど、さまざまなトラブルに繋がってしまいます。

\ こんなマイナス美容に心当たりは? /

夏の保湿は化粧水だけ
朝の保湿を省きがち
脂性肌だから保湿液は使わない

「忙しい」「ベタつく」「思い込み」などさまざまな理由がありますが、夏だからといって保湿をおろそかにしてしまうのはおすすめしません。夏の保湿が不十分だと、紫外線によるダメージで秋になった時に乾燥やごわつきなどのお悩みが現れるケースも。秋冬ほど乾燥が気にならないとはいえ、化粧水のあとは保湿液や乳液を重ね、うるおいをキープさせてあげましょう。

 

■基本のお手入れ方法とおすすめアイテム

お手入れをついさぼってしまう人にも、マイナス美容のデメリットが伝わったかと思います。ここからは正しいお手入れ方法と、忙しい毎日をサポートしてくれるおすすめアイテムを紹介します。

まずはここに気をつけよう!

1.基礎を徹底
2.アイテムの正しい使用方法をチェック
3.部位によって使用量を調節

マイナス美容をしてしまっている方は、まず正しいお手入れを実践することからスタートしましょう。洗顔・化粧水・保湿液という基本の3アイテムを、"正しく使う"ことが大切です。

例えば、洗顔時は皮脂の多いTゾーンから洗う。保湿アイテムの使用量は乾燥する頬は多めに、ベタつくTゾーンは少なめになど。使い方や使用量を見直すだけで肌のコンディションが整う可能性もありますよ。

 

Recommend Item
落とすケアのおすすめアイテム

ベタつきも乾燥も気になる人に

オルビスユー ウォッシュ

うるおいとハリを感じる肌を目指すオルビスユーシリーズの洗顔は、汚れをしっかりオフしてくれるのに洗い上がりはしっとり。部分的に乾燥・ベタつきが気になる人にぴったりのアイテムです。

 

朝の時短ケアにおすすめ

オルビスユー ジュレパック

濃密なジュレが古い角質や毛穴汚れをすっきりオフしてくれるスペシャルアイテム。たった15秒でくすみ*1ケアもでき、メイクノリもUP。泡立て不要なので朝の忙しい時間にもうれしい逸品です。

★週3~4回ほど洗顔料の代わりにご使用ください。肌の状態にあわせて、毎日使用していただいても問題ございません。

*1 乾燥による

1秒でも早く寝たい日のクレンジング

クレンジングリキッド

疲れて帰ってきた夜はクレンジングもサッと済ませたいですよね。クレンジングリキッドならメイクに瞬時になじんでするんっとオフ!オイルカットで洗い上がりはスッキリなのに後肌のうるおい感も◎。

 

補うケアのおすすめアイテム
ベタつかず、欲しい部分にはうるおいを与える

オルビスユー シリーズ

オルビスユーシリーズの保湿アイテムは、どのアイテムも肌にうるおいを与えるのにべたつきにくいのが特徴。“とろぱしゃ”質感のローションは、肌なじみがよくて後肌もやわらか。もっちり。スフレ上のモイスチャーは肌にすぐ密着し、うるおいながらも快適な使い心地です。

 

保湿ラインナップ

オルビスユー ローション
オルビスユー モイスチャー

 

乾燥が深刻。でもベタつくのは嫌な人に

オルビス アクア シリーズ

オルビスアクアは、「うるおい」にこだわってきたオルビスが乾燥肌の方へ贈る保湿ケアシリーズです。ローションは肌なじみにこだわった、みずみずしいテクスチャー。うるおいブースター処方*3で水分バランスが整った透明感あふれる肌へと導きます。モイスチャーは、うるおいをホールドするモイストスキンパック処方*4を採用。べたつかないのに長時間うるおいをキープしてくれるため、べたつきがイヤで保湿液を省いてしまうという方におすすめのアイテムです。オルビスアクアシリーズのローションとモイスチャーは、M(保湿タイプ)とRM(高保湿タイプ)の2種類があるため、肌状態にあわせて使い分けるもの◎。

*3 肌なじみを良くし、浸透感を高める処方
*4 角層のすみずみまでうるおいで満たす処方

 

保湿ラインナップ

オルビス アクア ローション
オルビス アクア モイスチャー

 

■「今日はいいや」が引き金に?高機能アイテムにも頼って正しいお手入れを

「今日はいいや…」も、毎日続くと相当なダメージに。ついやりがちなマイナス美容ですが、肌のためにはやはり正しいお手入れを続けたいところです。そして、マイナス美容は忙しい人が陥りがちなもの。時には多機能アイテムなどに頼って、基本のスキンケアを続けられるよう工夫してみてくださいね。

監修/島田久美子

イラスト/二階堂ちはる

編集/清水尚美

お買いものはこちら