新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ミスト」でうるおいを。肌と心を労わる4つの保湿テクニック
今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
【数量限定】オルビスユーミストを活用!簡単メイク直しで夜までキレイ|美容のプロに聞いてみました!
【動画でレッスン】いつでもうるおいチャージできる限定ミスト・オルビスユー ミストの使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
  • ポイントメイク

1493 view

【動画でレッスン】まつ毛メイク、もう失敗しない!ビューラー&マスカラの基本の使い方|キレイをかなえるHOW TO動画

動画と写真で化粧品の正しい使い方を解説する【キレイをかなえるHOW TO動画】。今回は、まつ毛メイクの基本をお伝えします!ビューラー(アイラッシュカーラー)でまつ毛をカールさせるところから、マスカラの塗り方のコツ、失敗した時の対処法までを1本の動画にまとめました。ぜひ最後までチェックしてくださいね!

この記事をお気に入りに追加

目元の印象をアップ!失敗しないまつ毛メイクのコツ

シンプルに見えて、意外に難しいまつ毛メイク。ビューラー(以下、アイラッシュカーラー)でしっかりカールさせたつもりでも、すぐに下がってきてしまったり、マスカラがダマになって失敗したり…という経験はありませんか?特に最近はマスク時の呼気などによる影響で、まつ毛メイクにとっては厳しい環境。

上手にくるんとカールをさせ、マスカラをキレイに仕上げるためには、ちょっとした角度や手の動かし方が重要です。文章ではなかなかピンとこなくても、動画なら一目瞭然!ぜひご自身の普段のやり方と照らし合わせながら、チェックしてみてくださいね。

 

ちなみに、アイラッシュカーラーとマスカラは、どちらを先に使うのが正解でしょうか?

正解は、「アイラッシュカーラーが先、マスカラが後」です。

マスカラを先に使ってしまうと、せっかくのまつ毛メイクが崩れやすくなるばかりか、まつ毛に負担をかけてしまう可能性もあるのでご注意を。

 

今回は、こちらの順番で解説していきます。

STEP1 アイラッシュカーラー:上向きカールのコツ

STEP2 マスカラ(上まつ毛):長さやボリュームの出し方

STEP3 マスカラ(下まつ毛):塗りにくい時のポイント

 

それでは早速、動画と写真で基本の使い方をチェックしてみましょう!

 

キレイをかなえるHOW TO動画 <アイラッシュカーラー&マスカラ編>

サムネイル

ここからは、動画の内容を詳しく解説していきます。

■STEP1 アイラッシュカーラー | まつ毛を上向きにカールします

アイラッシュカーラーは写真のように、持ち手部分に親指と中指を通し、人差し指を添えるようして持つと安定した力でまつ毛をカールすることができます。

 

自然で美しい仕上がりにするため、まつ毛は根元・中央部分・毛先と3回に分けて順にカールをさせていきます。

まずは根元から。上下のフレームの間にまつ毛の根元を軽く挟んで、持ち上げるように3秒程度キープしましょう。

 

続いて、まつ毛の中央部分・毛先の部分も順に軽く挟み、角度を徐々につけてカールさせながら3秒程度キープします。

 

★ポイント:アイラッシュカーラーでまつ毛を挟むとき、全力で挟んでしまうとまつ毛に負担がかかり傷めてしまう原因に。力を入れなくても、しっかりカールしてくれるので、目安は半分くらいの力の入れ具合で、やさしくカールするように注意しましょう。

 

■STEP2 マスカラ(上まつ毛)|上まつ毛に長さやボリュームをプラスします

オルビスのイルミラッシュマスカラは、ブラシの内側と外側を使い分けることで、1本で2つの仕上がりが手に入る2Wayブラシ。内側はボリューム感のある印象的な仕上がり、外側はスッキリ長く見せる、ロングラッシュ効果のある仕上がりです。なりたい印象に合わせて使い分け、魅力的な目元を目指しましょう。

 

マスカラのブラシをボトルから抜く際、ボトルのフチで余分な液を落とすようにしながら引き抜きます。

その後、ダマつきを抑えるためにティッシュペーパーへ液だまりをオフ。

液の絡み具合を均一に整えておきます。

 

まつ毛にボリュームを出したいときは、ブラシの内側のカーブを使用します。

 

根元にブラシを当て、まつ毛を持ち上げるようにしながら、毛先に向かって滑らせるようにつけていきます。

★ポイント:軽くジグザグしながらつけるとブラシにまつ毛が絡み、液がつきやすくなります。ただし、左右に大きく動かしすぎないように注意。ジグザグが大きすぎるとまつ毛同士がくっついたりダマになったりしやすいため、あくまでも小刻みに動かし、最後は毛先に向かってスッと抜きましょう。

 

すっきりとロングに見せたいときは、ブラシの外側の面で仕上げます。

 

先ほどと同じように、根元からブラシを持ち上げるようにして、毛先へ滑らせるようにつければ、上まつ毛の完成です。

 

■STEP3 マスカラ(下まつ毛)|下まつ毛も印象的に仕上げます

下まつ毛もマスカラをつけることで、目を大きく見せてさらに印象的な目元へ仕上げることができます。

上まつ毛と同様に。目元から毛先に向かって滑らせるようにマスカラをつけましょう。

 

塗りにくい場合や、さらに長さを出したい時は、ブラシを縦に持ち、先端を使って少しずつ丁寧につけましょう。

 

塗っているときにマスカラが皮膚についてしまうことも。

そんなときは、マスカラが乾いたあとに綿棒などを使って丁寧に取り除きましょう

綿棒を左右に動かすようにぬぐうと、綺麗にとれます。

 

\完成!/

仕上がりはこのような目元に。晴れやかで、大きく印象的な目元を演出することができます!

 

今回は、ついつい自己流になってしまう、アイラッシュカーラーやマスカラの使い方をご紹介しました。

動画を参考に、基本のポイントを再確認し、ぜひご自身のなりたいイメージを手に入れてくださいね。

 

アイラッシュカーラー

まぶたの丸み、目の幅を徹底研究したオリジナルフレームを採用。適度な弾力のシリコンゴムで、短いまつ毛もくるんとカールできます。
金属アレルギー防止&抗菌コート加工。肌に直接金属が触れないように配慮した、やさしさ設計が特徴です。

 

イルミラッシュマスカラ

“レフ板まつ毛”で瞳に光を映り込ませ、印象的な目元に魅せるマスカラ。特殊な板状の粉体がまつ毛に均一に密着することで、つるんとダマのない仕上がりに。まるでレフ板のように瞳に輝きを映し込みます。
さらに、ロングとボリューム、服や気分に合わせて1本で2つの仕上がりが楽しめる2wayブラシを採用。ひと塗りでまつ毛を根元から持ち上げて、美しくセパレートさせ、瞳への輝きをサポートします。
しなやかにカールをキープし、汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプながら、お湯だけで簡単にオフできます。

 

監修/島田久美子

取材・文/伊藤幸子

 

お買いものはこちら