読み物

読み物-日々をここちよく-

【パーソナルカラーのギモン集】黄み肌=イエベ、色白=ブルベは間違い?
 夏こそ使いたい!ワンランク上のエイジングケア *1アイテム5選|美肌レッスンA to Z
今月の企画展「私の癒やし」|ここち写真部#6
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
  • スキンケア

502 view

専門家が夏のスキンケアにダメ出し!|冷やし美容#1

夏でも保湿は大切ですが、暑くて肌がベタつきやすいとスキンケアへのマインドが低下しがちに。ひんやりとここちよいお手入れが叶えば、夏をもっと前向きに過ごせる予感がしませんか? 快適な“ 冷やし美容” のご提案です。

この記事をお気に入りに追加

専門家が夏のスキンケアにダメ出し!
「夏でも保湿は大前提です」

夏は汗や皮脂が多く、肌がうるおっていると感じますが、実際はどうなのでしょうか。皮膚科医に伺いました。

「肌表面は外気や湿度とリンクするので、夏は冬に比べると深刻な乾燥は少なくなります。汗や皮脂もうるおいを決める要因ではあるので、あるに越したことはありませんが、それで肌がうるおっていると思うのは間違い。夏は表面がうるおっていても内側が乾燥する“インナードライ”が増える傾向にあります。汗で水分が奪われていくので、肌の内側は脱水状態になりやすい。さらに、うるおいに欠かせない天然保湿因子やタンパク質成分は、紫外線の酸化ストレスで減少しやすくなります」

 

では、夏のお手入れで気をつけるポイントは?

「汗をかくこと自体は大切ですが、肌に長時間残ると刺激になるので、まず汗をこまめにふくこと。そして、夏でもとにかく保湿を重視。乾燥していると、より紫外線ダメージを受けやすくなります。化粧水だけで終わらせず、冬ほど濃厚なものは使わなくていいので、軽いテクスチャーでも必ずうるおいに蓋をしてください。季節に応じたアイテムに切り替えて、自分が気持ちいいと思える保湿ケアを心がけましょう」(山崎まいこ先生)

 

 

教えてくれたのは...
山崎まいこ先生
まいこ ホリスティック スキン クリニック院長。一時的な改善ではなく、内側からも包括的にアプローチして、肌が自ら美しくなる力を育む“ホリスティック美容”を提唱。美容誌やWebサイトをはじめ、多数のメディアに出演。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/谷口蘭 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら