読み物

読み物-日々をここちよく-

【鼻と頬】ポツポツ毛穴をカバーするベースメイク|美肌レッスンA to Z
気分を上げてくれる音楽|今月のカルチャー#7
大人女子のあるある川柳#7
納豆オムレツ|私の十八番レシピ#7
  • ポイントメイク

1266 view

ピンク×スモーキーの甘辛ミックスで、大人の遊び心を取り入れる/気分が上がるリップ&アイ講座#2

日常を〝ちょっと上向き〞にしてくれるのがメイクの魅力。この秋は、冒険色やテイストミックスで〝はずし〞を効かせたメイクにトライ。メイクの楽しさを再発見してみましょう。

この記事をお気に入りに追加

ピンク×スモーキーの甘辛ミックスで、大人の遊び心を取り入れる

ほんのり甘さを感じさせる鮮やかなピンクリップ、クールな雰囲気のパープル&グレーアイ。テンションの違う色をかけ合わせるのも、メイクで“ はずし” を楽しむ一手です。塗る範囲を狭めに、ラメを味方につけるなどの簡単なテクニックで、大人にハマるおしゃれ顔に。
LIP
ピンクリップはたっぷり塗り、 しっかり発色させること

鮮やかなピンクリップで、華やかさと甘さをほんのり取り入れましょう。色をしっかり出したいので、ブラシをしごいたりせずたっぷり塗ること。唇のピンクと目元のスモーキーカラー、どちらも主張させてコントラストを楽しむのが、このメイクのポイントです。

ブラシで唇の中心部分に色をのせ、上唇と下唇をこすり合わせて色を広げる。唇全体に色が広がったら、リップをふき取ったブラシで口角部分のエッジをなぞり、はみ出しや塗りムラを修正して。

カラーエッセンスリキッド ピンクペタル
明るく華やかなコーラルピンク。唇にのせるとシアーに発色し、自然なうるおい感を演出。ベタつきにくく、軽やかな塗りごこち。

EYE
グレーは黒目の上のみオン。 ポイント使いでほどよく主張

深みのあるパープルで陰影を作り、グレーは黒目上のみに塗ってアクセントづけ。強さのある色なので、ミニマムに効かせるだけで十分インパクトを出せます。下まぶたには何も塗らず抜け感を。パープルマスカラを上下に塗って、アイライン代わりに。

パープルを指に取り、まぶたのくぼんだ所からキワに向かって指を左右に動かしながら塗り広げる。次に細チップにグレーを取り、黒目の幅より少し広めに、二重幅までのばす。

ツイングラデーションアイカラー ドリーミングナイト
インパクトのある2色それぞれに大粒のパールがイン。まぶたにのせると美しい輝きを放ち、ふんわりと柔らかな眼差しに。

イルミラッシュマスカラ リフレクティングパープル
黒に近いダークパープルなら、イエローとなじみつつも目元にインパクトを与えてくれる。アイラインなしでも凛とした美しさに。
CHEEK
肌なじみのいいカラーを 丸めに入れて、少し甘く
目元と口元にインパクトがある分、チークは肌なじみのいい色を選びます。少しかわいらしさを演出するため、丸みのある形に。斜めチークのように角度をつけて入れると、目元の強さと相まってクールな印象が強調されてしまうので、角度をつけずに仕上げましょう。
大きめのブラシにチークを取る。色をしっかり出すため粉をたっぷり含ませること。小鼻横からフェイスラインに向けて、楕円を描くイメージで塗り広げる。角度はつけず横長にオン。
ライトブラッシュ シナモン
肌なじみのいいベージュ系コーラル。パールのツヤめきでイキイキとした肌印象に。透明感のある色が、くすむことなく長時間持続。
こちらもチェック!

気分が上がるリップ&アイ講座#1

目元のイエローではずす、ヘルシー&シックな秋メイク


教えてくれたのは…

長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト。簡単にキレイを更新できる、独自のメイクテクニックが大きな話題を呼び、女性誌の連載や著書も多数。近著に『時間がなくても大丈夫!10分で〝いい感じ〞の自分になる』(扶桑社)。

撮影/嶌原佑矢 スタイリング/高上未菜 モデル/比留川游 取材・文/西村美名子

お買いものはこちら