新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
【数量限定】オルビスユーミストを活用!簡単メイク直しで夜までキレイ|美容のプロに聞いてみました!
【動画でレッスン】いつでもうるおいチャージできる限定ミスト・オルビスユー ミストの使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
一生もののエイジングケア/「何歳から」も「何歳まで」もオルビス ユードットでキレイを目指す
  • ライフスタイル

318 view

持ち運べる防災ポーチが基本。用意しておきたい防災グッズ|安心な毎日のための防災アイデア#2

防災の日がある9月は、防災の備えについて見直す絶好のタイミング。そこで、今すぐできる防災対策について専門家に教えていただきました。

この記事をお気に入りに追加

緊急時に本当に役立つのは常に携帯できる防災ポーチ

いざというときにあると心強い防災グッズ。種類がたくさんあるので、何をどこまで用意すべきか迷ってしまうところです。
「防災グッズというと、本格的な装備を入れた防災リュックをイメージしていませんか? でも急な災害のとき、私たちが無意識にパッと手に取るのは、財布や携帯電話が入った、普段使っているバッグなんです」
そこで、身を守るために必要最低限のアイテムを入れた「防災ポーチ」を常にバッグに入れておき、持ち歩くのを習慣にすることが大切だと国崎さんはいいます。
「防災ポーチ以外に、家には避難用に必要な物を、自分で持ちやすいようにまとめておきましょう。使い慣れているリュックでもよいですが、ポケットがたくさんついたベストに入れておくのもおすすめです。玄関のコートかけに用意しておくと、緊急時にサッと羽織って避難できます」
防災ポーチ基本の5アイテム
いつものバッグにしのばせておきたい防災ポーチ。入れておくべき基本アイテムを知り、いざというときに備えましょう。

1. モバイルバッテリー
携帯電話は情報収集などに欠かせない命綱。バッテリー切れに備えて携帯を。

2. 止血パッド
避難時はガラスやがれきでケガをすることも。傷に当てるだけで簡単に止血できます。

3. 携帯トイレ
避難中はどこのトイレも数時間待ちがあたり前なので、用意しておくのがおすすめ。

4. ヘッドライト
両手があくので、がれきなどを避けながら、暗い場所を移動するときに役立ちます。

5. ゼリー飲料
水などより利尿作用が低く、栄養も摂れて腹もちもいいため、災害時に持っておくと便利。

家に準備しておくもの
救助を求めるときに役立つのはもちろん、身の危険を感じたときは防犯ブザー代わりにも。
下着 最低限の備えとして、カップつきキャミソール、ショーツ、生理用ショーツを各1枚用意。
基礎化粧品 スキンケアができるお泊まりセットがあると、乾燥しやすい避難所でも安心です。
ワセリン 高い保湿力があり、全身の乾燥防止に加え、傷に塗ると止血効果も期待できます。
生理用品 災害時は急に生理になることもあるので持っておくと安心。ゴミの出ない月経カップも◎。
プラスアルファで用意したいもの

子ども(小学生)がいる場合
・持っていると落ち着く自分の好きなもの
(好きなキャラクターのキーホルダー、好きな飾りつきのヘアゴムなど)
・家族の写真(家族とはぐれた場合に捜しやすくするため)

お年寄りがいる場合
・お薬手帳
・介護手帳
・主治医の連絡先のコピー

ペットがいる場合
・ペット用トイレシート
・ペットフード


教えてくれたのは…

国崎信江さん

危機管理アドバイザー。女性や生活者の視点で、防災・防犯・事故防止対策を提唱している。主な著書に、『決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法』(ブロンズ新社)などがある。

イラスト/ヤマグチカヨ 取材・文/伊藤彩子

お買いものはこちら