新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

【初級】当ててみよう!「ほうれい線」をケアする&悪化させる行動クイズ
【まずはチェック】あなたの肌がくすむ原因はどれ?
【共創NEWS】いよいよ10/22発売!│お客様と選んだシルクルームソックス限定色の魅力を大公開
大人女子のあるある川柳#8
  • ベースメイク

5269 view

【数量限定】オルビスユーミストを活用!簡単メイク直しで夜までキレイ|美容のプロに聞いてみました!

季節の変わり目で乾燥やテカリのお悩みにくわえ、マスクのこすれでベースメイクの崩れやすさが気になる…
そのようなお悩みにツヤ肌を蘇らせる方法やシチュエーション別に映えるメイク直し術を、美容のプロに教えてもらいました。

この記事をお気に入りに追加

ポーチに入れておくべきメイク直しアイテム

まずは常に持ち歩きたい、メイク直しの必需品をチェック。これがあれば、マスク着用で普段よりも気になるメイクくずれにも対応できます。大人のたしなみとして常備しておきましょう。

メイクの仕上がりの7割はベースメイクで決まる、と言われています。ベースメイクは乾燥やテカリ、マスクのこすれなどでくずれやすいので、メイク直しアイテムは不可欠。さらに、顔全体の印象に大きく影響する眉アイテム、簡単に塗れてメイク感が高まるリップも、持っておくのが正解です。マスク生活においても、隙のない美しさを仕込みましょう。

秋冬人気NO.1ファンデと、お直しやうるおい補給に大活躍のミストがWEBだけのお得なセットに!

 

9月22日~10月31日までの期間限定で販売中!

オルビスユーミスト+カシミアフィットファンデーション(リフィル)セット

※通販・Web限定

>ご購入はこちらから

メイク直しアイテム一覧

あぶらとり紙
テカリの原因である皮脂は、実はティッシュでは取れず、あぶらとり紙でオフするのがマストです。放っておくと皮脂が酸化して黒ずむので、こまめなケアが必要。肌あたりがやさしく皮脂吸収に優れたものが◎。

オルビスユー ローション
日中のうるおい対策に、保湿効果の高いローションは必須。小分けボトルなどに入れて持ち歩きましょう。乾燥だけでなく毛穴ケアにも効果的。しぼんだ肌がふっくらと蘇ります。

オルビスユー ミスト(数量限定)

オルビスユーミストでさらに手軽にお直しが可能!

オルビスユーからミストが発売。簡単にうるおい補給できるミストが購入できるのは今だけ。いつでも持ち運びのできるサイズでデザインもかわいい。日中の乾燥が気になるときに、肌にうるおいを。

カシミアフィットファンデーション

お直しには、ファンデは手軽に塗れるパウダリーが便利。粉体1粒1粒に体温でとろける保湿成分をコーティングしているので、肌の上でとろけて密着し、塗り足しても厚塗りになりません。ほのかにツヤめく、大人の上質肌を叶えましょう。

ペンシルアイブロー
皮脂やこすれで、消えやすい眉。外出先で眉がなくなるとメイクが台無しになるので、こちらも必需品。コンパクトでかさばらず、ササッと描き直せるペンシルタイプをセレクト。

ルージュネス
口紅を塗るだけで、メイク感は一気に高まります。1本で美発色もうるおいも両立できるタイプで、色は少し濃いめなら今っぽく。TPOやスタイルに合わせて使いわけましょう。


5分で簡単! 基本のベースメイク直し

コツを押さえれば、たったの5分で美肌が復活。保湿とメイクアップをあわせたお直し方法を紹介します。

皮脂をとって保湿。ファンデを重ねる前の準備が一番大事

テカテカ・カサカサな肌の上からファンデを塗り直しても、ヨレやムラが悪化するだけで逆効果。まずはあぶらとり紙で余分な皮脂をとるのが大前提です。

ティッシュでとろうとしても、汗やヨレて浮いたメイクしかとれないので要注意。きちんとあぶらとり紙を使って、顔全体の皮脂をぬかりなくオフしましょう。

そして、次のポイントはうるおい補給。

日中の肌は乾燥が進みやすく、表面がカサついたり加齢毛穴が目立ってきたりします。また表面がベタついていたとしても、大人は肌内部がカラカラな場合が多いもの。

ローションを1~2滴、手のひらに広げたら、頬→額→鼻→口元→目元の順で押さえるようになじませましょう。仕上げに頬を5秒ほどハンドプレス。自然なツヤが出てキメもふっくらと整うので、ファンデをきれいに重ねることができます。

オルビスユー ミストは顔全体へ!

ミストはやや多めに顔全体へ吹きかけます。同じように頬→額→鼻→口元→目元の順で押さえ、なじませましょう。仕上げの頬へのハンドプレスも忘れずに!


シーン別! ちょい足しお直しアイデア

どんなシチュエーションか、誰と会うかに応じて、メイク直しを少しアレンジできると素敵です。仕事後でも簡単にできる、TPOに合わせたメイクのちょい足しテクをご紹介。ぜひポイントをマスターしましょう。
セミマット肌で照明を味方に
セミマット肌はツヤ感を残しつつ、肌の光沢感やなめらかさを取り入れたトレンド肌のこと。照明が当たってもテカりにくく、ヘルシーに魅せることができます。セミマット肌で照明を味方にすることでリモート下でもきれいに見えます。

【POINT】

セミマット肌を作るには、パフで押さえ塗り!
セミマット肌を作る場合、パウダリーファンデはブラシ塗りではなく、パフを使うのがコツ。パフでグッと押さえるように、密着させながら塗っていきましょう。くずれやすい小鼻まわりは、パフを折って念入りに押し込んで。塗りおえたら全体を軽くハンドプレスすると、よりフィット感を高めることができます。

リモートメイクでは華やかなリップメイクがカギ
顔色が暗く見えやすいリモート会議は、リップメイクを重視。口元にポイントを置いてそこに視線がいくようにしましょう。やや濃いめのリップを選ぶと、きちんと感もありながらもおしゃれで、リモート下においても目立ち、華やかになります。(モデル使用色:ルージュネス ワイングラス)

【POINT】

ティッシュオフするとリップが密着して落ちにくい
落ちにくいリップメイクには、ティッシュオフが有効。塗ったあとにパクッとティッシュをくわえるだけで唇のシワにまで口紅が行き渡り、密着感も高まります。色ムラが解消されて、もちもよくなるので、仕上がりも美しく。ティッシュオフするぶん、口紅を濃いめに塗るのがコツです。

ルージュネス

内側から血色感がじゅわっとにじみ出たように色づく、ツヤと光がゆらめくルージュ。美容液仕立てで、つけた瞬間に唇がうるおいで包まれます。発色がいいのに透け感があり、肌なじみも抜群。ルージュネス(全8色)

デートメイクは眉で作る横顔の華やかさで勝負!
デートメイクのキーワードは、ずばり“横顔”です。彼と一緒にいるときは、並んで歩く、カウンターのお店で隣に座るなど、横から見られる機会が増えます。お直しでは眉尻を少しだけ長めに描いて、エレガントな横顔美人を意識しましょう。

【POINT】

ちょい長の眉で横顔の目力がUPする
眉が短いと、横から見たときに眉が途切れているように見えてしまいます。アイブローペンシルを使い、眉尻を1~2mmほど長く、しっかり描きましょう。たったこれだけでも洗練された横顔に。さらに、目元までもが横に拡張されたような印象になり、華やかなまなざしが叶います。

秋冬人気NO.1ファンデと、お直しやうるおい補給に大活躍のミストがWEBだけのお得なセットに!

 

9月22日~10月31日までの期間限定で販売中!

オルビスユーミスト+カシミアフィットファンデーション(リフィル)セット

※通販・Web限定

>ご購入はこちらから

島田久美子
オルビス トータルビューティークリエイター。複数の化粧品会社において、アドバイザーとして活躍。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。豊富な接客経験と美容に関する膨大な知識を元に、現在は店舗接客のコンサルティングや育成、各ブランドの美容コンセプトの構築支援を手がける。

 

 

撮影(モデル・ルージュネス)/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/高瀬真奈 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら