新商品

新商品 10/22新着

オルビス ネイルポリッシュ
オルビスユー ミスト
ルースパウダー

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 冬のお悩みも一挙に解決! 季節を楽しむメイク特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

今だけ!冬のセルフネイルアレンジ14
気分を上げる、簡単&楽しいセルフケア/11月のメッセージ
【初級】当ててみよう!「ほうれい線」をケアする&悪化させる行動クイズ
【まずはチェック】あなたの肌がくすむ原因はどれ?
  • ポイントメイク

3251 view

【パーソナルカラー別】2021AWアイテムで作る大人モダンな秋メイク

段々と涼しくなってくると、メイクも秋仕様にシフトしたくなりますよね。今回は、8月23日に登場したAWコレクションアイテムを使用した秋メイクをご紹介!パーソナルカラー別に紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事をお気に入りに追加

■“SENSUAL SCENERY”で叶えるツヤと深みカラーの秋メイク

オルビスの2021年AWは、都会と自然という相反する場所に広がる景色から着想したコレクションを展開。“SENSUAL SCENERY”というテーマで、自分らしい美しさを持って生きていくことができるようなアイテムを展開しています。

2021年AWコレクションでは、唇をふっくら魅力的に見せる「カラーエッセンスリキッド」から定番6色、簡単に立体的なグラデーションを作ることができる「ツイングラデーションアイカラー」から限定2色、光を反射し瞳を輝かせてくれる「イルミラッシュマスカラ」から限定1色が登場します。

2021 AW Makeup collection
“SENSUAL SCENERY” ~感覚的景色~

・オルビス カラーエッセンスリキッド/全6色

・ツイングラデーションアイカラー/ブリンキングシグナル,ドリーミングナイト(数量限定)

・イルミラッシュマスカラ/リフレクティングパープル(数量限定)

次の章からは2021年AWコレクションのアイテムを使用した、メイクルックをパーソナルカラー別にご紹介!一見、「上級者向け?」と思われがちな深みのある秋カラーアイテムも、パーソナルカラーにあったアイテムを選ぶことで取り入れやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\秋メイク2パターン!/

イエローベース向き
ブラウンリップが主役のぬくもりメイク

ブルーベース向き
夜景のようにきらめくパープルメイク

 

■イエベ向き|ブラウンリップが主役のぬくもりメイク
Point

オレンジやブラウンなど、紅葉で色づく木々のようなカラーをふんだんに使用し、ぬくもり感のあるメイクに仕上げます。

今回のメイクの主役となる口元には、リップメイクの楽しさを思い出させてくれるようなツヤのあるブラウンをチョイス。全体的に秋らしい深みのあるカラーを使いながらも、シアーな質感のものを選んだり、眉やチークをふんわり仕上げたりすることによってナチュラルな印象に。

<EYE>

上まぶたは、肌になじみやすいイエロー(A)とボルドー(B)のアイカラーを混ぜてON。赤みのあるブラウンを目のキワが濃くなるようにグラデーションに塗っていきます。目尻側を長めに引いたアイラインの上に、アイカラーチップでイエローをカラーライナーのようにのせてアクセントに。下まぶたは、ボルドーのアイカラー(B)を目尻1/3に入れて深みをプラスします。

まつ毛にはパープルのマスカラ(C)を根元からしっかり塗り、さりげないトレンド感を演出します。眉は、全体の形をパウダーでナチュラルに。仕上げにアイブローマスカラで少し毛を立ち上げることで大人っぽいカジュアルさを加えます。

<CHEEK>

チークはコーラルベージュ(D)を斜めに入れます。ほんのりとした影色がシャープで大人っぽい雰囲気を醸し出してくれます。

<NAIL>

合わせるネイルは、絶妙な渋みが魅力のマスタードカラー(F)。秋冬の装いをやわらかく彩ってくれますよ。

■ブルベ向き|夜景のようにきらめくパープルメイク

Point

ブルベさんが得意なブルーやパープルといった寒色にパールの質感をプラス。都会の夜のようなきらめきをメイクで再現します。寒色系のアイカラーは、色味を濃くのせすぎてしまうと古く見えてしまうので要注意。小範囲から少しずつぼかしてふんわりと仕上げましょう。パープルのカラーマスカラで統一感を出すのも今年らしく見えるポイントです。

リップには秋らしいワイン色と華やかなパールの組み合わせ。クールだけどどこか女性らしい、季節感のあるメイクに仕上がります。

<EYE>

アイホール全体に淡いパープルのアイカラー(A)を広げ、ブルー(B)をアイラインのように目のキワにのせますこのとき、目尻側を長めに入れるのがポイントです。散りばめられたパールが、都会の華やかさを演出してくれます。下まぶたには、淡いパープル(A)を目尻側1/3にオン。アイカラーをふんわりとのせる分、ブラックのアイライナーでまつ毛の隙間をしっかり埋め、フレームをしっかり際立たせます。

マスカラは深みのあるパープル(C)を使用。まつ毛の根元からしっかり塗り、目尻側は重ね塗りを。切れ長で大人っぽい目元が完成します。最後はアイブロー。眉尻はペンシルでしっかりラインをとり、眉頭はパウダーでふんわりと仕上げてバランスをとって。全体としては、長めのアーチ型を意識し、ナチュラルな大人眉に仕上げましょう。

<CHEEK>

チークは、透け感のあるピンクカラー(D)をチョイス。可愛らしい色味な分、頬骨に沿ってシャープに入れるのがコツ。リップとのバランスを見ながらにじむような血色感を加えましょう。

<LIP>

リップは、季節感のあるワインカラー(E)とクリアなパールカラー(F)をダブル使い。全体に深みのあるワインカラーをのせてしっかり発色させ、上下の唇中央のみパールカラー(F)を重ねるのがポイントです。立体的で目を引く口元に仕上げます。

<NAIL>

合わせるネイルは、青みパールのニュアンスを感じるローズ系(G)を。甘さと大人っぽさを兼ね備えたカラーはONにもOFFにも大活躍。暗くなりがちな秋冬のファッションを明るく彩ってくれます。

■2021年AWコレクションで秋メイクを楽しんで

人気アイカラーの限定色や、新たな高発色リキッドルージュなど、この秋もメイクを楽しめるアイテムが続々と登場しています。秋にぴったりの深みカラーを使うときには、どこかで抜け感を加えてナチュラルに仕上げるのがおすすめです。ぜひオルビスのAWコレクションを使って、自分らしい美しさを叶えてみてくださいね。

 

監修/柳野理恵
撮影/永澤結子
編集/清水尚美

お買いものはこちら