読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • ポイントメイク

1278 view

ヘルシー&いきいきした、トレンドの「毛流れ生かし」眉/引き出すメイク

さまざまな分野で活躍する輝く女性をフィーチャー。毎日をここちよく、ポジティブに過ごすために。自分らしさや本来の美しさを引き出す、メイクテクニックをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

ヘルシー&いきいきした、トレンドの「毛流れ生かし」眉

今の眉のトレンドは、長さや形よりも「質感」が大事。「描いて整えられた眉」よりも、毛流れを感じるナチュラルな眉を目指しましょう。まるで自眉のように見えたら正解です。

そのためにマストなのが、グレーのペンシルアイブロー。より自眉の色に近いグレーのペンシルを使って毛のない部分に1本1本描き足すことで、まずは「疑似自眉」を完成させます。さらに眉マスカラで立体感をプラスするのも大事なポイントです。マスカラによって眉全体にボリューム感が出ることで、ふさふさっとした印象に。

毛流れのある眉はエネルギッシュな雰囲気を醸すので、ヘルシーでいきいきとした表情作りにおすすめのテクニックです。

STEP1

グレーのペンシルで、毛を描き足す

グレーのペンシルアイブローを使って、毛のない部分に描き足していきます。眉を形作るのではなく、すき間に1本1本毛を生やすようなイメージで行うと、より自眉っぽく仕上がります。

1.スクリューブラシでとかす

毛流れに沿ってとかす。眉毛の間に溜まったベースメイクなどを取り去ることで、毛のないすき間が浮き彫りに。

すき間をなくすように、描き足す

ペンシルを小さく動かして、1本1本描き足していく。ペンシルの角を使って、なるべく細く、繊細に。

Item

ペンシルアイブロー グレー

太くも細くも描ける楕円芯が、1本1本描き足すような細かな眉メイクにも対応。汗や皮脂をしっかりはじき、長時間美眉をキープできる。スクリューブラシつきで一石二鳥。

 

STEP2

マスカラでふさふさ眉に

マスカラでメイクするのは、ボリューム感。眉の表にも裏にも丁寧に塗ることで、ペンシルで作った「疑似自眉」をキープしたまま、ふさふさした毛流れをプラスします。

1. ブラシの先端についた液をオフする

液が溜まりやすいブラシの先端だけ、軽くティッシュオフ。このひと手間で、マスカラが肌にベタッとつくことなく、美しい仕上がりに。

2. 眉尻から眉頭に向かって塗布

眉の裏にマスカラを塗る。眉尻から眉頭に向かって、逆毛を立てるようにブラシを動かす。ブラシを毛に引っかけるようなイメージで。

3. 毛流れに沿って眉の表側に塗る

眉頭から眉尻に向かってブラシを動かし、眉の表側に塗布。力を入れず、眉の表面をふわっふわっとなでるように。

Item

アイブローマスカラ ブラウン

自然な立体眉を簡単に作れる、スムースパウダリー処方。またダイヤ型のコンパクトなブラシは、ムラなくキレイに塗ることができ、地肌にもつきにくいので初心者にもおすすめ。


今月のモデル

瀬間春菜さん

フレグランスデザイナー。「私だけが知っている私の望む香り」をテーマにオーガニック・野生種の精油・天然香料を使用して香りをデザイン。パーソナルな香りの診断や化粧品の香り監修、企業・イベント・ホテル・結婚式の空間演出など幅広く活躍中。

教えてくれたのは…

長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト。簡単にキレイを更新できる、独自のメイクテクニックが大きな話題を呼び、女性誌の連載や著書も多数。近著に『時間がなくても大丈夫!10分で〝いい感じ〞の自分になる』(扶桑社)。

撮影/中垣美沙 スタイリング/高上未菜

お買いものはこちら