読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • スキンケア

2476 view

大人のキレイ相談室-年齢を重ねてからのメイク-

オルビスWebサイト内「キクラボ」で募集した、美容の悩みにお答えします。

この記事をお気に入りに追加

今回のお悩み-年齢を重ねてからのメイク-

年を取ってからのメイクの仕方。
若い人のメイク例ばかりなので、色合いなど悩む。
若作りになるのも嫌だし、派手になるのも嫌なので。
(ペンネーム きらきらさん)

まつ毛や眉など“毛”を強調して 頬にはツヤと立体感をプラス

若作りや派手な印象になるのは避けたいと悩む、きらきらさん。年齢を重ねた大人が、自然に若々しく見せるために意識したいポイントは2つあります。まずは、まつ毛や眉など若さを象徴する“毛”を強調すること。まつ毛はビューラーでしっかりとカールさせて、マスカラは根元から塗布。重力で下がったまぶたがキュッと上がって見えます。さらに、眉山の下にハイライトをプラス。色と光のコントラストで眉に立体感が生まれ、明るい目元が叶います。

そして、もう1つが肌。年齢を重ねると、乾燥やごわつき、たるみによる影などが顕著になり、顔全体が暗く見えてしまいます。ですが、明るく見せたいからといって、ファンデーションを厚塗りするのはNG。特に粉ものをたくさんのせると、シワに入り込んだり毛穴落ちしたりして、かえって老けた印象に。顔を均一に明るくするのではなく、頬骨の高いところにハイライトを仕込み、内側からにじみ出るようなツヤめきを目指しましょう。頬も上がって見えるので、メリハリのある顔印象を作れます。

 

Pick up items

イルミラッシュマスカラ ブラック

ひと塗りでまつ毛をもち上げて、しなやかなカールをキープ。
セパレートされた美しい仕上がりに。

グロウスキンコンパクト

上品なパールで血色感とみずみずしいツヤを引き立てる、チークベース&ハイライト。

Profile
島田久美子
オルビス トータルビューティークリエイター。豊富な接客経験と美容知識をもとに、店舗接客コンサルティングやブランド構築支援を手がける。

 

お悩み募集中!
「大人のキレイ相談室」では、美容のお悩みをオルビスWebサイト内「キクラボ」で募集しています。ふるってご相談ください!

イラスト/山中玲奈 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら