新商品

新商品 10/22新着

オルビス ネイルポリッシュ
オルビスユー ミスト
ルースパウダー

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 冬のお悩みも一挙に解決! 季節を楽しむメイク特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年11月号】
キャンペーン中のアイテムまとめ【21年10月22日版】
ネイルカラーとアクセサリーのおしゃれバランス|この冬は、手元から気分を高めて#1
私らしく働く、生きる#5
  • 私らしく働く、生きる#5

    オルビス ディフェンセラがサポートする、全国の伝統工芸職人を訪ねる連載企画。好きな仕事を選び、一生懸命に生きる職人…

  • スキンケア

1750 view

なかなかとれない黄ぐすみは「糖化」のサイン!?あなたの肌の糖化度をチェック!(後編)

食事などから摂った余分な糖が体内のタンパク質などと結びつき、体の不調や老化に直結する「糖化」。前編では、あなたがどれくらい糖化しやすい生活習慣を送っているかをチェックしました。後編では、肌や美容にスポットを当てます。あなたの肌の糖化度をチェックしましょう。

この記事をお気に入りに追加

あなたの肌の糖化度をチェック!

前編でも解説したように、糖化はいわば「身体のコゲ」。焼く前は白くてふわふわだったパンが、焼いた後にこんがりと硬くきつね色になるように、体内のあらゆる器官の劣化を進めてしまいます。

それは肌に関しても同じことが言えます。肌の糖化が進むと様々な肌トラブルが起こり、年齢よりも老けて見られる原因となってしまいます。では具体的にはどんな症状があらわれるのでしょうか?

 

まずはあなたの現在の肌の状態から、糖化の可能性をチェックしてみましょう!

<肌の糖化度をセルフチェック!>

□肌が黄色っぽくくすんでいて、透明感がない

□美白ケアや日焼け対策をしても肌が明るくならない

□顔全体にハリや弾力がない

□肌表面が硬くごわつく感じがする

□肌の乾燥が激しい

□化粧水のなじみが悪くなった

□口角が下がり、たるみが気になってきた

□白目が濁ってきた気がする

チェックした数が多ければ多いほど、肌の糖化が進んでいる可能性が大!

糖化により現れる症状は、一般的な老化と似たようなものも多いため見分けがつきにくいですが、特に一番上の「黄色っぽいくすみ」にチェックをつけた場合や、上記の症状が5つ以上思い当たる場合、前編の生活習慣チェックでも5つ以上当てはまった場合は、糖化の進行を疑った方がよいかもしれません。

 

それでは、肌の中で何が起こっているか、詳しく見ていきましょう。

■肌が糖化するとどうなるの?

肌の若々しさを保つコラーゲンやエラスチンは主にタンパク質でできています。これらが糖と結びつき「AGEs(エー・ジー・イー:最終糖化産物)」となると、硬くなり、弾力性や柔軟性が低下してたるみやごわつきの原因になります。さらに、AGEsそのものが褐色であることから、肌にたまると黄色くにごったように見えてしまいます。肌が糖化することで、見た目の印象が老けてしまうのはもちろん、皮膚機能そのものが低下し、老化が進行しやすくなってしまうのです。

 

■肌の糖化が気になったら?

「私の肌、もしかしたら糖化しているかも…?」と思ったあなた。まずは今日から、食生活や運動など、生活習慣の見直しに取り組んでみてください。

>>詳しくは前編へどうぞ:【あなたの生活習慣をチェック!】老化の元凶・「糖化」っていったい何?

 

では、肌のお手入れはどうしたらよいのでしょうか*?

オルビス トータルビューティークリエイターの島田久美子に聞いてみました。

*糖化により現れがちな肌悩みに対応するお手入れをご紹介しています。

 

①保湿をしっかりと

糖化した肌は、肌が硬くなりごわつきがち。そのためまずはスキンケアの基本である保湿を丁寧に行ってください。化粧水がなじみにくい場合は、少量ずつハンドプレスしながら重ね付けしていくと、保湿効果が高まりますよ。

また、使い続けるうちに、ついついお手入れが自己流になってしまう方も多いため、正しい使用方法正しい使用量を、定期的におさらいしてみるのも重要です。オルビスでは、主な商品の正しい使い方を動画でご紹介していますので、ぜひ活用してみてくださいね。(「キレイをかなえるHOW TO動画」シリーズ)

 

②年齢サインや色にごりに着目したアイテムを選ぶ

乾燥、ハリ、ツヤのなさといった年齢サインや、色にごりによるくすみ硬さやごわつきなど、糖化によりあらわれやすい肌トラブルに対応したアイテムを選びましょう。

ハリや色にごりに着目したエイジングケアアイテムや、シワ改善効果のある美容液などで丁寧にお手入れをすることで、若々しい見た目印象が目指せますよ。

 

③UVケアは欠かさずに

紫外線が当たると糖化が促進されると言われています。そのため、毎日のUV対策は欠かさず行いましょう。秋冬も油断せずに、年間を通したケアが大切です。

 

一旦糖化してしまうと、なかなか改善することは難しいため、まずは予防が重要。少なくともこれ以上の悪化を食い止めることを意識しましょう。生活習慣の改善を心がけながら、肌のお手入れを正しくきちんと継続することが大切です。ぜひあきらめずにお手入れを続けてみてください。

 

糖化に気をつけた生活で、美しく健康に

身体の不調や肌の老化を引き起こしてしまう糖化。もしかしたら私もそうかも、と思い当たった方も多いのではないでしょうか。

毎日の積み重ねが大きく影響するため、ぜひ今日から糖化を意識した生活や、肌のお手入れを心がけてみてくださいね。

 

イラスト/二階堂ちはる

取材・文/伊藤幸子

お買いものはこちら