新商品

新商品 10/22新着

オルビス ネイルポリッシュ
オルビスユー ミスト
ルースパウダー

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 冬のお悩みも一挙に解決! 季節を楽しむメイク特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年11月号】
キャンペーン中のアイテムまとめ【21年10月22日版】
ネイルカラーとアクセサリーのおしゃれバランス|この冬は、手元から気分を高めて#1
私らしく働く、生きる#5
  • 私らしく働く、生きる#5

    オルビス ディフェンセラがサポートする、全国の伝統工芸職人を訪ねる連載企画。好きな仕事を選び、一生懸命に生きる職人…

  • ポイントメイク

1240 view

くすみをOFFして血色ON!秋のラベンダーメイク

季節の変わり目はくすみやごわつき、乾燥、毛穴の目立ちなどが気になるもの。いつも通りにメイクをしても、思った仕上がりにならないこともありますよね。今回ご紹介するメイクルックは、季節の移り変わりに合わせて使用するカラーも夏の鮮やかなものから秋らしい深みカラーへシフト。ラベンダーカラーを取り入れつつ、季節特有の肌悩みもカバーしましょう。

この記事をお気に入りに追加

くすむ、ごわつく…秋メイクでの肌悩み

秋は季節の変わり目。ベタつきや日焼けが気になっていた夏から、今度はくすみやごわつき、乾燥、毛穴の目立ちなど、肌悩みも変わってきますよね。

秋にはこんなメイク悩みが…

・肌全体がくすんで見える
・ごわついてファンデーションのノリが悪い
・乾燥でメイクが崩れる

季節によって変わる肌悩みには、メイク方法も変えて対応しましょう。上記のようなお悩みを解決する秋メイクを紹介します。

肌悩みをカバーする秋のベースメイク

ラベンダーカラーとツヤ質感

ベースメイクのポイントは色とツヤ。黄ぐすみを抑えて血色感と透明感をアップさせるラベンダーカラーと、みずみずしいツヤ肌を叶える下地とファンデーションを選びます。ラベンダーカラーの化粧下地、スムースキープベースUV(A)と、ウォータリーグロウリキッドファンデーション(B)で崩れにくいツヤ肌に。どちらもフェイスラインにはあまりつけないようにするのがポイントです。

フェイスパウダーの限定色、スノーアメジスト(C)は、両頬・額にのせ、鼻や口・目周り・フェイスラインには薄くオン。自然な透明感と血色感をプラスし、くすみを飛ばします。

Recommend Item

A:スムースキープベース UV

皮脂による黄ぐすみを払い、血色感も透明感も手に入るラベンダーカラーの化粧下地。秋冬でも油断できない皮脂崩れやテカリを抑え、フレッシュな仕上がりをキープしてくれます。

B:ウォータリーグロウリキッドファンデーション

気になるアラはきっちり隠しながら透明感を損なわない、“透け感カバー”なリキッドファンデーション。光の反射を利用してみずみずしくヘルシーなツヤ肌を生み出します。

C:ルースパウダー/スノーアメジスト(数量限定)

リキッドファンデーションのツヤを活かしながらサラツヤ肌に仕上げるルースパウダー。数量限定で再販中の「スノーアメジスト」は、透明感を引き出す“青み”と血色感を与える“赤み”の絶妙な色設計。大人の気になるくすみを払い、明るく澄んだ肌に仕上げてくれます。

色どりをプラスする秋のポイントメイク

透明感を引き出す深みカラー

ポイントメイクではやはり秋らしい色味を使いたいところ。気分が高まる深みカラー、かつ透明感をアップさせる色を選びます。

EYE & EYEBROW

印象を大きく変えるのはやはりアイメイク!まずはマルチクリームアイカラー(D)を眉下まで広めにのせ、くすみやすい目元を明るく見せます。

アイカラーはベースで仕込んだラベンダーカラーと相性抜群の青みピンクがおすすめ。ツイングラデーションアイカラーのシュガーストームを使用します。ライトカラー(E)をアイホール全体にふんわりのせたら、ディープカラー(F)を二重幅に入れ、目尻はやや長めに伸ばして目を大きく見せます。下まぶた全体にはライトカラー(E)をふんわり入れて、透明感を引き立てましょう。

アイラインはでまつ毛を埋めるように自然に描き、アイカラーが引き立つようにするのがポイント。マスカラも秋の限定色リフレクティングパープル(G)を使い、自然な長さを意識して上下につけます。

青み系のアイカラーを使用する際に注意したいのが眉メイク。角度のある細眉にしてしまうとコンサバに寄りすぎてしまうので、できるだけナチュラルに仕上げることを意識しましょう。アイブローの色は髪よりやや明るめのものを選び、顔全体を明るい印象に。パウダータイプのアイブローで全体をやや太めに、眉山はなだらかにふんわりと描いていきます。アイブローマスカラで眉頭の毛を上に立ち上げ、ナチュラル感を演出しましょう。

CHEEK&LIP

チークはライトブラッシュのプラム(H)をふんわり入れます。さらに、グロウスキンコンパクトの左側のチークベース(I)を頬の高い位置にだけポンポンのせ、しっかり血色感を出しながらもツヤを足すことで素肌感をプラス。右側のハイライト(J)はTゾーン、顎先、Cゾーン、目頭にポンポンのせて濡れたようなツヤを出します。

リップはこの秋の新アイテム、カラーエッセンスリキッドのレッドブルーム(K)をチョイス。内側から外側に向かってポンポン指で塗り、輪郭はとりすぎないように気をつけて。じわっと滲んだような血色リップに仕上がりますよ。

NAIL

ネイルは青パールがきらめくドライローズ(L)を使用。手肌の透明感を引き立ててくれるカラーです。

Recommend Item

D:マルチクリームアイカラー

アイカラーの発色を引き立てるクリームタイプのアイカラーベース。単品使いももちろんOK! 繊細なパールが角度によって瞬き、目元を立体的に見せてくれます。

E・F:ツイングラデーションアイカラー/シュガーストーム

透明感を引き出す青みピンクとモーヴブラウンがセットイン。繊細なパールと甘すぎない色設計が大人にも使いやすい!

G:イルミラッシュマスカラ/リフレクティングパープル(数量限定)

夜に反射する都会の光をイメージした深みパープルのマスカラ。どんなアイカラーにも合わせやすく、目元のニュアンスチェンジにぴったり。

H:ライトブラッシュ/プラム

肌の内側からにじみ出るような血色感を与えるチークカラー。プラムは落ち着いたトーンの赤みパープルで、透明感を引き出す効果も。

I・Jグロウスキンコンパクト

2色のパールがみずみずしいツヤを引き立てる*1、練り状のチークベース&ハイライト。チークベースはナチュラルに仕上げたいときのチーク代わりにも◎。もともと血色がいいかのように見せてくれますよ。

*1 メイク効果による

K:カラーエッセンスリキッド/レッドブルーム 

1本で発色とツヤを叶えるリキッドルージュです。レッドブルームは存在感をプラスする王道レッド。透け感のある質感なので派手見えしすぎずヘルシーな印象に。

L:ネイルポリッシュ/ドライローズ 

大人の指先を美しく彩る速乾ネイルカラー。ドライローズはピンクと青みパールの組み合わせで甘くなりすぎないのが◎。単色塗りでも大人の指をエレガントに彩ってくれます。

秋は「透明感」「深み色」をキーワードにメイクを楽しんで

秋ならではの肌悩みを解消してくれる「ラベンダーカラー」「ツヤ質感」、季節感を演出する「深み色」を組み合わせれば、透明感あふれる秋メイクが完成!この秋の限定アイテムなども取り入れて、季節のメイクを楽しんでくださいね。

監修/赤井未来
撮影/永澤結子
編集/清水尚美

お買いものはこちら