読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • ライフスタイル

365 view

プラスアルファのついでテクでもっとキレイに|お風呂でできる美容アイデア10 #2

寒い季節、冷えたからだを温めるお風呂タイムは至福のひととき。巡りがアップするので、肌や髪、ボディをケアする絶好のチャンスにも。冬のお風呂を楽しみながらキレイになる、10 のコツをご紹介します。#2では、毎日のお風呂に手軽にプラスできて、キレイを目指せる方法を専門家に伺いました。お役立ちアイテムも満載!

この記事をお気に入りに追加

温かさや湿度を利用して全身をここちよくケア

温度やタイミングを守って入るだけで、いいこといっぱいのお風呂。

「お風呂ならではの環境を利用した工夫で、美容効果はもっとアップしますよ」と小林麻利子さん。

「お湯につかることでからだが温まり、血流がよくなります。毛穴も開くので、顔やボディ、頭皮の古い角質や汚れ、余分な皮脂が落ちやすい状態に。ゴシゴシこする必要がないので、洗いすぎによる乾燥も防げます。また、入浴中の保湿パックもおすすめ。肌が水分をキープしやすくなり、保湿効果がアップします」

気をつけたいのが入浴後。肌が乾燥しやすく、冬の水分蒸発量は夏の約2倍にも!

「ボディケアは、肌の湿度を逃がさないよう浴室内で行うのがおすすめ。フェイスケアは浴室を出て5分以内に、念入りに行いましょう」

 4 洗顔は髪を洗ってから毛穴が開いたタイミングで
洗顔は、洗髪後に行いましょう。シャンプーをすると頭皮の血行がよくなり、全身の巡りがアップ。顔の毛穴も開き、汚れが落ちやすくなります。寒い時季は足湯をしながら洗顔すれば、からだも冷えません」(小林さん)。洗髪後に洗顔することで、シャンプーやトリートメントの流し残しも防げます。

 Item

 

一つ一つ手作業で2種類の生地を重ねることで、もっちり濃密な泡が簡単に。

オルビス ユードット オリジナル泡立てネット

 

丁寧に織ったガーゼを8重に。肌に柔らかくなじみ、お風呂での蒸しタオルにもおすすめ。

オルビス ユードット オリジナル8重ガーゼタオル

 5 シャンプー前の湯シャン&シャンプーブラシで頭皮の毛細血管の血流をアップ

シャンプーがしっかり泡立つ土台を作るのに役立つのが、シャンプー前の湯シャン。「髪のもつれを解いてから、頭皮を約3分間お湯でしっかりすすぎましょう。シャンプーをするときは、柔らかくてピンが長めのシャンプーブラシを使うと、かたくなった頭頂部やこめかみをほぐせるのでおすすめです」(小林さん)

 6 からだはたっぷりの泡で皮脂が出やすい部分を中心に洗う

からだを洗いすぎると、肌に必要な成分まで失う可能性が。「お湯につかるだけでも、汚れや余分な皮脂は流れ落ちます。特に寒い季節は乾燥しがちなので、ゴシゴシ洗いは避けて。背中やワキの下など皮脂の分泌量が多い部分、角質がたまりやすい足裏などを中心に、たっぷりの泡で洗いましょう」(小林さん)

Item

 

シルク由来の洗浄成分が、うるおいを保ちながら、しっとり肌に洗い上げる。

リリースバイタッチ ボディシャンプー

 

ふわふわのパイルが繊細な泡を作り、やさしくなで洗いをするだけで汚れがすっきり。

リリースバイタッチ ボディウォッシュグローブ

 7 入浴中のクレイパックでお風呂上がりの肌がもちもちに

「入浴後5分を過ぎると急激に肌の乾燥が進みます。でも、入浴中にパックなどで保湿ケアをすることで、肌に水分を閉じ込めることができます」(小林さん)。

コフレ限定アイテムのクレイバスは、フェイス・ボディパックとしても、入浴剤としても使えて、お風呂美容にぴったり。スパ気分を楽しみながら、なめらかな肌に。

Item

 

ミネラル豊富なフランス産クレイ※を配合。余分なものを取り除き、クリアな肌へ。

リリース&フロウ クレイバス(リリース&フロウスパ バイ オルビスユー同梱商品)

※カオリン配合=やさしく余分な皮脂や汚れを吸着する成分。

 リリース&フロウ クレイバスの2つの使い方

■フェイスパック・ボディパックとして

●お手持ちの容器(金属・プラスチック・ステンレス製以外)に1袋分を入れる。水30mLを少量ずつ入れて混ぜ合わせ、耳たぶくらいの柔らかさになったら、顔やからだにまんべんなく塗布。5~10分くらい肌に置き、クレイが乾く前に洗い流す。

●入浴しながら少量をパックとして使用したい場合は、手のひらに適量のクレイパウダーをのせ、少量ずつ水を加えて指先でこねるようになじませてから、肌にのせる。

■入浴剤として

●浴槽に1袋分を振り入れて溶かし、お湯につかる。入浴後はからだをシャワーなどで洗い流す。

 

※商品表示の「ご使用方法」をお読みいただき、「ご使用方法」に沿ってお使いください。

 

教えてくれたのは…

小林麻利子さん

眠りとお風呂の専門家。SleepLIVE株式会社代表取締役。公認心理師。科学的根拠のあるデータを元に女性の美を引き出すスペシャリスト。『入浴の質が睡眠を決める』(カンゼン)など著書多数。

 

イラスト/コナガイ香 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら