読み物

読み物-日々をここちよく-

キャンペーン中のアイテムまとめ【21年12月1日版】
心とからだを癒やす、年末のおうち時間/12月のメッセージ
【冬の美白#1】紫外線量が少ない今こそお手入れのチャンス!|美肌レッスンA to Z
【冬の美白#2】乾燥ケアをしながらクリアな肌を目指す!お手入れメソッド|美肌レッスンA to Z
  • スキンケア

3474 view

【初級】当ててみよう!「ほうれい線」をケアするor悪化させる行動クイズ

顔の印象を大きく左右する「ほうれい線」。頬を支えている筋力が衰え、肌内部のコラーゲンなどが減少・変性しハリが失われることで、ほうれい線が目立つようになると言われています。加齢とともに誰しもが直面し、ベストなケア法を模索してさまよいがち(?)なほうれい線問題。正しいお手入れ方法、悪化させない習慣、あなたはどれだけ知っていますか?

この記事をお気に入りに追加

ほうれい線のケアになっている?〇×クイズ

以下の行動は、ほうれい線のケアに繋がっているでしょうか?
ほうれい線のケアになっていると思ったら「◯」、なっていないと思ったら「×」で答えてください。
クイズは10問あります。当ててみてくださいね!

 

Q.1 美容液やクリームは、小鼻の下からほうれい線に沿って、なじませている。ほうれい線のケアになっている?

正解「×」

小鼻の下から口元に向かってなじませることは、「下方向に」ほうれい線を引き下げてしまうことになるので逆効果! スキンケアアイテムは、上の図のように「引き上げながら、つける」ようにしましょう。また、摩擦は厳禁。肌が動かない状態のまま、擦らないように心がけましょう。

 

Q.2 室内でも室外でも、欠かさず日焼け止めを塗っている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「〇」

紫外線のUV-Aは波長が長く、肌の真皮まで浸透し、肌内部のコラーゲンを変性させてしまいます。日焼けを引き起こすUV-Bと比べ、UV-Aは雲や窓ガラスを通り抜けやすく、UV-Bよりも多く地上に降り注いでいるので、天気や季節に関わらず、また、室内にいてもUV対策は怠らないようにしましょう。

 

Q.3 定期的に、頭皮をほぐす「頭皮ケア」をしている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「〇」

頭皮と表情筋は皮膚1枚で繋がっているので、頭皮が硬いと、自然と表情筋も凝りやすくなります。表情筋の凝りは筋力の衰えを引き起こし、ほうれい線が深くなってしまうことに…。反対に、頭皮が柔らかいと、表情筋を始めとする顔の筋肉がピンと張った状態。顔全体が上がりやすくなります。

 

Q4. スキンケアはエイジングケア*2に適したものを使っている。ほうれい線のケアになっている?
*2 年齢に応じたお手入れ

正解:「〇」

ほうれい線の大きな要因は加齢。肌内部のコラーゲンやコラーゲンを束ねるエラスチンが減少・変性し、肌表面を支えている内部のブリッジ構造が乱れることで、肌が下方向に下がります。

 

Q.5 スキンケアは、力を入れて、ほうれい線をしっかり伸ばしながら行なっている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「×」

皮膚が伸びるくらいに、力を入れるのは逆効果。肌の真皮はエラスチン線維とコラーゲン線維が網目状になることでハリを保っていますが、年齢を重ねると緩んでしまいます。そこに過度な力を加えてしまうと、網目が切れ、ほうれい線がさらに深くなることも。ほうれい線部分は、下から上へ、力の入らない薬指を使って優しくなじませましょう。

 

Q.6 ほうれい線を深くしたくないので、大げさな表情はしないようにしている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「×」

表情や口元をあまり動かさないようにすると、肌を支えている表情筋が衰えてしまいます。表情筋の低下は筋線維の緩みにも繋がり、ほうれい線が深くなる要因に。マスク生活が続き、人と話す機会が減った今だからこそ、積極的に表情筋を動かすケアをしてみましょう。

 

Q.7 日中、こまめに口周りの保湿をしている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「〇」

ほうれい線のラインは、乾燥している部分ほど深くなり、目立ちやすくなります。特に水分と皮脂が少ない口周りは、顔の中でも乾燥しやすい部分。日中は、ミストやメイクの上から使えるタイプの保湿アイテムを塗り、乾燥対策を行いましょう。

 

Q.8 右側のほうれい線だけ深くなってきたので、悪化しないよう、左側を下にして寝るようにしている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「×」

片側を下にして横向きに寝る時、下になっている方の肌は常に枕で摩擦を受けている状態。顔のバランスが崩れてほうれい線ができやすくなるだけでなく、摩擦により肌の乾燥が進み、悪循環に。肌への刺激を避け、なるべく上向きで寝るようにしましょう。

 

Q.9 スマホを使う時は、なるべくうつむかないような姿勢を心がけている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「〇」

顔がうつむくと、重力によって表情筋も下がりやすい状態になります。その状態を続けると、顔全体がたるみやすくなり、結果としてほうれい線が深くなる可能性が。スマホを使う時は、画面と目線の高さを合わせるようにするのがベストです。

 

Q.10 リフレッシュのため、化粧水は肌をたたきながら入れている。ほうれい線のケアになっている?

正解:「×」

擦ったり、たたいたりと、肌に物理的な刺激を与えるのは避けましょう。それが肌の乾燥やターンオーバーの乱れに繋がり、ほうれい線が深まる要因にもなります。スキンケア時だけでなく、メイクの時にも要注意。パフを使ってファンデーションを塗る時は、肌の上でパフを優しく滑らせるようにして、肌を動かさないようにしましょう。

 

ほうれい線のケアは、毎日コツコツと。継続が結果につながる!

ほうれい線は、エイジングだけでなく、乾燥や肌への刺激、日常の癖など、細かな要因が重なって深くなります。つまりは、毎日のちょっとした意識とお手入れで、十分ケアできるということ。正しいお手入れや表情筋を鍛えるエクササイズなど、日々できることから始めていけば、必ずあなたの肌は応えてくれます。今日から始めましょう!

 

 

編集/間野加菜代(Cumu)
イラスト/二階堂ちはる
監修/島田久美子 赤井未来

お買いものはこちら