読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • ポイントメイク

446 view

ニットコーデのマンネリ改善!色別で見る 似合わせメイクHOW TO

冬のコーディネートで大活躍するニットですが、いつもワンパターンに見えてしまったりカジュアルになりすぎてしまったりと、お悩みを感じている方もいるのでは?そこで今回は、ニットを着る日のメイクにフォーカス。ベーシックなオフホワイトニットと、鮮やかなカラーニットとニットの色別におすすめのメイクルックをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

ベーシックニット|ピンクとオレンジの血色盛りメイク

まずご紹介するのは、ベーシックなオフホワイトのニット。白系のトップスは、レフ板効果で顔周りを明るく見せてくれるものの、色がない分ボヤッとしてしまいがちという難点もあります。

また、ベーシックカラーのアイテムは使いやすい反面、着こなしやメイクも合わせた全体の雰囲気がマンネリ化しやすいもの…。そこでメイクでは、色や質感でほどよくアクセントを足し、メリハリ感を出してあげるのがよいでしょう。

Point

やわらかい印象のオフホワイトニットには、暖色を取り入れた“血色盛りメイク”がおすすめ!アイカラーにオレンジ、チークにピンク、リップにレッドを取り入れることで華やかに。 ボヤけたり血色のなさでくすんで見えたり…お悩みの多い大人の肌をいきいきと見せてくれますよ。

<EYE>

アイカラーベース(A)をアイホール全体に広めにのせ、目元に明るさをプラス。上から同じくアイホール全体にオレンジのアイカラー(B)をのせ、ブラウン(C)をアイホールの半分ほど、目を開けた時に見える範囲に塗ります。このとき、ブラウンは色味を出しすぎないようにふんわりのせるのがポイントです。

アイライナーはナチュラルなブラウンを使用。目幅に合わせて引き、優しい目元に仕上げます。マスカラは自然な長さを意識し、上下に軽くつけましょう。

アイブローは髪色よりやや明るめの色を選び、顔全体を明るい印象に。パウダーアイブローで、全体をやや太めに、眉山は丸めに描くのがコツです。

<CHEEK & HIGHLIGHT>

チークは透明感と血色感をプラスしてくれる明るいピンク(D)を使用。頬の高い位置にふんわり広範囲にぼかしながら入れます。濃くなりすぎないように注意しましょう。

また、ハイライト(E)は頬骨と鼻筋のみに使用。白系のニットは光を反射するため、通常よりもハイライトの範囲は狭くしておくのがポイントです。ベースメイクもツヤ肌よりセミマットに仕上げておくのがよいでしょう。

<LIP>

リップには透け感のあるレッド(F)をチョイスします。今回のメイクではアイカラーとチークにもカラーを使用しているため、あくまでもナチュラルな赤にとどめておくのが肝。ここでマットタイプや高発色の赤リップを使用してしまうとやりすぎ感が出てしまうので、注意しましょう。一度塗った後、ティッシュでオフして血色感を上げる程度に仕上げるのもおすすめです。

カラーニット|差し色グリーンのエレガントメイク

続いてご紹介するのはカラーニットです。今回はレモンの実のようなイエローをチョイス。くすみのない鮮やかなカラーを選ぶことで顔映りがはっきり!1枚で存在感が出せるので、コーディネートの主役になるアイテムです。

一見、メイクの色合わせが難しそうですが、コツを押さえれば問題ありません!使用する色とメイクのポイントを絞り、目線が散らばらないように意識します。

Point

カラーニットの時は、その色が持つイメージに合わせてメイクを楽しむのが◎。今回チョイスしたイエローニットはフレッシュでカジュアルな印象が強いので、全体として幼いイメージになりすぎないよう、メイクでエレガントさを演出するのがポイントです。

イエローと好相性のグリーンをアイカラーに使用し、目尻を強調した大人のエレガントメイクに仕上げます。

<EYE>

アイカラーベース(A)をアイホール全体にオン。その上からアイホール広めにベージュのアイカラー(B)を入れ、アクセントとしてグリーンのアイカラー(C)を使用。目尻のみにぼかすように入れます。

アイラインはブラックのペンシルを使用。グリーンのアイカラーに沿うように目尻長めに入れるのがポイントです。マスカラは自然な長さを意識し、上下ともに塗ります。

アイブローは髪の毛よりやや明るめの色を選ぶことで、顔全体を明るい印象に。パウダーアイブローで、全体を少し太めに描き、眉尻は丸みをつけないように仕上げて。

<CHEEK & HIGHLIGHT>

チークはナチュラルな陰影と血色感を意識。濃く入れると印象が強くなり過ぎてしまうので、落ち着いたベージュ系(C)をふんわりと入れます。頬骨に沿って斜めに、ややシャープにいれましょう。

また、ハイライト(E)はCゾーン・頬骨・鼻筋・目の下にしっかりON。ニットの華やかな印象にあわせて、ベースメイクもツヤ質感に仕上げておくのがおすすめです。

<LIP>

リップはローズピンク(F)で華やかな印象に仕上げて。指でポンポンと付け、自然な色味に整えます。

脱マンネリ!着こなしとメイクの幅を広げよう

これからの季節に大活躍するニット。ベーシックなニットとカラーニット、それぞれに合うメイクのコツをマスターすることで、ファッションの幅も広がるでしょう。ぜひ冬のおしゃれとメイクを楽しんでみてくださいね!

監修/福岡直人
撮影/永澤結子
編集/清水尚美

お買いものはこちら