読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • スキンケア

2681 view

【アイテム比較】保湿スキンケア編|チェックリストで見つかる!あなたに合うのはどのシリーズ?

スキンケアの王道である、保湿シリーズ。オルビスには保湿に重点をおいたシリーズが3つありますが、選ぶのに迷ったことはありませんか?そこで今回はチェックリストで3シリーズを徹底比較!あなたにぴったりのスキンケアを見つけてみてくださいね。

この記事をお気に入りに追加

■一番重要な保湿。だからこそしっかり選びたい!

スキンケアで一番重要といっても過言ではない 「保湿ケア」。保湿に重点をおいたアイテムはスキンケアの王道です。

もし、乾燥により肌が不安定な場合や、目立ったエイジングサイン(ハリの低下等)やニキビ、シミソバカスなどがあまり気にならない場合は、保湿スキンケアシリーズを使うのがおすすめ。

でも種類が色々あり、どれを選べば良いか迷ってしまうこともありますよね。保湿はスキンケアの基本だからこそ、自分にぴったりのものを選びましょう。

 

オルビスの保湿スキンケアを一挙ご紹介
オルビスで扱っている、保湿に重点を置いたシリーズは以下の3つ。

 

アクアフォースシリーズ

キメの整ったもちもち肌へ導くロングセラーシリーズ

<ラインアップ> ※価格は定価・税込

・洗顔料 (1,430円)

・化粧水 L/M ボトル入り(1,650円)

         つめかえ用(1,430円)

・保湿液 L/M ボトル入り(1,870円)

         つめかえ用(1,650円)

オルビスアクアシリーズ

オルビスの保湿技術の結晶。乾燥スパイラルを断ち切る保湿シリーズ

<ラインアップ>

・洗顔料 (1,760円)

・化粧水 M/RM ボトル入り(2,200円)

          つめかえ用(1,980円)

・保湿液 M/RM ボトル入り(2,420円)

          つめかえ用(2,200円)

オルビスユーシリーズ

角層のすみずみまでうるおいを巡らせる、ブランドを代表するスキンケア

<ラインアップ>

・洗顔料 (1,980円)

・化粧水 ボトル入り(2,970円)

      つめかえ用(2,750円)

・保湿剤 ボトル入り(3,300円)

     つめかえ用(2,970円)

(※オルビス最高峰*1エイジングケア*2の「オルビスユードット」や、ハリを与えるエイジングケアの「オルビスユーアンコール」も保湿力が高いシリーズですが、今回の記事では保湿をメインとしたシリーズ同士で比較をするため、本格エイジングケアラインは対象外にしています。)

*1 オルビス内保湿力 *2 年齢に応じたお手入れのこと

 

3つとも保湿ケアに重点を置いたシリーズですが、保湿へのアプローチや対応する肌悩み、テクスチャーなどに違いがあるため、自分の肌の状態や目指す肌によって合うシリーズを選ぶことが大切!

 

\選び方のポイント/

1)乾燥レベルや肌状態の違いで選ぶ

2)商品メカニズム(乾燥悩みへのアプローチ)で選ぶ

3)テクスチャーで選ぶ

 

まずはあなたに合うアイテムはどれか、チェックしてみましょう!

以下のA・B・Cの中で当てはまるものが一番多いものを探してみてください。

 

あなたに合うアイテムをチェック!

【A】

□ 口元や頬など、部分的に乾燥を感じる

□ 肌の調子が不安定になることがある

□ 季節の変わり目などに肌がカサつく

□ インナードライ症状が気になる(テカリやベタつきがあるのに洗顔後はつっぱる等)

□ エイジングケアはまだ必要なさそう

□ さっぱりとみずみずしいテクスチャーが好き

【B】

□ 顔全体に乾燥を感じる

□ 冬以外の季節も乾燥が気になる

□ しっかり保湿してもすぐに乾燥してしまう

□ 乾燥による頬の毛穴の開きが気になる

□ 年々、乾燥しやすくなっている気がする

□ しっとりうるおしたいけれど、ベタつきは苦手

【C】

□ 顔全体に乾燥を感じる

□ 化粧水を重ね付けしても肌が乾く

□ 頬の毛穴まわりが若干ゆるんできた気がする

□ キメの乱れやハリの低下など、今まで感じたことのない肌悩みが現れはじめた

□ 日焼けしたわけではないのに顔色が曇りがち

□ そろそろエイジングケアを始めてみたい

□ しっとりとした後肌感が欲しい

Aが多かったあなたは、アクアフォースがおすすめ!

アクアフォースシリーズは、角層レベルで肌を整えてうるおいを貯め、思わず触りたくなるもちもち肌へ導くスキンケアシリーズ。2000年の発売以来、ロングセラーを誇る人気シリーズです。

 

<こんな肌状態の方におすすめ>

アクアフォースシリーズは「乾燥レベル初期」の方におすすめです。乾燥レベル初期というのは、肌の乾燥がまだそれほど深刻ではなく、部分的・表面的な乾燥が気になる…といった段階のこと。

テカリやベタつきがあるのに洗顔後はつっぱる」といったインナードライ傾向のある場合や、毛穴開き・キメの乱れ・化粧ノリの悪さなどのお悩みに適しています。季節の変わり目や空調、紫外線といった外的刺激で肌表面が乾燥してしまっている時にもおすすめです。

アクアフォースシリーズを使うことで、うるおってキメの整ったもちもち肌を目指すことができますよ。    

 

<乾燥悩みへのアプローチ>

乾燥レベル初期の肌では、角層の乱れにより隙間ができ、うるおいを繋ぎとめる力が低下してしまっています。それを解決するために、アクアフォースは角層のすき間を埋めるように浸透、うるおいで満たします。   

さらに「うるおいマグネットAQ*3」がうるおいを抱え込んで水分量を上げ、「うるおいキャプチャーヴェール*4」が空気中の水分までを取り込んで肌にうるおいをプラス。健やかな角層の状態を保ちます。

 

<テクスチャー>

肌にぐんぐんしみこむようなテクスチャー。ローションはサラッとしていて、とろみはありません。モイスチャーは透明のリキッド状。みずみずしく広がり、後肌はさらさら!べたつきが少ないため、重いテクスチャーが苦手な方でも手に取りやすいでしょう。

ローションとモイスチャーはL(さっぱりタイプ)とM(しっとりタイプ)があり、脂性肌~普通肌の人にはL、普通肌~乾燥肌の人にはMがおすすめです。

 

*3 糖脂質(保湿) *4 ポリクオタニウム-51(保湿)

 

Bが多かったあなたは、オルビスアクアがおすすめ!

オルビスアクアシリーズは、乾燥“深刻化”の原因である乾燥因子にアプローチするスキンケアシリーズ。うるおいを再起動*5させ、透明感あふれるみずみずしい肌へと導きます。30年以上「うるおい」にこだわってきたオルビスが作り上げた、高保湿スキンケアシリーズです。

 

<こんな肌状態の方におすすめ>

オルビスアクアシリーズは、しっかり保湿しても、すぐに乾燥してしまう、「乾燥レベル中期」の方に向いています。「年々、乾燥がひどくなっている気がする」、「冬以外の季節も乾燥が気になる」…など、深刻な乾燥に悩む肌をケア。   

その他も「エイジングサイン(ハリの低下など)はまだ気にならないけれど、保湿ケアはしっかりしたい」、「アクアフォースでは物足りなくなってきた」といった方にもおすすめです。

使い続けることで、うるおいに満ちた、透明感溢れるみずみずしい肌を目指すことができますよ。    

 

<乾燥悩みへのアプローチ>

乾燥レベル中期の肌では、肌が元々持っているうるおいを守る機能が弱まり、肌のうるおいが保てない、または蒸発しやすくなっています。

表面をうるおすだけでは満足できない深刻な乾燥が気になる肌は「乾燥スパイラル」に陥っている可能性も。「乾燥スパイラル」とは、「乾燥因子*6」が生まれ、さらにそれらが伝播して増えることで、次第に乾燥状態がひどくなることを指します。

オルビスアクアシリーズでは、その「乾燥スパイラル」に着目。「アクアリッチブースター*7」が角層にアプローチして肌本来のうるおう力をサポートし、うるおいを長時間キープします。ストレスや生活習慣の乱れに負けず、健やかでうるおいに満ちた肌へ!    

 

<テクスチャー>

しっとりリッチ。しかしべたつかず、みずみずしい使用感。ローションはとろみがありリッチな感触ですが、瞬時に心地よくしみわたります。モイスチャーはプルプルとしたジェル状で肌に溶け込むように一体化。後肌は意外とべたつかないのも特長です。

ローションとモイスチャーはM(保湿タイプ)とRM(高保湿タイプ)があり、それぞれ普通肌~乾燥肌、乾燥肌~超乾燥肌に向いています。

 

*5 肌を整え、うるおいを保つこと *6 角層・キメの乱れのこと *7 ムラサキシキブ果実エキス、ワイルドタイムエキス、加水分解イネ葉エキス=肌をととのえうるおいを保つ保湿成分

 

Cが多かったあなたは、オルビスユーがおすすめ!

オルビスを代表する人気スキンケアシリーズ。うるおい不足によるハリの低下くすみ*8や毛穴の目立ちなど様々な年齢サインを招くことに着目し、うるおいが巡る*9、明るくおし返すような肌に導きます。

 

<こんな肌状態の方におすすめ>

オルビスユーシリーズは、乾燥だけではなく、エイジングサイン(ハリの低下など)も感じ始めた、「乾燥レベル後期」の方に向けたシリーズです。    

いつものお手入れでは手ごたえを感じにくくなった」「くすみやハリ感の低下など、これまで感じたことのない肌悩みがあらわれ始めた」「そろそろエイジングケアを始めたいと感じている」といった方にぴったりです。   

「明るさ」「ハリ感」「ツヤ」がそろった、健やかで若々しい肌に導いてくれますよ。    

 

<乾燥悩みへのアプローチ>

乾燥レベル後期の肌では、肌が元々持っているうるおいを守る力が弱まっているのに加えて、うるおいが巡りにくくなっています。それにより肌全体にうるおいが行き渡らなくなり、ハリが低下…。これが、くすみや毛穴の目立ちなどのさまざまな年齢サインを招きます。そこで、肌深く*9からうるおうオルビスユー。「水を巡らせる力」に着目したシリーズで、角層のすみずみに水を巡らせるカギ:「キーポリンブースター*10」が角層全体をしっかりうるおいで満たし、本来の力を発揮しやすい肌環境に導きます。

 

<テクスチャー>

毎日のお手入れで気持ちまで前向きにする、ここち良いテクスチャー。うるおいキープと浸透感を両立させました。ローションはこだわりの“とろぱしゃ”感が特長。出した瞬間はリッチなコクを感じさせ、肌に触れた瞬間にパシャッとみずみずしく解けだし、スーッと浸透*9します。

モイスチャーは濃密なコクがありつつも、スフレチーズケーキのように軽快なテクスチャー。容器についても違いがあり、アクアフォース・オルビスアクアはポンプ式ですが、ユーはジャー容器で、ぷるんと濃密で手ですくうタイプです。リッチなのにみずみずしく、後肌はしなやかなハリ感があります。

 

*8 乾燥による *9 角層内 *10 アマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキス=肌にうるおいとハリ感を与える保湿成分

 

なお、オルビスのスキンケアシリーズの中で保湿力が一番高いのは、美白*11もできるエイジングケア*12のオルビスユードットシリーズ(医薬部外品)。ハリの低下や色にごりなどの本格的なエイジングサインが現れ始めた方、オルビスユーでも保湿力が物足りない方は試してみてくださいね。

*11 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ *12 年齢に応じたお手入れのこと

自分にぴったりの保湿シリーズを見つけて

自分の肌に合うスキンケアは見つかりましたか?年齢を重ねるごとに肌の状態は変わっていくため、これ!と決めて使い続けるのではなく、時々セルフチェックをしながら必要に応じて切り替えていくのも重要です。

スキンケアの基本は保湿。まずは今の自分にぴったりの保湿アイテムを見つけましょう!

 

<商品情報はこちら> 

アクアフォースシリーズ

 ウォッシュ ローション モイスチャー

オルビスアクアシリーズ

 ウォッシュ ローション モイスチャー トライアル*13

オルビスユーシリーズ

 ウォッシュ ローション モイスチャー トライアル

 

*13 オルビスアクアのトライアルセットは数量限定です。

 

 

取材・編集/伊藤幸子

お買いものはこちら