読み物

読み物-日々をここちよく-

【Q&A】オルビス ユードットシリーズへの10のギモンに答えます!
いつもの保湿では足りない方に!冬ならではの徹底うるおいスキンケア|美肌レッスンA to Z
おうちで作ろう!ぬか漬け入門/からだを支える、おいしい発酵#3
基本の甘酒&ドリンクレシピ/からだを支える、おいしい発酵#2
  • コラム&エッセイ

84 view

藤原美智子さんに聞く 素敵な大人になるためのヒント#10

藤原美智子さんがお客様のお悩みや疑問に回答する連載。大人が美しく、素敵に年齢を重ねるためのヒントを教えていただきます。

この記事をお気に入りに追加

今月の質問

年齢によって悩みはそれぞれでしょうが、いきいきと日々を過ごすために気をつけていることはありますか?
 
naoさん

藤原さんからのヒント

“いきいき”のコツはからだと心を動かすこと。
早朝1人で走る習慣を取り入れてみて

“いきいき感”を生むための具体的な方法をお教えしますね。それはからだと心を動かすこと。一番確実なのは朝走ることです。早朝に走るとからだが温まるので身軽に感じられるし、心のモヤモヤが晴れてすっきりとした気分になります。その状態で1日をスタートすると走った余韻が残っているせいか、一つ一つの動作がキビキビとして、やる気に満ちているような感覚を覚えます。“いきいき感”とはつまり“躍動感”のこと。大人になると「 からだが重い、だるい」と感じる日が増えますが、そんな気持ちにまかせて動かずにいると躍動感が失われ、いきいき感とも無縁に。だからこそ朝走ることをおすすめしたいですね。簡単でお金もかかりませんし、すぐに始められます。最初は無理せず20分ぐらい、走るのが苦手ならウォーキングするなど、できる範囲で行えばいいと思います。

ただし、ポイントがいくつかあります。一つは朝の早い時間に走ること。夏なら5時頃、冬なら7時頃でしょうか。夜が明けかかった、日常が始まる前の澄んだ空気の中で走ると、気持ちが活性化しやすいです。夜だと暗いし、希望ややる気は感じられにくいですよね。もう一つは1人で行うこと。誰かと一緒におしゃべりをしながらだと心はすっきりしにくいもの。無心になれる1人の時間をもってみてください。

走る気力が湧かない日があるかもしれません。そういうときはお休みすることも大切。無理にがんばろうとするとよくない状態を引きずってしまうので、もういいと思えるまで“やる気が起きない気分”に浸ってしまいましょう。そんな日もあるということ、回復するために自分がどれくらい時間を要するか、どう対処すればいいかを把握していれば大丈夫。私は3カ月に1度のペースでそういう気分になるのですが、半日ほどまったく動かずお気に入りの動画を見て過ごすと、夕方には飽きて「動きたい」という意欲が湧いてきます(笑)。

PROFILE
ふじわらみちこ:ヘア&メイクアップアーティスト、ライフスタイルデザイナー。ラ・ドンナ主宰。化粧品プロデュース、執筆、講演など幅広く活躍。そのライフスタイルにも注目が集まっていて、ブログ「BEAUTY LIFE」も話題。

取材・文/西村美名子

お買いものはこちら