読み物

読み物-日々をここちよく-

夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
【総集編】過去と未来の肌を見つめる|スマートエイジングの旅
  • ポイントメイク

813 view

【パーソナルカラー別】ホームパーティーでTRY!高揚感のある冬メイク

まだまだ外出しづらい状況ではあるものの、今年の年末年始はこれまでの高揚感が戻りつつあるような空気を感じますよね。これまでメイクはお休みモードだった方も、この冬からは少しずつ、再開してみてはいかがでしょうか。今回はホームパーティーの気分を盛り上げてくれそうな冬メイクをご紹介!実践すればメイクのときめきを思い出させてくれるはずですよ。

この記事をお気に入りに追加

冬の華やかメイクのポイントは?

この冬は、大々的なイベントはまだ控えていても、ホームパーティーのような小さな食事会などは開催するという方も多いのでは?そんなシーンのメイクは、年末年始の高揚感や特別感は出しつつも、親しい間柄というシーンでのリラックス感、ナチュラルさを出したいですよね。今回はイエベさん・ブルべさん向きそれぞれのメイクルックをご紹介します!

\冬メイク2パターンをご紹介!/

イエローベース向き あったかカラー×ツヤ感で親しみやすく

ブルーベース向き  “やわらかな赤”が主役の透明感メイク

 

イエベ向き|あったかカラー×ツヤ感で親しみやすく

Point

イエローベースさんのキーカラーはゴールド。ホームパーティーでは、かっこよさやスタイリッシュさは控えめに。イエベさんが持つ柔らかさと親しみやすさを引き出すのがポイントです。

<BASE>

保湿力の高い化粧下地とリキッドファンデーションでみずみずしいツヤを仕込みます。最後はルースパウダーをブラシにとり、全体にふわっとのせて自然なツヤと素肌感を演出します。

<EYE>

アイカラーベース(A)をアイホールにたっぷりのせ、目もとをトーンアップ。続いてアイカラーの、ブラウンカラー(B)をアイホール全体に、目のキワが濃くなるようグラデーションに塗りましょう。下まぶた全体にオレンジのアイカラー(C)をふわっとのせ、目元に柔らかさをプラスします。

アイライナーはペンシルで目尻がスッと抜けるように引き、マスカラは自然な長さを意識して、上下につけて完成です。

眉はふんわりと優しい印象に。ペンシルアイブローとパウダーアイブローで、全体をやや太めに平行に描き、角をとりすぎないにすることでイエベさんの持ち味である落ち着きを引き出します。

<CHEEK>

チークはベージュ(D)とオレンジ(E)の2色を混ぜて、頬骨の高い位置にふんわり入れていきます。クリームハイライト(F)は眉下、目頭、頬骨の高い位置にON、ポイントに少量ずつのせることで作り込み過ぎないツヤ肌に!

<LIP>

あたたかみのあるベージュリップ(G)の上からパール入りのグロス(H)を重ね、落ち着いた印象の中にも華やかな雰囲気に。

ブルベ向き|“やわらかな赤”が主役の透明感メイク

Point

こちらのメイクは赤がキーカラー。ブルベさんの冬メイクはどうしてもベリー系やキリッとしたレッド等でクールになりがちなので、できるだけ柔らかさを演出していきましょう。キーカラーの赤を意識しつつも、もともと持つ透明感を活かすようなメイクアップに。

<BASE>

保湿力の高い化粧下地とリキッドファンデーションでしっとりとしたツヤ肌に。仕上げのルースパウダーはブラシにとり、全体にふわっとのせることで、自然なツヤと素肌感を演出します。

<EYE>

アイカラーベース(A)をアイホール全体にON。アイカラーのディープカラー(B)を目尻のみにのせてアクセントに。ライトカラー(C)はアイホールにふんわりのせてグラデーションをつくりましょう。2色で作り込み過ぎないことで、柔らかい印象に。さらにシルバーのアイカラー(D)を上まぶた中央にポンポンのせ、下まぶたの目頭~目の中央にもオン。こちらのシルバーのアイカラーはパールが多いため、目もとの透明感がアップ!リップのレッドカラーを引き立ててくれますよ。

ペンシルアイライナーでややたれ目気味にスッと引いてやわらかさを出し、マスカラは自然な長さを意識して、上下につけます。

眉はふんわりと優しい印象に仕上げます。パウダーアイブローで、全体をやや太めに平行に描き、眉山は丸みを付けましょう。アイブローマスカラで毛並み感をだして柔らかさを演出して。

<CHEEK>

笑顔を作り、頬の高くなる位置に明るいピンク色のチーク(E)を丸くふんわりON。柔らかな血色感を出します。チークベース(G)を同じく頬の高い位置に指でポンポンのせることで、奥行きのある血色感をプラス。ハイライト(F)はTゾーン、Cゾーン、顎先に少量だけ指でのせ、もともと持つ透明感を引き立てながら自然なツヤ肌に!

<LIP>

ピンキッシュな赤リップ(H)を輪郭に沿ってのせてフィニッシュ。透け感のある赤リップを使うことでクールになりすぎずに高揚感を演出できます。

華やかさとリラックス感を合わせ持ったメイクに

ホリデーシーズンはやはり装いにも特別感を出したいところ。今まではメイクをお休みしていた人も、ホームパーティーなどでは色や質感を楽しんでみてはいかがでしょうか?久しぶりにメイクの高揚感が得られるかもしれませんよ。

監修/柳野理恵
撮影/永澤結子
編集/清水尚美

お買いものはこちら