読み物

読み物-日々をここちよく-

【Q&A】オルビス ユードットシリーズへの10のギモンに答えます!
いつもの保湿では足りない方に!冬ならではの徹底うるおいスキンケア|美肌レッスンA to Z
おうちで作ろう!ぬか漬け入門/からだを支える、おいしい発酵#3
基本の甘酒&ドリンクレシピ/からだを支える、おいしい発酵#2
  • ライフスタイル

348 view

おうちで楽しむハーブティー|年末の過ごし方マニュアル#3

おうち時間を豊かにしてくれるのはもちろん、女性特有のプチ不調を癒やすハーブティー。心とからだを整えてくれるおすすめハーブ、その効果やおいしい淹れ方などをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

植物のもつ自然の力で、女性特有の不調にアプローチ

年齢に応じてホルモンバランスが変化する女性は、自律神経が乱れるなど、なんとなく体調がよくないと感じることが多いもの。「そんな大人世代の女性特有の不調を、植物のもつ自然の力で穏やかに癒やし、健康や美容に働きかけてくれるのが、ハーブティーなんです」とハーバルライフデザイナーの諏訪晴美さん。

「私自身、長く冷えに悩まされていましたが、週3回・半年間、ローズマリーを摂り入れ、冷え知らずのからだになりました。ハーブティーの魅力は、ハーブに含まれる精油成分が揮発して香りが立つのに加え、抽出される成分をからだに摂取でき、さまざまな恵みが得られるところ。カフェインレスのものも多くリラックスできるので、寝る前などさまざまなタイミングで楽しめるのも、ハーブティーならではです」

簡単!ハーブティーのおいしい淹れ方

[作り方 ※ポット使用の場合]

1.ティーカップ1杯(約200mL)に対し、ティースプーン1~2杯のドライハーブをポットに入れる。

2.沸騰したお湯を注ぎ、ふたをして3分ほど蒸らしたら、ティーカップに注ぐ。

 

[Point]

・フレッシュなハーブをプラスすると、爽やかな香りが楽しめる。

・ブレンドする場合は、ハーブの色をそろえると飲みやすい味わいに。

健康をサポートするおすすめハーブ9種

手足が冷たい、イライラする……、そんな大人の女性の不調にやさしく働きかけてくれるハーブをご紹介。

むくみ・便秘のときに
ハイビスカス

鮮やかなルビー色と爽やかな酸みが特徴。

「夏に飲むイメージがあるかもしれませんが、代謝を促す作用があるとされ、巡りが悪くなってむくみや便秘がちになる冬にもおすすめ。クエン酸などが含まれ、疲れているときにも」

 

美肌に導く
ローズヒップ

ローズヒップはビタミンCが豊富。ビタミンCは抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑えることでも知られています。

「肌の状態を整え、美肌に導くハーブです。食物繊維も豊富で、便秘解消効果も期待できます」

 

リフレッシュしたいときに
ペパーミント

気分をすっきりさせ、集中力も高めてくれるハーブ。

「すっきりした後は神経を穏やかに鎮めるので、頭がボーッとする朝や眠気を感じたときなどにぴったり。香りに少し甘さがあり、どのハーブとブレンドしても相性がよいです」

 

冷え性対策に
ローズマリー

「抗酸化作用に優れ、血液の循環も促すので、冷え性の体質改善にぴったり。お茶だけでなく料理にも取り入れやすく、一年を通じて収穫できるので、おうちで育ててフレッシュハーブを楽しむのもいいですよ」

 

 

リラックスしたいときに
レモンバーベナ

レモンに似た、すがすがしい芳香が印象的。

「香りがとてもよくリラックスできるので、夕食後から就寝の間に飲むのもおすすめ。どのハーブとも合う、ブレンド向きのハーブです。消化を助けるので胃や腸の調子が悪いときにも」

 

胃がもたれるときに
ジャーマンカモミール

粘膜の消炎作用や気持ちを穏やかにする働きがあるハーブ。

「ストレス性胃腸炎の緩和にも。からだをリラックスさせたい就寝前などに飲むのが◎。お湯の代わりに牛乳を使い、お好みでハチミツを加えてもおいしいですよ」

 

 

血行を促進
ユズ

ユズも、立派なハーブの一種。

「ドライハーブが市販されていますが、ユズの皮を千切りにしたフレッシュハーブも香りがいいのでおすすめです。血行の促進や疲労回復につながるほか、肩こりのときなどにも飲んでみてください」

 

気持ちをクールダウン
カレンデュラ

マリーゴールドとしても知られるハーブ。

「穏やかな香りはイライラを鎮め、落ち着きをもたらしてくれるといわれています。抗菌作用にも優れ、皮膚や粘膜をいたわるので、のどに痛みを感じるときや風邪のひき始めに」

 

からだを温める
ジンジャー

紀元前からその薬効が知られていたハーブ。

「からだを温め、巡りをよくしてくれます。単品で飲むほか、別のハーブにジンジャーのスライスを1、2枚加えるだけでも、からだがぽかぽかして芯から温まってきます」

おすすめブレンド

・ジャーマンカモミール&カレンデュラ

それぞれを単体で飲むより香りがよくなり、グッとおいしくなります。

 

・レモンバーベナ&ペパーミント

香り高いレモンバーベナにペパーミントを加えることでより爽やかなおいしさに。

 

・ローズマリー&ユズ&ジンジャー

ローズマリー単品だと香りや味が強すぎると感じる人におすすめのブレンドです。

 

・ハイビスカス&ローズヒップ

酸みの強いハイビスカスは、ローズヒップと合わせるとまろやかな味わいに。

 

教えてくれたのは…
諏訪晴美さん

ハーバルライフデザイナー。東京・代々木上原のハーブサロン「ハーブと私」代表。著書に『もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン』(メイツ出版)など。

撮影/田村昌裕(freaks)、服部希代野 モデル/潮田あかり 取材・文/伊藤彩子

お買いものはこちら