読み物

読み物-日々をここちよく-

【Q&A】オルビス ユードットシリーズへの10のギモンに答えます!
いつもの保湿では足りない方に!冬ならではの徹底うるおいスキンケア|美肌レッスンA to Z
おうちで作ろう!ぬか漬け入門/からだを支える、おいしい発酵#3
基本の甘酒&ドリンクレシピ/からだを支える、おいしい発酵#2
  • スキンケア

2162 view

【糖化と老化の新知見】糖質をガマンしすぎなくても糖化は防げる!?

余分な糖が体内でタンパク質などと結びつき、老化などを引き起こすと言われる「糖化」。そう聞くと、糖はなるべく摂りたくない!と思いますが、実は、糖は肌の細胞にとっても欠かせない栄養素の1つ。エネルギー源である糖が正しく巡らないと、細胞はエネルギー不足を起こして元気がなくなってしまうと言われています。「糖化」と「老化」にまつわる3つの“あるある”なカン違いを紐解いて、糖化ケアを見直してみませんか?

この記事をお気に入りに追加

× カン違い:
糖=絶対悪、摂っちゃダメ!

〇 本当のところは:
糖=摂りすぎもガマンしすぎもNG

肥満をはじめ、身体の不調や糖化の原因となる糖。ダイエットや健康のため、糖質を控えているという方も多いのではないでしょうか。もちろん、「摂りすぎは良くない」という理解は、「その通り!」なのですが、「糖=絶対悪」というイメージはちょっと行き過ぎと言えます。なぜなら、糖は身体と肌にとって大事な役割も担っているのです。

\ポイント/
コラーゲンを生み出すために、糖は必須!

糖は、筋肉を動かし、脳の活動を支えるメインのエネルギー源。人が健康的に生きていくために欠かせない栄養素です。摂りすぎると肥満や糖化につながるため、過剰摂取はよくありませんが、過度に制限してしまうのもNG。糖を摂らなさすぎると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、集中力が低下したりと、かえって悪影響が出てしまいます。

実は、それは肌にとっても同じ。コラーゲンなどのさまざまな成分を作るために、肌の細胞は糖を必要としています。糖を正しく取り込めないと、肌の細胞はエネルギー不足となりコラーゲンを生み出すことができず、ハリや弾力の低下に繋がってしまうのです。

 

 

× カン違い:
糖化の原因は「糖の摂りすぎ」だけ

〇 本当のところは:
「糖の取り込み口」の不足も糖化の原因

身体と肌が糖を必要としているなら、なぜ糖化は起きるの?と疑問に思いますよね。悪さをするのは糖そのもの、というよりは「細胞の外に取り残された余分な糖」。なぜ糖が余り取り残されるかというと、その原因は糖の摂りすぎだけではなく、細胞内にある「糖の取り込み口」が不足することにもあります。「糖の取り込み口」が不足することで、糖を細胞内に取り込むことができなくなっているのです。

 

\ポイント/
年齢を重ねると、糖が余りがちになる

「糖の取り込み口」は、もともと肌の表皮と真皮に存在し、「GLUT1(ジー・エル・ユー・ティー・ワン)」*1と呼ばれています。この「GLUT1」を、細胞くん*2がご飯を食べる「口」だと想像してみてください。この「口」は、実は年齢を重ねると徐々に減少してしまうため、細胞くんは口がない状態に。すなわち、ご飯を食べられなくなってしまいます。すると、どうなるでしょうか。

 

 

若い時期(左図)は、細胞くんはご飯(=糖)をモリモリ食べて、元気いっぱい! せっせと働いて(コラーゲンを生み出して)くれます。

一方、年齢を重ねると(右図)、口がなくなってしまうため、ご飯が周りにあっても食べられなくなってしまいます。細胞くんはエネルギー不足に陥り、元気がない状態に…。働くこともままならず、肌のコラーゲンも生み出せません。

さらに行き場をなくしたご飯(糖)は、細胞の外で肌のタンパク質と結びつき、老化物質の「AGEs(エー・ジー・イー:最終糖化産物)」に変化。いわゆる「糖化」が起こり、老化がさらに加速してしまうのです。

 

*1 GLUT:グルコーストランスポーター(Glucose Transporter)の略。
*2 細胞くん:ここでは線維芽細胞を指します。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの真皮の成分を作り出す役割を担う、肌を若々しく保つために重要な細胞です。実際は、GLUT1は表皮の角化細胞にも存在しています。
※図や例え話はイメージです。GLUT1の働きをわかりやすく表現したものです。

 

\ポイント/
糖不足と糖化で、ハリ低下&黄ぐすみが進む

糖をモリモリ食べる「口」である「GLUT1」が減少すると、肌の細胞は糖を取り込みきれず、必要な分の糖が肌に行き渡らない「糖不足」(=エネルギー不足)の状態に。さらに、行き場を失った糖は細胞外に蓄積され、タンパク質と結びついて糖化を引き起こします。つまり、糖不足と糖化というWの悲劇が肌を襲うことに!

 

 

× カン違い:
糖化&老化対策のベストな方法は、糖を断つこと

〇 本当のところは:
糖をうまく取り込み、エネルギー源として活用する!

糖化対策として必要なのは、糖の摂取量を適正量にしつつ、糖をきちんと取り込み、必要な場所に届けて巡らせ、不要な場所にため込ませないこと。そのカギとなるのが、細胞くんがご飯(糖)を食べるための口、「GLUT1」なのです。

 

\ポイント/
「GLUT1」が増えると、肌の細胞にエネルギーが巡る

糖の取り込み口「GLUT1」が増えると、細胞内に自ずと糖が行き渡り、細胞くんはエネルギーに満ちた状態に。つまり、細胞くんの働きが活性化するので、コラーゲン産生量も増加! さらに、糖がきちんと消費され、糖化が抑制されるので、肌の黄ぐすみやゴワつきも軽減することが期待できます。

 

 

\ポイント/
「GLUT1」の増加にアプローチする成分がある!

オルビスの商品開発に携わるポーラ化成工業の研究では、「GLUT1」の発現量を増加させる効果のある成分を発見! それが、表皮角化細胞に働きかけるスイカズラ抽出液と、真皮線維芽細胞に働きかけるメマツヨイグサ抽出液。表皮角化細胞と真皮線維芽細胞に存在する 糖の取り込み口「GLUT1」の数を増やし、エネルギー源として糖を有効活用することで、糖化の抑制をサポートします。

 

 

エネルギーの巡りを促すことが、エイジングケアに繋がる

健康的な身体や若々しい肌をキープするのに必要だけれど、過剰な蓄積は老化の原因になってしまう糖。糖化&糖不足の状態を防ぐには、やみくもに糖の摂取を控えるのではなく、バランスのよい食生活を心がけるようにしましょう

また、年齢とともに減少してしまう「GLUT1」の増加をサポートし、糖をきちんと巡らせるようにすることも忘れずに。糖を過不足なくエネルギー源として活用し、エネルギーの巡りを高めることが、エイジングケアへの新たなアプローチになりそうです。

 

 

「糖化」の基礎知識を知りたいなら、こちらの記事もチェック!

「糖化って、そもそも何だっけ?」と思った方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。糖化の原因やメカニズムなど、基礎知識を紹介しています。

イラスト/二階堂ちはる

編集/間野加菜代(Cumu)

取材・企画/伊藤幸子

お買いものはこちら