新商品

新商品 5/23新着

ネイルポリッシュ
クリアフルセット・トライアル

特集

  • 夏本番!うるおいに満ちた、すこやかな肌を夏の快適スキンケア特集
  • 美白×UVケア あなたのための提案カルテ
読み物

読み物-日々をここちよく-

サンダルの季節到来!素足美人をめざすケアアイテム&ネイル|美容のプロに聞いてみました!
手強い夏の“毛穴”レスキューアイテム!|ファンデ先生がお悩み解決!
【図解でわかる】パーソナルカラー別おすすめアイテム #2022夏・限定&新色ネイル編
【動画でレッスン】オルビスユー スパークリング ムースセラムでひんやり快適に !|キレイをかなえるHOW TO動画
  • ライフスタイル

207 view

おうちで作ろう!ぬか漬け入門/からだを支える、おいしい発酵#3

おうち時間にトライしたいぬか漬け。初心者におすすめの、市販の発酵ぬか床を使った作り方のコツを、舘野真知子さんに教えてもらいました。

この記事をお気に入りに追加

おいしいぬか漬けを作る3つのポイント

1 初心者は発酵ぬか床を使う

まずは、材料を入れるだけの市販の発酵ぬか床で、ぬか漬けの楽しさを味わって。自立するジッパーつきポリ袋入りならそのまま冷蔵庫に保存可能。使用方法をよく読み、カビやすいジッパー部分は使うたびにふき取りを。

2 素材によって漬け方を変える

定番のキュウリや大根など、水分が多くそのまま生で食べられる野菜が合います。根菜類はさっと下ゆでして漬けると、シャキシャキ食感に。アボカドなどの柔らかい食材はぬか床に直接入れず、ぬかを塗ってラップで包みます。肉や魚も同様にして漬けられます。

3 食べる直前にぬか床から出す

漬けた野菜がほどよく脱水してしんなりしたら完成。漬ける時間は食材や発酵ぬか床の種類によって異なりますが、1 ~ 2日程度で漬かります。おいしく食べるコツは、食べる直前にぬか床から出すこと。漬けすぎてしまったら、刻んで炒めてふりかけ風に。

新しい味わいを発見!変わりぬか漬け
さまざまな食材に合うぬか漬け。意外なおいしさのぬか漬けを6種類ご紹介します。
ゴボウ 泥を洗って食べやすい大きさに切り、熱湯でさっとゆでてから2日程度漬ける。
ミニトマト ヘタを取り、1~2日間漬ける。みずみずしさと旨みが凝縮した味わいに。
アボカド 縦半分に切り、ぬかを全体に塗り、ラップで包む。冷蔵庫で2日程度漬ける。
うずらの卵 缶詰から出し、水気を切って1~2日間漬ける。濃厚な味わいが楽しめる。
パプリカ 食べやすい大きさに切り、1~2日間漬ける。ピクルスのようなシャキシャキ感。
こんにゃく 熱湯でさっとゆで、水気を切って2日程度漬ける。味が染み、食感ともマッチ。

 

 

教えてくれたのは…

舘野真知子さん

料理研究家。管理栄養士として病院に勤務後、アイルランドで料理を学ぶ。発酵料理を中心に活動中。著書に『料理用あま酒、はじめました。』(光文社)など。

 

撮影/服部希代野

お買いものはこちら