読み物

読み物-日々をここちよく-

【遠心or求心?】顔タイプ別で見るアイラインの引き方3パターン!
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
  • スキンケア

120 view

【動画でレッスン】新オルビスユーシリーズの使い方を一挙ご紹介!|キレイをかなえるHOW TO動画

オルビスを象徴するスキンケアとして大人気のオルビスユーシリーズがパワーアップして新登場しました。各アイテムを十分に活かすために、正しい量・正しい塗り方を身に付けてみませんか。ちょっとしたコツをつかむだけで、美肌への近道となるはず。オルビスユーシリーズの使い方のコツをまとめてご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

”正しい使い方”をマスターして「うるおいに満ちた変化にゆらがない肌*」へ!

毎日のスキンケア、なんとなく済ませていませんか?「何を使うか」はもちろん大切ですが、「どう使うか」もとても重要!正しい使い方を心がけるだけで、お手入れの効果は高まります。

オルビスでは、オルビスユーシリーズの特性に合わせ、おすすめの使い方(HOW TO)をご用意しています。

動画を参考に、各アイテムの使い方をマスターし、うるおいに満ちた変化にゆらがない肌*を目指しましょう!

 * 明るく押し戻すような肌へ

 

濃密泡で毛穴汚れや古い角質をオフ
<オルビスユー フォーミングウォッシュの使い方>

サムネイル

★ウォッシュの重要ポイント★

①逆さにしても落ちないキメ細かな泡を作る
洗顔料を適量(約1㎝)出したら、時々水を加えながら泡立てます。この時、自分の手を「泡立て器」に見立てて、指と指との間を広げて空気を巻き込むようにしましょう。受け皿側の手は、「お椀」のように真ん中をくぼませることで、空気を巻き込みやすくなります。泡の量はレモン1個分が目安。たった1㎝の洗顔料でも、空気と水をたっぷり含ませれば、レモン1個分の泡が立てられますよ。

②洗うのはTゾーンから
顔の中で皮脂の分泌が過剰で、毛穴の汚れが溜まりやすいのがTゾーン。洗顔料は、はじめにのせた泡がいちばん洗浄力が高いので、Tゾーンから最初に泡をのせましょう。乾燥しやすい目元や口元は最後に洗います。

③摩擦は徹底的に避けて
しっかりと汚れを落とそうと、ついつい力が入ってしまう方は要注意。摩擦により肌がダメージを受けてしまう恐れがあるで、擦らないことが大切。手と顔が触れないように、なでるようにやさしく洗いましょう。すすぐときもゴシゴシと擦らずに、“ぬるま湯をかける”意識で。

④すすぎ残しに注意!
すすぎ残しは肌トラブルや乾燥のもと。すすぎは10回以上行いましょう。小鼻や髪の生え際、フェイスラインは特にすすぎ残しが生じやすいため、意識的に流して。

オルビスユー フォーミングウォッシュ(医薬部外品)の使い方のポイントは、肌になるべく負担をかけないよう、なでるように洗うこと。ぜひ動画を参考に、正しい洗顔方法を身に付けてくださいね。

 

濃密なのにぐんぐん浸透*1
<オルビスユー エッセンスローションの使い方>

サムネイル

★ローションの重要ポイント★

① 手のひらであたためてから肌にオン
ローションを適量(100円玉程度)手に取ったら、手のひらに広げて少しあたためてから顔にのばしましょう。手のぬくもりで肌を包み込むことで、肌へのなじみ感が高まります。

② 下から上に引き上げるようになじませる
肌になじませる時は、下から上に向かってリフトアップするように意識するのがポイント。4本の指の広い面を使い、内側から外側へと引き上げるようになじませましょう。

③ 目周りと口周りは重点的に
皮膚の薄い目周りは、力の入りにくい薬指を使います。こめかみから目の上を通り、目の下を5回ポンポンとなじませます。口周りは、中指と薬指でシワを切るようになじませましょう。

④ 仕上げにソフトパッティングで浸透感アップ
仕上げは、親指以外の4本の指で、フェイスラインから目の下までトントンとソフトパッティング。最後に手のひら全体でハンドプレスしてなじみ感を高めます。

オルビスユー エッセンスローション(医薬部外品)は、濃密なのにぐんぐん浸透*1する”とろぱしゃ”感触。手でさっとなじませるだけでもぐんぐんと肌になじんでいきます。そのここちよさをぜひ体感してみてください!

*1 角層まで

 

うるおいを逃さずハリ感アップ!
<オルビスユー ジェルモイスチャライザーの使い方>

サムネイル

★モイスチャーの重要ポイント★

①手のひらにのばしてから肌にオン!
化粧水で肌を整えたら、適量(パール1~2粒程度)を手にとり、両方の手のひらにのび広げます。このひと手間で、肌へのなじみ感がアップします。

②リフトアップするようになじませる
頬は手のひら全体を密着させながら、下から上に向かってのばします。

③目周りと口周りは重点的に
ローションと同様、皮膚の薄い目周りは薬指を使います。目の下を5回ポンポンとなじませましょう。ほうれい線など、お悩みが出やすい口周りは、人差し指の第二関節を口角横にあて、小鼻の横に引き上げて3秒キープします。

④仕上げに全体を引き上げるリフトアップメソッド
最後はリフトアップを意識したメソッドを。まず親指をあご下に、人差し指を小鼻の横に置いたら、人差し指で頬骨をこめかみまで持ち上げるように引き上げます。そのまま3本の指でこめかみをプッシュ。最後は、親指をあご下を通らせて、耳下までスライドしてやさしくプッシュします。特徴的なメソッドですので、ぜひ動画で確認してみてくださいね。

 

オルビスユー ジェルモイスチャライザー(医薬部外品)は3ステップの仕上げに使うアイテムだからこそ、毎日丁寧に塗りましょう。化粧水で満たしたうるおいを閉じ込め、みずみずしくハリ感のある肌をキープします。べたつかないのにしっとり保湿する”水感ジェルクリーム”テクスチャーなので、なめらかに肌になじみますよ。

 

ぜひ動画を参考に、毎日のオルビスユーシリーズのお手入れを楽しんでみてくださいね。

 

 

監修/島田久美子

取材・文/伊藤幸子

お買いものはこちら