読み物

読み物-日々をここちよく-

【遠心or求心?】顔タイプ別で見るアイラインの引き方3パターン!
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
  • ヘア

4282 view

一気に解決!髪のお悩み #2|寝グセやニオイ、白髪まで

印象や年齢を物語る髪だから、元気なツヤ髪をキープしたいもの。髪のプロに、大人の女性によくある悩みの解決法を聞きました。

この記事をお気に入りに追加

Q. 湿度の高い夏。髪がもわもわ膨らんじゃう!

A. 髪の表面を薄膜でコーティングして乾かして

クセやうねりが出やすいシーズンは、外気の湿度から髪を守る工夫が必要。「タオルドライ後の濡れた髪に、ミルクやオイルをつけてとかします。そのあとドライヤーで乾かすと髪が薄膜でコーティングされ、湿気の影響を受けにくくコシのある髪に整います」

タオルドライ後の髪(または乾いた髪)をコーティング。湿度に左右されにくい、さらりとした指通りに。

*エッセンスインヘアミルクは大変ご好評につき、一時的にお品切れとなる可能性がございます。

Q. 実は、夏の頭のニオイが心配……

A. ドライヤー不足による生乾きに注意

「酸化した皮脂はニオイのもとなので、まずは正しいシャンプーで頭皮を清潔に保つこと。また、ドライヤー不足による生乾きもニオイの原因。特に後頭部の頭皮は見落としがちなので、ドライヤー後に指で触れ、乾いたか確認して」

Q. 起きたら寝グセが…… 。キレイに直したい!

A. 根元をしっかり濡らしてブローが鉄則です

「髪のクセは表面だけ直してもすぐ戻ってしまうので、根元をしっかり濡らし、それからドライヤーでブローすればキレイな状態に」。毛先や髪の表面を直しても、根元のクセがそのままでは元通りに。面倒がらず根元から修正を。

髪を補修し、表面をさらりと整えるトリートメント。寝グセ直しにも、夜のドライヤー前ケアにもおすすめです。

Q. 髪の立ち上がりがぺたんとつぶれてしまいます

A. 洗い方と乾かし方を工夫すれば、ふんわり

「余計な油分が残っていると根元がつぶれるので、シャンプーのときは左右の指をクロスさせながら丁寧に洗いましょう。ドライヤーのときに毛束を垂直に持ち上げ、根元を立ち上がらせて乾かし冷風で仕上げるとふんわりヘアに」

紫外線や年齢などによるダメージが気になる髪と頭皮をWの有効成分でケア。コシとうるおいに満ちた髪へ。

※ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸ジカリウム配合=ふけ・かゆみを防ぎ、髪をしなやかに保湿する成分

Q. 最近、白髪や抜け毛がちらほら……

A. 巡りが大切!育毛剤でマッサージを

「頭皮には太い血管が少なく、毛細血管が張り巡らされています。マッサージでその流れを促すと白髪予防の一環に」。また、髪が細い、抜け毛が気になるという場合は育毛剤の活用を。「毛髪にはサイクルがあるのですぐ実感は難しいですが、数カ月続けてみて。変化が期待できます」

【ITEM】スカルプ&ヘアエッセンス(医薬部外品)

薄毛や抜け毛悩みが生じやすい乾燥した頭皮をうるおし、頭皮環境を整え、髪のハリ・コシをサポート。

Q. ピンと出た白髪、つい抜きたくなる!

A. 周辺の毛根にもダメージを与えるのでNG

「髪を抜くという行為は、毛根にダメージを与えます。白髪を抜くとその周囲の髪の毛根にもダメージが伝わるので、逆に白髪が増えたり薄毛になるといったリスクも。いたずらに刺激せず、ピンと出ているものは根元から切るだけに留めるのがおすすめです」

\こちらもCHECK!/

一気に解決!髪のお悩み#1
乾燥やパサつきの解消、効果的なお手入れとは?

教えてくれたのは・・・

美香さん
ビューティ・プロデューサー。毛髪診断士®でもあり、ヘアサロン「AMATA」オーナーとして多くの人の髪悩みをレスキュー。自身も見事なロングヘアをキープし、多くの女性の憧れの的に。

 

 

イラスト/足立もえか  取材・文/高見沢里子

お買いものはこちら