読み物

読み物-日々をここちよく-

【遠心or求心?】顔タイプ別で見るアイラインの引き方3パターン!
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
  • ポイントメイク

1950 view

【一重&奥二重・二重】あまりがちなアイカラーの締め色はこう使う!目元印象アップテク

毎回全色使っていても、あまりがちな“アイカラーの締め色”。パレットを使い進めていくうちに「この色をもっと使えたらいいのに…」と思うことはありませんか?今回はそんなアイカラーパレットの締め色活用法を一重・奥二重、二重と目の形別にご紹介!ついでに目元印象のお悩みも解決してしまいましょう!

この記事をお気に入りに追加

締め色を上手に使うには?

ついついあまってしまう“締め色”。もったいないという気持ちからたくさん使おうとしたらアイメイクを失敗してしまった…という経験はありませんか?実は締め色を上手に使うにはコツがあるんです。

\締め色活用の注意点/

・いっぺんに塗らない
・締め色の質感で塗り方を変える
・左右差に気をつけながら塗る

締め色はぼかして使う部分と、アイラインのようにはっきり際立たせる部分を分けてメリハリを出す必要があります。濃い色でもシアーな発色のものや、パールが入っているものはアイホール全体に塗ってOK。しかし、マットな質感のものは注意が必要です。狭い範囲に留めたり、ブラシやチップでしっかりぼかすようにしましょう。

締め色を使う時は、いくつかのポイントがあります。

\締め色を使うときのポイント/

・アイカラーブラシや大きめのチップを使用する
・量を調節しながらぼかして塗る
・目の際までしっかり塗る

まず、使うツールはぼかしやすいものを選びましょう。締め色は小さいチップを使って塗ることが多いですが、ぼかしたい時は大きめのチップやブラシの方が適しています。普段アイカラーを指で塗っているという方も、締め色活用アイメイクではチップやブラシを使用するのがおすすめ。均一にぼかしやすく、狙った場所に色をのせられますよ。

また、締め色を使う時は塗れていない部分が悪目立ちしてしまわないよう、まぶたを引き上げて塗り残しに注意するのがポイントです。

もっと締め色を活用したい人は、アイブロウにも使ってみてはいかがでしょうか?マットなタイプだとチャレンジしやすいですよ。アイメイクとの統一感が出るのもメリットです。

目の形別・おすすめの締め色活用法

ここからは目の形別におすすめの締め色活用法をチェックしていきましょう。今回は一重・奥二重さんと、二重さん2パターンのメイクをご紹介!同じパレットを使用して塗り方をご紹介していきます!

使用アイテム

質感の違う4色で多彩なアレンジがかなうアイシャドウパレット。サンガーデンの締め色(③)はマットなグリーンです。

一重・奥二重さんにおすすめの締め色活用アイメイク

一重・奥二重さんは目の印象が弱かったり、締め色やアイラインを使ってもまぶたが重なって見えなかったりすることに悩む方も多いのではないでしょうか?しかし、締め色をうまく使うことで目幅をぐんと広げて見せることもできるんです!

\塗り方のポイントは?/

・しっかり発色させて立体感UP
・締め色とアイラインを目のカーブに沿わせる
・チークとリップは控えめに

一重・奥二重さんはメリハリのあるアイメイクが似合います。締め色はぼかしすぎず、しっかり発色させて締め色をアイメイクの主役にしましょう。そうすると目元に立体感が出せますよ。

また、一重・奥二重さんは目元の印象が上品なのも魅力のひとつ。そこを活かすため、締め色とアイラインを目のカーブに沿わせるのを意識してくださいね。

目元に色をしっかり持ってくるメイクになるので、チークとリップは控えめに。血色感をプラスするイメージでのせると全体のバランスが良くなります。

HOW TO MAKEUP

まず、パレット左下のゴールドをアイホール全体に薄くのばして目元を明るく、メインとなる締め色とのメリハリを出します。(④)

次に締め色を上まぶたの目の形に沿ってのせ、色が映えるように目尻より少し長めに入れます。下まぶたも目尻側の1/3にのせ、上まぶたの締め色と「くの字」になるようにぼかして。目を開けても締め色の色味がわかるように、また、左右差が無いように確認しながら入れるのがポイントです(③)。

左上のオレンジは下まぶたの目頭側から涙袋の部分にのせると、カラーが映えておしゃれな印象に。上まぶたの締め色も引き立たせてくれるので、グッと引き締まった目元になりますよ。(①)

目もとがキツくなりすぎないよう、アイラインは上まぶたの締め色部分にのせるように引きます。まつ毛はしっかり上げて、マスカラを塗ったら完成です。

メイク完成!

締め色を活用することで、目の横幅が大きく見え、大人っぽい印象に。メリハリがついて、いい意味で「メイクしている感」が出ました。メイクをしているのになぜか印象が薄くなってしまう…という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

使用アイテム

二重さんにおすすめの締め色活用アイメイク

二重さんはもともと目がぱっちりしていることから、締め色を使うと目がきつく見えてしまったり、メイクが濃く見えてしまったりすることもありますよね。締め色があまりがちというお悩みも二重さんに特に多いのではないでしょうか。そこで締め色を上手に使うと、優しげな雰囲気を残しながらも目もと印象には深みを持たせることができるんです!

\塗り方のポイントは?/

・締め色はしっかりぼかす
・締め色を一気に塗りすぎない
・チークとリップでかわいさをオン

 

目元がはっきりしている二重さんが締め色を使う時は、ぼかしのテクを上手に使うのがポイントです。目元が濃くなりすぎないよう、ハイライトを上下のまぶたにのせると、華やかさをプラスしながらぼかすことができます。

また、締め色は一度にたくさん塗りすぎないように気をつけましょう。チップでのせた後に指でなじませると濃くなりすぎるのを防ぐことができますよ。

チークとリップは明るいレッドやピンクがおすすめ。かわいさをプラスすることで、抜け感のある印象に仕上がります。

HOW TO MAKEUP

まず、パレット右上のベージュをアイホール全体にのせます。(②)

次に右下の締め色を使います。締め色は今回のメイクでメインとなるのでチップでしっかり取り、上まぶたの目頭から目尻に向かってだんだん広くなっていくように入れましょう。締め色は下まぶたにも使用。細いチップで黒目の下のみに入れていきます。上下共に締め色部分を薬指で優しくなじませ、キツくなりすぎない自然な印象に仕上げます。(③)

最後にポイントとなる左下のグロッシーカラーを上まぶたの黒目の上と涙袋全体にのせて。下まぶたは、黒目下に入れた締め色をぼかすようにするのがポイントです。こうすることで光を集めて立体感がアップします。(④)

締め色を上まぶたにしっかりとのせているので、アイライナーは無し。その代わりにまつ毛をしっかり上げてマスカラを塗り、目力をアップさせましょう。

メイク完成!

締め色を広く塗ることで、いつもより奥行きのある目もとに。大人っぽさを感じさせつつ、アイライナーを抜いたこととハイライトを入れた効果で抜け感がありますよね。ベーシックなアイメイクしかやったことがないという人ほど、挑戦してみてほしいメイクです。

使用アイテム

締め色を上手に使って垢抜けた雰囲気に

あまってしまいがちな締め色を上手に使えば、メイクの完成度がグッと上がります。特に、締め色に苦手意識のある人ほど印象チェンジの可能性大!ぜひ今回の記事を参考に、目元のお悩みを解決してくださいね。

監修/重谷明日香
撮影/永澤結子
編集/清水尚美

お買いものはこちら