• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • コラム&エッセイ

1365 view

真木あかりさんの12星座占い(4月の運勢)

人気占い師・真木あかりさんによる、12星座占い。ここちよい毎日を送るためのヒントに。

この記事をお気に入りに追加

4月の運勢(4.1-4.30)

※星座ごとの日付は太陽星座(生まれたときに太陽が位置する星座)をもとにしています。他の占いと星座の区切りが1~2日ずれている場合があります。

おひつじ座(3.21-4.20)

 

先を急ぐより時間をかけて

ハプニングを含みながらもハッピーなことが多い時期。新たな挑戦をする人も多そうですが、この時期は物事の進展がかなりゆっくりになる見通しです。すぐに手ごたえが感じられなくてもOK。粘り勝ちを目指して。

おうし座(4.21-5.21)

 

人の温かさを実感できるとき

仲間のありがたみを実感する時期。悩んでいたことに熱い励ましの言葉をもらえたり、頑張っている友達からいい刺激を受けたりと、胸が温かなもので満たされるでしょう。過去にヒントがある予感も。

ふたご座(5.22-6.22)

 

あなたの力が大事な人の役に立つ

持ち前の力をフルに発揮できる頑張りどき。友人・知人に関して想定外のことがもち上がる可能性が出ていますが、みんなで力を合わせれば怖いものはありません。相手の喜ぶ顔を想像し、勇気を出して行動を。

かに座(6.23-7.23)

 

大きく夢見ることは可能性を広げること

夢や理想はできるだけ大きくもつといいときです。それでこそ視野が広がり、手にするチャンスの数も格段に増えるでしょう。ただ、何かと意外性のある展開も多い時期なので、機転を利かせて切り抜けて。

しし座(7.24-8.23)

 

過去を肯定することは自分を肯定すること

疎遠になった人と再び交流が始まったり、今になって知る“真実”があったりと、思い出の中を旅するような心境に。起こったことは変えられなくても、解釈次第で幸せになる。そんな実感を得られそう。

おとめ座(8.24-9.23)

 

相手を思う真剣さがつながりに変わる

人間関係が情熱的なものに。踏み込んだ話をしたり、徹底的に話し合ったりと、濃く熱い時間が流れるでしょう。この時期に大事なのは、衝突や摩擦を恐れずにいること。本気の話し合いだけが、絆を強めます。

てんびん座(9.24-10.23)

 

情報共有をしながら乗り越えていこう

誤解や行き違いが生じやすい時期。「わかったつもり」も「伝えたつもり」も、思わぬところでハプニングにつながる予感。丁寧に話し合い、情報共有をしましょう。「念のため」は何度あってもいいのです。

さそり座(10.24-11.22)

 

遊ぶときは遊んで英気を養って

プライベートが大充実の予感。どんなに遊びに打ち込んでも、この時期のあなたは「やるべきことはやる」という強い意志が備わっています。バランスよく楽しんで、リフレッシュできる好調期といえそう。

いて座(11.23-12.21)

 

家族のために力を尽くせる

家族や住まいに関することでちょっぴりバタバタ。これからの家族の転機の支えになれるはずなので、前向きに力を尽くしていくといいでしょう。レジャーはややハプニング含み。最新情報はつねにチェックして。

やぎ座(12.22-1.20)

 

ワクワクするようなものと出合えそう

話したい、知りたいと思えるテーマが次々と見つかり、知的好奇心が刺激されそう。気になるイベントやスポットにはどんどん足を運んでみると開運につながるはず。家族の転機に際しては綿密な話し合いを。

みずがめ座(1.21-2.19)

 

よくよく調べて有意義な出費に

自分のために思いきった出費をする人が多そう。そのこと自体はいい選択となるはずですが、情報が錯綜しやすい時期でもあるのが気になるところ。事前の確認やリサーチはどれだけしてもしすぎではないはず。

うお座(2.20-3.20)

 

調子がつかめなくてもきっと乗り越えられる

情熱が高まる時期。慣れた作業のはずなのに調子が今一つ……ということもあるかもしれませんが、あきらめずに力を尽くせばいい結果につながります。マネー周りで新たな転機が待ち受けている可能性も。

 

Profile

真木あかり

占い師。『真木あかりの超実践 星占い入門 運を先取りする、使いこなせる』(主婦の友社)など著書・連載多数。LINE占いでもコンテンツ展開中。

 

イラスト/二階堂ちはる

お買いものはこちら