読み物

読み物-日々をここちよく-

「雨の日の22時」音楽編|22時からのここち時間#4
新米を引き立てるレシピ|私の一汁三菜#4
ごはんをおいしくするヒント|私の一汁三菜#4
ハル・ライシャワー|時代を生きた女たち#6
  • ライフスタイル

6583 view

「後ろ姿」改革向上プロジェクト#3|体重を変えずに、見た目を変える!

ショーウィンドウや電車の窓ガラスに映る自分の姿に「あれ? 太った!?」と思った経験はありませんか?
体重はそのままなのに……。太って見えるのは、“ 姿勢の変化” が要因です。
姿勢が要の“ 後ろ姿” を整えて、すっきり美ボディを作りましょう!

この記事をお気に入りに追加

まずは詰まりをほぐし、ねじれを正す

美ボディを作るには、まずは悪い姿勢でクセがついてしまった筋膜のねじれをケアすることが先決。
ねじれたまま筋肉を鍛えても美しい姿勢を作るには限界があるからです。
筋膜をほぐすケアで、ねじれを徐々に解消できます。

 

ケア1:スマホで緊張している鎖骨まわりを指でほぐして、ゆるめてあげましょう

スマホやPC作業をしていると、首を前に突き出し、猫背ぎみになります。
このとき、首と鎖骨をつなぐ筋肉が緊張してこり固まります。
鎖骨まわりの筋膜をほぐすことで、首や肩まわりの緊張が取れ、姿勢のバランスもよくなります。

【Point】
首の下の鎖骨(左右に伸びた骨)を、人差し指と中指ではさみ、からだの中心から外側に向かってすべらせ、やさしく刺激する。
気持ちいい程度の回数行って。

 

ケア2:こり固まった肩甲骨の緊張を気持ちよくほぐしましょう

姿勢の要となる肩甲骨。
Vol.1でご紹介した3つのタイプのどの人も肩甲骨周辺が緊張し、こり固まっています。
この部分は、気づいたら丁寧にほぐすクセをつけて。
たとえばトイレに入ったら回すなど、ルールを決めるといいでしょう。

【Point】
ワキを締めて両手を鎖骨の下の位置に軽く添える。
ワキを締めたまま、肩を回す要領で肩甲骨を動かして。
前回し10 回、後ろ回し10回を1セットで。1 日何度でもOK。

ケア3:肩甲骨のこりをほぐしながら、脂肪燃焼も促します

左の肩甲骨回しができたら、こちらを。
同じように肩甲骨のこりをほぐすことができます。
こちらは、動きが少し大きくなるため、肩甲骨のまわりにある脂肪燃焼に効果的な褐色脂肪細胞も刺激。
また、肩こり解消にも役立ちます。

【Point】
左と同様にワキを締めて鎖骨下に手を置く。
ワキを締めたまま、8の字を描くように肩を回して。右回し、左回しを各10回。褐色脂肪細胞を刺激して発汗を促す効果も。
 

次回は全身を整える方法をお伝えします。そちらもぜひご覧ください!
チェックする >

お話を伺ったのは……
kyoさん
きょう:ボディワークプロデューサー。b-iSTYLE 代表。骨盤を中心に全身を整えるb-iペルヴィス®と命名したオリジナルメソッドで人気。単に鍛えるメソッドではなく、ゆがみを整え、美しく健康的なからだを作るプログラムを提案。著書も多数。東京・青山にスタジオがある。http://www.b-i-style.com/


イラスト=しばたあゆみ(asterisk-agency) 構成・文=伊藤 学 監修=kyo

お買いものはこちら