<初回購入特典>2,000円(税込)以上ですぐに使える300ポイントプレゼント!

Welcome

こんにちは、ゲスト さま

0 ポイント

0 コイン

0 

還元率 0 %

メッセージボックス

  • マイページはログイン後にご使用いただけます。

ページ内を移動するためのリンクです。

ライフスタイル 4167 view

体重を変えずに、見た目を変える!「後ろ姿」改革向上プロジェクト VOL.4

ショーウィンドウや電車の窓ガラスに映る自分の姿に「あれ? 太った!?」と思った経験はありませんか?
体重はそのままなのに……。太って見えるのは、“ 姿勢の変化” が要因です。
姿勢が要の“ 後ろ姿” を整えて、すっきり美ボディを作りましょう!

大人のからだを整える「後ろ姿美人」メソッド

背骨を支える筋肉を強化して、すっきりシャープに見える後ろ姿を手に入れる

悪い姿勢でできた筋膜のゆがみやからだのこりをほぐしたら(からだは常に悪い姿勢に傾くので、VOL.3のほぐすケアは毎日行いましょう)、今度は骨格を整える筋肉を作るメソッドです。
 

VOL.3をチェックする >

 

「いい姿勢を作るためには、骨格をしっかりと支える筋力が必要です。そのためには、背中の筋肉、体幹、体側の筋肉、お腹まわりの筋肉を強化することが重要です。これらの筋肉が使えるようになって、正しい姿勢を保てるようになれば、ジムで筋トレをしなくても、いい姿勢を保つだけで全身トレーニングになるのです」とkyo さん。

 

メソッド1:スッと整った背中に。背骨をしっかり支える背中を作る

姿勢で要となるのは、背骨。その背骨を支えるのが背中にある背筋です。年齢とともにたるみ、ぜい肉がつく部分だからこそ、しっかりケアを!

1:床に腹ばい横になる。息をゆっくりと吐きながら、両腕、両足を前後に、気持ちよく伸ばす。このとき、手足が床から軽く浮いてもOK。

2:一度息を吸い、ゆっくりと吐きながら、左手を前に、右足を後ろに伸ばす。1の状態よりも左手、右足が浮くぐらい思いっきりストレッチ。この状態で10 秒キープし、1に戻り、逆側も同様に。左右1 セット×3回。

※手足を上げるときに腰を反ると効果が半減するので要注意

手足を伸ばす動作を行うときに、腰を反ったり、反動を使って勢いで伸ばすのはNG。これでは、背中の筋肉への効果が半減することに。背筋を意識して、無理せずゆっくり前後に伸ばして。

メソッド2:からだの軸を強化して、凛としたボディラインを作る

体側を伸ばす動作ですが、実はからだの軸、体幹を鍛えるメソッド。上体を前に倒すことで負荷をかけ、コアを強化する動きをマスターしましょう。

1:軽いあぐらの状態で座る。このとき、お尻の2つの山はしっかり床につけて。骨盤を立て、背筋を伸ばして、両肩は自然に下げる。次に、そのままの姿勢で右腕を上に大きく伸ばす。右のお尻が上がらないように注意して。

2:息をゆっくり吐きながら、上体を少しだけ左斜め前に倒す。このときお腹の奥にキュッと力を入れて、右のお尻を床にしっかりつけて、10 ~ 15秒キープ。逆側も同様に。左右1 セット× 3 回。

メソッド3:反り腰などの背骨のクセを正しながら腹筋も強化

反り腰は、最近特に女性に多い悪いクセです。背骨を刺激することで反り腰をケア。さらに腹筋を使うので、からだの軸も整えることができます。

膝を曲げて座り、ひざ裏あたりに軽く手を添える。そのまま後ろに転がって床に背中をつき、また起き上がる。これを繰り返して。反動をつけず、できるだけゆっくりと。お腹の筋肉に効いているのを意識して。10 回。

メソッド4:ストレッチしながら、体幹を鍛えてブレない軸を作る

最後は、背筋を伸ばした状態で、からだをひねる動きです。からだ全体をストレッチしながら、腹筋の奥にあるコアな筋肉を強化します。

背筋をしっかり伸ばして、よい姿勢で正座する。右手を左ひざにのせ、ゆっくり息を吐きながら、上体を左側にひねるようにストレッチ。このとき、上体がブレないようにお腹の奥に力を入れて。逆側も同様に、左右1セット× 3 回。

いかがでしたか? 簡単なストレッチを続けるだけで、いい姿勢を保つことができるようになります。ぜひお試しください!


お話を伺ったのは……
kyoさん
きょう:ボディワークプロデューサー。b-iSTYLE 代表。骨盤を中心に全身を整えるb-iペルヴィス®と命名したオリジナルメソッドで人気。単に鍛えるメソッドではなく、ゆがみを整え、美しく健康的なからだを作るプログラムを提案。著書も多数。東京・青山にスタジオがある。http://www.b-i-style.com/


イラスト=しばたあゆみ(asterisk-agency) 構成・文=伊藤 学 監修=kyo