キャンペーン

キャンペーン 1/1新着

特集

  • 夜のお手入れタイムをより心地よい時間に
  • 進化した ORBIS U アイテム別徹底解剖
読み物

読み物-日々をここちよく-

自分らしさは、内側にある|名フレーズに学ぶあなたらしさのヒント#1
花を長持ちさせる4つの方法|花上手は暮らし上手#3
睡眠時間が美容時間になる、4つのお手軽アイデア|美を導く眠りのメソッド#4
簡単&美味しい!深い眠りをもたらす4つの食事のルール|美を導く眠りのメソッド#3
  • ライフスタイル

1328 view

LET'S TRY IT!#4|暮らしを楽しくする2つのヒント

暮らしを楽しくする2つのヒント。山椒を楽しむ方法やヘアブラシの手入れと洗い方など、簡単にとり入れられる暮らしのヒントをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

爽やかに香る旬の山椒を楽しむ

和のスパイス、山椒はこれからが旬。春は香り高い木の芽(若葉)、初夏には痺れるような辛さの実山椒が出始めます。保存食にしてたっぷり楽しみましょう。

①木の芽味噌:白味噌に好みで酒やみりんを合わせて火にかけよく練ったものに、さっと湯通しして細かく刻んだ木の芽を混ぜます。味噌の塩分にもよりますが、冷蔵で2週間程度は保存可。
②実山椒の塩漬け:枝からはずした実をよく水洗いし、10分ほどゆでます。ペーパータオルなどで水気を取り、ザルにあげて乾かしたら、消毒した保存瓶に入れ、実の15 ~ 20%量の塩をまぶします。冷蔵で1年保存可。

©a.collectionRF/amanaimages

 

ヘアブラシの手入れと洗い方

毎日使うブラシにはほこりがつきやすく、長く使っていると皮脂汚れも気になります。月に一度を目安に洗浄しましょう。
まず、爪楊枝や綿棒を使って、からまった髪の毛と目に見えるほこりを取り除きます。プラスチック製なら、洗面器にぬるま湯をはってシャンプーを2プッシュ溶かし、ブラシを振りながら泡立てて洗います。浸け置きしてもOK。木製のものは浸け置きせず、泡立てたシャンプー液の中で振り洗いした後よくすすぎ、タオルで水気をふいてから自然乾燥させます。天然毛の場合はなるべく水洗いせず、湿らせた綿棒で根元に詰まった汚れを取る程度に。

©Image Source/amanaimages

 

取材・文= 黒澤 彩

お買いものはこちら