キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

30歳を過ぎたら自由になれた|シトウレイさんのキレイの分岐点#1
くすみも吹き出物も撃退する3つの「巡りUP」|ついでにエイジングケア#4
美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
  • ライフスタイル

2069 view

LET'S TRY IT!#6|暮らしを楽しくする2つのヒント

暮らしを楽しくする2つのヒント。おもちゃ収納やパンの保存方法など、簡単にとり入れられる暮らしのヒントをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

子ども目線で考えるおもちゃの収納

子どもが自分で片づけるには、ごく簡単な収納法にするのがポイント。力がなくても出し入れできるように、軽い素材で、できれば引き出し式のボックスを用意します。積み重ねたり、ふたを開け閉めするものは意外と負担になるからです。
「自分のおもちゃを決まった箱にしまう」という最初のステップができるようになったら、おもちゃを分類して収納するのにも挑戦。絵のラベルを貼ったり、箱の色を変えたりして、子どもにも分類のルールがわかるように工夫します。ラベリングは片づけが苦手な大人にもオススメの整理方法。物を定位置に戻す習慣が身につきます。

©Michael Alberstat/Masterfile/amanaimages

 

パンのおいしさを保つ冷凍のしかた

食品がカビやすい季節。すぐに食べないパンは、冷蔵ではなく冷凍しておきましょう。食パンはスライスし1枚ずつラップで包んだら、さらにジッパーつき袋に入れて空気を抜き、密閉して冷凍庫へ。凍ったままトーストしてすぐに食べられます。もちっとした食感が好きなら、霧吹きなどで少し水をかけてからトーストしても。菓子パンの場合も、1つずつ包み密閉袋に入れて冷凍するのは同じですが、解凍は自然解凍で。加熱するとベタッとしてしまうので、解凍後に電子レンジかトースターで軽く温める程度にします。おいしく冷凍保存できる目安は2 ~ 3週間ほど。

©visual supple/amanaimages

 

取材・文= 黒澤 彩

お買いものはこちら