キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

30歳を過ぎたら自由になれた|シトウレイさんのキレイの分岐点#1
くすみも吹き出物も撃退する3つの「巡りUP」|ついでにエイジングケア#4
美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
  • UV・ヘア&ボディ

1422 view

紫外線とメラニン基礎講座#2|メラニンのしくみ

紫外線に無防備に当たってはいけない、メラニンは増えすぎるとシミになることは、多くの人が知っています。でも、そのメカニズムまでは知らない人も多いのでは?正しく敵を知ったほうが予防も完璧に。紫外線とメラニンの基礎をお伝えします!

この記事をお気に入りに追加

シミのもとといわれる“ メラニン”。どうして私たちのからだに存在しているのでしょうか? 敵を知ると付き合い方が見えてきます!

①メラニンってなぜあるの?

メラニンというと「シミを作るもと」、私たちには不要のもの、悪いものと思うかもしれません。ですが、もともとは紫外線を吸収して、肌やからだに紫外線の影響を与えないようにブロックする作用をもっているのです。簡単にいえば、自前のサングラスのようなもの。もしもメラニンがなければ、強い紫外線が肌の細胞を攻撃することも。からだを守る機能もメラニンはもっているのです。

②メラニン色素はこうやって活性化します

メラニンは、肌の表面にある表皮の一番下にある“ 基底層”という部分にある“メラノサイト”という色素細胞で作られます。メラノサイトは、アメーバのように手足が伸びた形をしています。紫外線を浴びると、メラニンを作れ、という情報が届き、メラノサイトは、“チロシナーゼ”という酵素のサポートを受けて、メラニンを作るのです。

【メラニン生成の 3 ステップ】

1:チロシナーゼが活性化し、チロシンがメラニンに変化

2:メラニンが濃くなる

3:シミが沈着する

【Check!チロシナーゼって何?

チロシナーゼはメラニンの生成を引き起こす酵素で、このサポートを受けてチロシンがメラニンに変化。アルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分は、チロシナーゼの働きを抑える作用があり、注目されています。
 

③メラニン色素とシミの関係

メラニンが生成されても、ターンオーバーのサイクルがきちんと保たれていれば、シミとして残りにくくなります。ですが、紫外線を浴び続けることで、メラニン生成にエラーが生じて、過剰にメラニンが発生することも。ターンオーバーが追いつかず、メラニンが蓄積した「詰まりメラニン*」状態になるのです。

*過剰に生成されたメラニン

1:紫外線を浴びるとメラニンが生成される

2:皮膚のターンオーバー

3:詰まりメラニンによりシミが消えにくくなる

④肌以外にもからだ中に存在するメラニン色素

メラニン色素は肌以外にもからだ中に存在しています。目は太陽光線によってダメージを受けないようにメラニン色素が守っています。また、髪の色もメラニン色素の量で違いが。人間だけでなく動物にも同様に存在しているのです。

⑤人種、地域でメラニン色素はこんなに違う

メラニン色素は、人種によって種類と量が異なります。日本人やアフリカ系の褐色の肌や黒い髪は、赤系や黒系の“ユーメラニン”の含有量が多く、白肌人種に多いのが黄系の“フェオメラニン”です。フェオメラニンの割合が高いと紫外線のダメージを受けやすいといわれています。


お話を伺ったのは……

慶田朋子先生
けいだともこ:医学博士、皮膚科医。銀座ケイスキンクリニック院長。東京女子医科大学医学部卒業。豊富な皮膚科学の知識と経験で多くの女性から支持される。『365日のスキンケア』(池田書店)などの著書もある。


■次回は紫外線対策の素朴な疑問についてお答えします。
チェックする>

 

イラスト=古藤みちよ 構成・文=伊藤 学 監修=慶田朋子

お買いものはこちら