キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

30歳を過ぎたら自由になれた|シトウレイさんのキレイの分岐点#1
くすみも吹き出物も撃退する3つの「巡りUP」|ついでにエイジングケア#4
美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
  • ライフスタイル

1282 view

LET'S TRY IT!#7|暮らしを楽しくする2つのヒント

暮らしを楽しくする2つのヒント。新幹線や飛行機の快適な座席など、簡単にとり入れられる暮らしのヒントをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

〈新幹線〉の快適な座席は?

車内でどう過ごしたいかを考えて、目的に応じた席を選びましょう。
●1人での旅や出張の場合、2列席よりも3列席の窓側か通路側を選んだほうが、隣があいたままの可能性が高くなります。
●乳児を連れている場合、多目的室のある新幹線なら、その車両がねらい目。空いていれば車掌に申し出て、授乳スペースに使うことができます。
●自由席が混雑しているときは、隣接する車両だと指定席でも落ち着かないことも。
●窓側か通路側かの選択は、トイレなどで席を立つかどうかに加え、車内販売を利用したいなら通路側、コンセントを利用したいなら窓側が便利です。

©timotical/Getty Images

 

〈飛行機〉の快適な座席は?

●エコノミークラスの場合、後方の席ほど空いている可能性があります。ただし、到着後に降りるのが最後になってしまうので、入国審査などの待ち時間が長くなるというデメリットも。人によってはエンジン音が気になることもあるようです。
●窓側の座席は壁にもたれて眠りやすいのがいいところですが、長時間乗っているとかなり寒く感じるので、体調をくずしていたり、冷えやすい人は要注意。
●通路側の席は、好きなタイミングで席を立てたり、荷物を取り出せますが、すぐ横を人が通るので(トイレ近くの場所だと特に)熟睡しにくいという面もあります。

©Gillian Vann/EyeEm/Getty Images

取材・文= 黒澤 彩

お買いものはこちら