読み物

読み物-日々をここちよく-

ハル・ライシャワー|時代を生きた女たち#6
暮らしを楽しくする2つのヒント|LET'S TRY IT!#8
「少し落ち込んだ日の22時」漫画編|22時からのここち時間#3
ひと手間で旬メイク#6|大人グリーンで作る秋のカラーメイク
  • ライフスタイル

1980 view

私の一汁三菜#3|紫外線が気になる季節のおすすめレシピ

紫外線ダメージやエアコンによる肌の乾燥が気になるこの季節、美白に効果的な食材でシミ、くすみ対策をしてみませんか。美肌作りをサポートしてくれる献立を野口真紀さんに教えていただきました。

この記事をお気に入りに追加

今月の先生
野口真紀さん

のぐちまき:東京都生まれ。料理雑誌の編集者を経て、料理研究家に。雑誌、書籍、テレビなどでおしゃれで作りやすいレシピを発表。主婦の目線から生まれる家庭料理が評判を呼んでいる。『オーブン料理とっておき』『きょうのサラダ』(共に主婦と生活社)、『やさしいたのしい野菜の蒸し料理』(エクスナレッジ)など著書多数。


料理上手なお祖母(ばあ)様、お母様の影響で、昔から料理やお客様をもてなすことが好きだったという野口真紀さん。料理研究家として活動するようになってからも、二人から受け継いだ味がレシピのベースになっていると言います。

「手作りならではのおいしさ、家族と食卓を囲む楽しさは、私も子どもたちに伝えていきたいと思っています。日々の食事は、高校1年生の長女と小学校2年生の長男がスポーツをしているので、子どもたちのからだ作りに合わせた食材が基本。肉や魚介などのたんぱく質、野菜、豆類、海藻などをバランスよく組み合わせた、高たんぱく低カロリーの献立を目指しています。さらに今回は、美白効果のある食材も取り入れました」。

紫外線が気になる季節にうれしい一汁三菜です。

①牛肉のたたき和風オニオンソース

「肌のターンオーバー促進に役立ち、コラーゲンのもとになる牛肉を主菜に。血液サラサラ効果のある玉ネギのソースをからめ、さらに上にかけて仕上げます」

●材料(作りやすい分量)
牛肉(塊。ローストビーフ用)…400g
塩、こしょう…各適量
オリーブオイル(または牛脂)…適量
クレソン…適量

〈和風オニオンソース〉
しょう油…1/4カップ
ニンニク(すりおろす)、ショウガ(すりおろす)…各2かけ分
りんご(すりおろす)、玉ネギ(すりおろす)…各1/2個分

● 作り方
1.牛肉は、焼く前に室温に戻し、全体に塩、こしょうをふる。
2.牛肉の塊が入る大きさのファスナーつきポリ袋を用意し、和風オニオンソースの材料をすべて入れ、混ぜ合わせておく。
3.フライパンにオリーブオイルをひき、強火で温めて、牛肉の表面を焼く。焼き色がついたら、アルミホイルを2〜3枚重ねて包み、余熱で火を通しながら冷ます。
4.クレソンは食べやすい長さに切る。
5.3の牛肉が冷めたら、2に加えてソースをからめ、冷蔵庫でしばらくなじませる。
6.5の牛肉を袋から取り出して薄切りにし、4と共に器に盛り合わせ、牛肉に5のソースをかける。

②鶏ささみとネギの梅肉あえ

「鶏のささみに、肌の新陳代謝を促すクエン酸が豊富な梅干しと、ビタミンC たっぷりの長ネギを組み合わせました。ザーサイの旨みがアクセントに」

●材料(2〜3人分)
鶏ささみ…6本
塩、こしょう…各適量
酒…大さじ1/2
梅干し…3個
白髪ネギ…1本分
ザーサイ(粗く刻む)…大さじ3
ゴマ油…大さじ1
粗挽き黒こしょう…適量

● 作り方
1.鶏ささみは筋を除いて水分をぬぐい、塩、こしょう、酒で下味をつける。耐熱皿にのせてラップフィルムをかけ、電子レンジ(600W)で6〜7分加熱し、粗熱が取れたらほぐす。
2.梅干しは、種を除いて細かくたたく。白髪ネギは、水にさらして水気を切る。
3.ボウルに1、2、ザーサイを入れてあえ、仕上げにゴマ油と粗挽き黒こしょうを加えて味を調える。

③ゴーヤとツナのあえ物

「ビタミンC、葉酸、鉄分、食物繊維などが豊富なゴーヤのあえ物です。ゴーヤの表面にツナ缶のオイルをコーティングするようにあえると、味がよくなじみます」

●材料(2〜3人分)
ゴーヤ…1本
ツナ缶…1缶(80g)

〈合わせ酢〉
酢…大さじ3
しょう油…大さじ1
砂糖…大さじ1

●作り方
1.ゴーヤは縦半分に切って種とワタを除き、薄切りにする。
2.ボウルに1を入れて、ツナ缶をオイルごと加えてあえる。ツナ缶とオイルが全体になじんだら、よく混ぜた合わせ酢を加え混ぜる。

④食べる煮干しとじゃがいも、わかめの味噌汁

「そのまま食べられる煮干しと野菜の旨みを生かした、だしいらずの味噌汁です。肌を乾燥から守る効果のあるカルシウムを、煮干しから取り入れます」

●材料(2人分)
じゃがいも…1個
玉ネギ…1/2個
食べる煮干し…ひとつかみ
わかめ(乾燥)…大さじ1
水…2と1/2カップ
味噌…大さじ2〜3

●作り方
1.じゃがいもは皮をむいて半分に切り、さらに5㎜幅の半月切りにする。玉ネギはくし形に切る。
2.鍋に味噌以外の材料を入れて火にかけ、煮立ったらあくを除き、弱火にして煮る。じゃがいもが柔らかくなったら、味噌を溶き入れて仕上げる。

料理・スタイリング=野口真紀 写真=竹内章雄 文=秋山由佳里

お買いものはこちら