読み物

読み物-日々をここちよく-

高山都さんがいつも「私らしい」理由|大人には大人の美容習慣#6
深い眠りへと誘い、すっきりと目覚める簡単呼吸法|おやすみ前の“のんびり”エクササイズ#2
今日の疲れを癒し、明日を元気に迎える簡単ヨガポーズ|おやすみ前の“のんびり”エクササイズ#1
夜こそキレイの磨きどき!|大人には大人の美容習慣#5
  • ボディウェア

13569 view

胸の運命を変えるのは「パッド」。早速今日から使い方を見直して

ブラジャーに付いてくる「パッド」に圧迫感を覚えたり、いらないと思って抜いていませんか?パッドの使い方を見直して正しく付き合えば、あなたの胸はもっと心地よくなります!

この記事をお気に入りに追加

こんな使い方をしてませんか?

分厚いパッドで「盛り盛り」にする

ブラの中はキツキツで圧迫されています

「胸をキレイに魅せたい」と思うあまり、分厚いパッドで盛っていませんか?でもブラの中はキツキツとなり、苦しさを感じる人も多いはず。一日に何度もブラを直すようなら、胸に正しくフィットしていない証拠。そんな状態が続くと、胸の形が崩れる原因にもなってしまいます。

「パッドは邪魔」と、抜いてしまう

左右差のある人は片胸だけ浮いているかも

「パッドが入っていると圧迫される」と、反射的に抜いていませんか?でもちょっと待って。胸の大きさに左右差がある方の場合、両方ともパッドを抜いてしまうと、片側の胸だけブラから浮いていることがよくあります。これも胸とブラが正しくフィットしているといえない状態なのです。

これがパッドの正しい使い方

パッドは、最適なフィット感の調整役

パッドの正しい役割は2つ。まず、カップのすき間を埋めてフィットさせること。そして、胸の左右差を解消すること。パッドは最適なフィット感の調整役なのです。

1 圧迫せずにカップのすき間を埋める

必要以上に分厚いパッドは、胸を圧迫してしまいがち。そこで、薄めのパッドでカップのすき間だけを埋めるように調節すれば、あなたの胸にぴったりのフィット感に。

2 気になる胸の左右差を解消する

パッドを抜く時には、つい両方とも抜いてしまいがち。でも、左右差が気になる方は片側だけパッドを入れたり抜いたりするのも手。個人差に合わせて調整できることが大切です。

パッドにこだわった新開発ブラ グランフェリーチェシリーズ

E~Hカップの「胸によりそうブラ」

グラマーさんの胸に最適なフィット感を追求したブラ。Web調査で「グラマーさんのお悩み」を集め、約8,000人のお客様と一緒に開発しました。(2018年5月時点)

極薄パッドで圧迫せず左右差を解消

こだわりの極薄パッドを開発。カップ容量はそのままに胸の左右差やボリューム不足だけを補って最適なフィット感を実現します。

特許取得のパッド受けで最適な位置に

ブラがフィットしないのは、胸の重みでパッドが押し下げられるのも一因。パッド受けにステッチを入れることでパッドが最適な位置で止まり、圧迫感なくフィット。

どんな胸にも谷間と高さと丸み プレイズメイクシリーズ

【A〜Dカップ】

あなたの胸に合わせて形が変わる「シャーリングカップ」が、谷間と高さと丸みをメイクします。「ありのままの自分で美しくなる」プレイズメイクシリーズです。

詳しい情報は>こちら

お買いものはこちら