<初回購入特典>2,000円(税込)以上ですぐに使える300ポイントプレゼント!

Welcome

こんにちは、ゲスト さま

0 ポイント

0 コイン

0 

還元率 0 %

メッセージボックス

  • マイページはログイン後にご使用いただけます。

ページ内を移動するためのリンクです。

ライフスタイル 1005 view

京都の涼しい暮らし#2|西陣の町家暮らしに学ぶ、涼を感じる空間と料理

 Find summer retreat in your house
この夏、取り入れたいヒントを発見!

蒸し暑いことで知られる京都では、暑さを少しでも和らげ、快適に過ごすためのさまざまな工夫がなされてきました。五感で涼しさを得る知恵には、現代の生活にも役立つヒントがちりばめられています。

西陣の町家暮らしに学ぶ、 涼を感じる空間と料理

前回に続き、森田さんご夫妻の涼しい暮らしのヒントをご紹介します。今回は料理研究家の久美さんに、見た目や食感で涼を感じる料理を教えていただきました。

森田 徹さん、久美さん ご夫妻
もりたとおる:建築家。森田建築設計事務所主宰。住宅や商業施設の設計をはじめ、古民家再生にも携わる。http://morita-architect.com
もりたくみ:料理研究家。菜食の料理教室を主宰。http://mo-circulate.jugem.jp


Hint6|夏野菜を味わう涼のおもてなし

みずみずしい夏野菜とガラスや白い器を組み合わせて、おもてなしの食卓にも涼の演出を。柑橘やハーブを取り合わせたサラダ、冷やして仕上げる夏野菜の煮浸しなど、見た目や食感で涼を感じる料理を久美さんに教えていただきました。手軽な「火を使わない料理」も暑い日にはうれしい一品。デザートには、のど越しのいいキウイフルーツとミントのゼリーを。ミントの香りが口いっぱいに広がります。

*レシピはすべて作りやすい分量です。

①キウイフルーツとミントのゼリー

キウイフルーツ2個はひと口大に切り、はちみつ小さじ1であえる。熱湯2カップとミントの葉約10gでミントティーを作り、茶葉をこして保存容器に入れ、エルダーフラワーシロップ・三温糖各大さじ1、レモン汁小さじ1を加え、粉寒天4gを溶かし混ぜる。常温で冷まし、さらにグラスと一緒に冷蔵庫で冷やす。グラスにはちみつであえたキウイフルーツ、ミントの葉適量、スプーンですくったミントティー寒天を順に盛り、これをもう一度くり返して、最後にミントの葉適量を飾って仕上げる。

②日向夏のサラダ

日向夏2玉は皮をむき、白い部分を丁寧に取り除いて、約5㎜厚さの輪切りにする。器に並べ、混ぜ合わせたドレッシング(白バルサミコ酢またはバルサミコ酢大さじ1、ショウガの搾り汁・あればアガベシロップ各小さじ1、オリーブオイル大さじ2強、塩適量)を回しかけ、はちみつ適量を線を描くようにかける。仕上げにちぎったディル・エディブルフラワー各適宜を飾る。

③夏野菜の煮浸し

なす2本、かぼちゃ1/4個、ズッキーニ1/2本、パプリカ1/2個、ミョウガ3個を食べやすく切り、170℃の油で素揚げする。オクラ6本は種が見えるように削ぎ、ヘタを切り落として1分ほどゆでる。鍋にだし汁(干ししいたけと昆布の戻し汁)1L、酒・みりん各大さじ1、白たまりじょう油大さじ1強、ショウガ(薄切り)1枚を入れてひと煮立ちさせ、そこに野菜を浸して常温になるまでなじませて、冷蔵庫で冷やす。

④カラフルプチトマトのマリネ

プチトマト(好みの色を混ぜて)約20個をそれぞれ縦半分(大きければ4等分)に切り、混ぜ合わせたマリネ液(ショウガのすりおろし小さじ1/2、マスタード・バルサミコ酢各小さじ1、煮切ったみりん・メープルシロップ・レモン汁各小さじ2、オリーブオイル大さじ3、塩適量)であえる。器に盛り、バジルやちぎったディル各適宜を飾る。

⑤きゅうりとスプラウト、豆腐とハーブサラダ

きゅうり2本は乱切りにし、軽く塩をふって5分ほど置き、洗わずに短く切ったブロッコリースプラウト適量とあえる。木綿豆腐1丁は40分ほど水切りして粗くほぐし、千切りにした大葉・ミント各適量とあえる。それぞれ器に盛り、好みで食べやすく切ったパクチーやバジル各適宜を添え、仕上げにオリーブオイル・塩各適量をかける。

 

写真=西岡 潔 取材・文=秋山由佳里