<初回購入特典>2,000円(税込)以上ですぐに使える300ポイントプレゼント!

Welcome

こんにちは、ゲスト さま

0 ポイント

0 コイン

0 

還元率 0 %

メッセージボックス

  • マイページはログイン後にご使用いただけます。

ページ内を移動するためのリンクです。

ライフスタイル 1068 view

京都の涼しい暮らし#3|「涼を贈る」 夏の手みやげ案内

 Find summer retreat in your house
この夏、取り入れたいヒントを発見!

蒸し暑いことで知られる京都では、暑さを少しでも和らげ、快適に過ごすためのさまざまな工夫がなされてきました。五感で涼しさを得る知恵には、現代の生活にも役立つヒントがちりばめられています。

「涼を贈る」 夏の手みやげ案内

庭の緑陰がすがすがしい、「杉本家住宅」の夏座敷。

杉本節子さん
すぎもとせつこ:公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長、料理研究家。生家の京町家の保存活動をしながら、京都の食文化を研究。『京町家・杉本家の京の普段づかい』(PHP研究所)など著書多数。http://www.sugimotoke.or.jp


重要文化財の「杉本家住宅」で生まれ育った杉本節子さん。京の夏ならではの涼感ある手みやげと、涼しく暮らす工夫をお聞きしました。
 

杉本家の夏のしつらいは、6月の終わり頃、夏建具に取り替えるところから始まるといいます。「夏建具は、葭戸(よしど)や簾(すだれ)で風通しをよくし、庭の緑を透かせて涼を得ます。夏座敷には、氷柱を立てて涼感を演出します。庭、玄関には水を打ち、花は季節を先取りして、少しの風にもそよぐ秋の七草を竹籠に生けます」

白檀のお香を焚くのも暑さを和らげる工夫の一つで、お気に入りの香りを手みやげにすることもあるそう。そんなひとときの涼を贈る心づかいは、今も京都の暮らしに生きています。

並型片透うちわ「金魚」/京うちわ阿以波(あいば)●「手みやげには、夏らしい絵柄を選んで」。繊細な技法で仕上げた実用的な「片透かし」のうちわ。5,616円(税込。竹台は別売り)。http://www.kyo-aiba.jp

黒七味、粉山椒、一味のセット(木筒入り)/原了郭●「暑気払いにぴりりと辛い香辛料を」。丹念に揉み込んだ黒七味、香り高い粉山椒、一味を。3,132円(税込)。http://www.hararyoukaku.co.jp

英勲 井筒屋伊兵衛 純米大吟醸/齊藤酒造●豊かな味わいとフルーティーな吟醸香が「冷酒におすすめ」。復活した京都府産酒造好適米「祝( いわい)」を使用。720mL 3,240円(税込)。http://www.eikun.com/

誰が袖 極品/香老舗 松栄堂●「夏向きには、さりげない香りの匂い袋や、白檀(びゃくだん)系のお香がおすすめ」。清楚な雰囲気を感じさせる伝統の香り。5個入り3,510円(税込)。http://www.shoyeido.co.jp

浜土産(はまづと)/御菓子司 亀屋則克●「蛤の貝殻の中に錦玉羹(きんぎょくかん)が固められた冷菓」。常温で5日間の日もち。5個ざる入り2,250円(税込)。https://www.kameyanorikatsu.com/

晩柑糖/老松●「夏柑糖」と入れ替わりで登場する、「さわやかなグレープフルーツの果汁と寒天を合わせ、皮に注いで固めた冷菓」。発売日はHPで確認を。1個1,080円(税込)。http://oimatu.co.jp

取材・文=秋山由佳里