読み物

読み物-日々をここちよく-

「雨の日の22時」音楽編|22時からのここち時間#4
新米を引き立てるレシピ|私の一汁三菜#4
ごはんをおいしくするヒント|私の一汁三菜#4
ハル・ライシャワー|時代を生きた女たち#6
  • ライフスタイル

1401 view

シェイクスピアがおもしろい!#1|シェイクスピアの基礎知識

『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『マクベス』など、シェイクスピアの名作は今も極上のエンタテインメント。何度観てもおもしろい、何度も観るからおもしろい、その魅力の秘密を舞台・映画・戯曲などから謎解きます。

この記事をお気に入りに追加

~エピソードで覚える~ シェイクスピアの基礎知識

ストラトフォード・アポン・エイボンとは、「エイボン川のほとりのストラトフォード」の意。美しい田園が広がるのどかな町です。©Bridgeman Images/amanaimages

シェイクスピアは16〜17 世紀の英国・ロンドンで活躍した劇作家。その戯曲は、現代でも世界中で繰り返し上演されています。長きにわたって、愛され続ける作品を生み出したシェイクスピアとはどんな人だったのでしょうか?

手袋職人の息子 少年時代は裕福でした

1564年、ウィリアム・シェイクスピアは、イングランド中部の牧歌的な町ストラトフォード・アポン・エイボンの地に誕生しました。生後間もなく行われた洗礼日の記録から計算して、誕生日は4月23日というのが通説です。父親のジョンは、手袋職人から実業家へと転身して成功した地元の名士でした。町長も務める、頼りになる父親のもとで、シェイクスピアは地元のグラマースクールでラテン語を学ぶなど、豊かな子ども時代を過ごしました。しかし、13歳になる頃から、次第に家業が傾き、シェイクスピア家は没落。この一家の栄枯盛衰は、多感な時期のウィリアム少年の心に大きな影響を与えたことはまちがいないでしょう。

イングランド中部、ストラトフォード・アポン・エイボンに残るシェイクスピアの生家。当時のインテリアもそのままに、時代の息吹が感じられます。©Peter Scholey/Robert Harding/amanaimages

若くして結婚して父に そして、謎の失踪……

学校を卒業したあとの生業は定かではありませんが、18歳になったとき、シェイクスピアは、8歳年上の女性アン・ハサウェイと結ばれました。当時としても、早いといわれた結婚で、20歳を過ぎる頃には3人の子どもの父親となるという早熟ぶり。しかし、それから間もなく、シェイクスピアは突然、ストラトフォードの町から姿を消してしまったのです。その理由については「鹿泥棒を働いたため」など諸説ありますが、確かな記録はなく、作家としてシェイクスピアの名前が世間に知られるようになるのは、1593年、初めての詩集『ヴィーナスとアドーニス』の出版によって。それまでの約7年間は「失われた年月」と呼ばれ、シェイクスピアの生涯の大きな謎とされています。

ロンドンで戯曲家デビュー! そして成功の道へ

世界的な大都市ロンドンで、まず詩人として名声を得たシェイクスピア。戯曲も次第に認められるようになり、劇団「宮内大臣一座」の座付き作者として順調に人気を獲得していきました。1599年には、今もその名と、(復元された)姿を残す劇団の専用劇場「グローブ座」が完成。王室の庇護も受けるなど、その地位をより確かなものとしたシェイクスピアは、新たな名作を次々と生み出してきました。その戯曲数は、37とも40ともいわれています。

グローブ座はロンドンの街に流れるテムズ川南岸に設立された。写真は、1997年に再建された劇場「シェイクスピアズ・グローブ」。©KEIZO KANO/SEBUN PHOTO/amanaimages

演じることが名誉とされるシェイクスピア作品

現代の俳優たちにとっても、シェイクスピア作品を演じることは一つの名誉。演劇だけでなく、映画やテレビドラマの新作となり、いつの時代も上質のエンタテインメントであり続けています。

生涯から作品の内容まで、この1冊で

『新編 シェイクスピア案内』日本シェイクスピア協会編(研究社)
シェイクスピアの生涯から、作品の楽しみ方、映画化作品、そして小説やコミックなどの日本での二次創作作品まで紹介されている。

『シェイクスピア・ハンドブック』河合祥一郎・小林章夫編(三省堂)
戯曲40篇のあらすじ、おもな登場人物、鑑賞のポイントのほか、詩集や戯曲中の名台詞の数々が、ダイジェストで楽しめる。

謎めいた一生がエンタテインメントに!

『7人のシェイクスピア』ハロルド作石(講談社)
シェイクスピアの子ども時代から成功までを描く、大河ロマン・コミック。シェイクスピア作品は、複数の人間の合作だったという説による波瀾万丈のストーリー。「失われた年月」についても物語られる。

『天保十二年のシェイクスピア』DVD Bunkamura /株式会社WOWOW 販売元:株式会社ポニーキャニオン
江戸時代を舞台にした、井上ひさし作・蜷川幸雄演出によるシェイクスピア賛歌。シェイクスピア37作品が、ストーリーや台詞に巧みに織り込まれた4時間近い大作。音楽とアクションたっぷりで時間を忘れる楽しさ。

 

参考:『新編 シェイクスピア案内』日本シェイクスピア協会編(研究社)、『シェイクスピア・ハンドブック』河合祥一郎・小林章夫編(三省堂)

構成・文=杉村道子

【監修】米谷郁子先生
こめたにいくこ:清泉女子大学准教授。英国バーミンガム大学Ph.D. 専門は英文学(演劇)。編著書『今を生きるシェイクスピア──アダプテーションと文化理解からの入門』『甦るシェイクスピア』(共に研究社)など。

お買いものはこちら