読み物

読み物-日々をここちよく-

未来の肌に投資して。人気美容家に聞く、30代から始めるべき基本のエイジングケアって?
エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート
1日の疲れをリフレッシュして、明日の美をつくる簡単フィットネス|おやすみ前の“のんびり”エクササイズ#3
「手放して自由になる」心地よさ│自分らしく年齢を重ねる女性にインタビュー
  • ライフスタイル

392 view

ほんのひと手間で、ジューシーに レモンジンジャーポークソテー|帰宅後20分でパパッとレシピ#3

疲れて帰ってきた日には、調理・後片づけが簡単なワンプレートディナーを。厚めの豚肉は、はちみつをからめることで肉質が柔らかくなり、ちょうどよい硬さに焼き上がります。色鮮やかなサラダを添えれば、目にもうれしいごちそう。

この記事をお気に入りに追加

 ●材料(1人分)
豚肉(とんかつ用)…1枚(100g)

はちみつ…大さじ1/2
オリーブオイル…小さじ2
赤玉ネギ…1/4個(くし形切り)
レモンスライス…2枚(薄い半月切り)
塩・こしょう…各適量

〈タレ〉
しょう油…小さじ2
レモン汁…小さじ1

ショウガ…10g(すりおろす)

 

● 作り方
1. 豚肉は脂身に包丁で数カ所切り込みを入れ、はちみつと塩ひとつまみをからめて室温で10分おく。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉を入れる。片面が焼けたら返し、フライパンのあいたところに玉ネギを加えて塩・こしょう各少々をふり、さっと炒める。
3.〈タレ〉とレモンスライスを加え、豚肉にからめながら炒め合わせる。

【Point】豚肉の脂身に切り込みを入れておくと、焼いたときに反り返りにくくなり、焼きムラのないキレイな仕上がりに。はちみつと一緒に塩をからめておくことで、肉に味がしみ込みます。

 

 

 

フルーツも一緒に食べられるコールスローサラダ

●材料(1人分)
紫キャベツ…1/8個(70~80g)
ブルーベリー…1/2パック
ミントの葉…適量
塩・こしょう…各適量

〈ドレッシング〉
白ワインビネガー…大さじ1/2
砂糖…小さじ2/3~1
塩…小さじ1/4
オリーブオイル…大さじ1/2
赤玉ネギ(みじん切り)…大さじ1/2

 

●作り方
1. ひと口大に切った紫キャベツに塩小さじ1/3(分量外)をふり、手でもみ込むように混ぜる。5分おいた後、水気をきる。

2. 混ぜ合わせた〈ドレッシング〉を加えてあえる。ブルーベリー、ミントを加え、塩・こしょうで味をととのえる。

 

 

 

教えてくれたのは…
小堀紀代美さん

料理家。東京・富ケ谷にあったカフェ「LIKE LIKE KITCHEN」(2012年閉店)料理人兼オーナーを務めたあと、現在は雑誌やテレビなど幅広く活躍中。著書に『ライクライクキッチンのスプーンがあれば作れるパンとおやつ』(主婦の友社)など多数。

 

 

撮影/服部希代野 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら